逆差別

 【 2007.11.21(水) 】

仕事をしていて思うのが、
どこにも仕事をあまりしなくてもいい人がいたりするけど、
毎回の事ながら俺とかノルマをこなすのが仕事だと思っているから頑張る。
で、ベストを尽くしても完璧な結果を毎回出せるわけでなく、
怒られたり、注意されたりするが、

思ったのが、
無理してまで、
頑張っても別に利益が上がるわけではなかったりする。
じゃあ、何のために頑張る必要があるのか?
怒る必要があるのか?

説明やアドバイスではなく、感情的に怒ったりする時点で上司として失格だと感じる。
頑張って怒られるとモチベーションも下がるし、雰囲気も悪くなる。

でだ、期待されないキャラは差別されてるようだが、
頑張って期待されてるキャラこそ差別の対象だと感じた。

完璧な人間が欲しいならもっと金使って募集するべきで、
昔から思っている事だが、
静かに記憶させる勉強はロボットに教えれば?って思うし、
仕事は全部ロボットでいいんじゃね?
と感じる。
しかし、怒ったりする人がロボットを相手にすると、的確な指示や操作はできないと俺は感じる。

とりあえず、やって当然、
やれないと説教って、何をしても楽しくも嬉しくもない仕事などの環境は
一度しかない人生をつまらないものにし、無気力や精神不安など、人を時間と共にダメにしている原因と感じる。

Category: 政治・社会

Theme: 働き方

Genre: 就職・お仕事

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks