第三次世界大戦 核戦争

 【 2017.01.05(Thu) 】

西暦2023年、国籍不明の貨物船からペンタゴンへ
核を搭載したミサイルが撃ち込まれた。

それによって、近くにあるホワイトハウスが破壊され、
大統領が死亡。

hhtt

立て続けにもう1隻の船からニューヨークへ
核ミサイルが撃ち込まれ、
ニューヨークは壊滅し、
それによりアメリカ全土がパニックに陥る。

アメリカのニュースが全世界に流れて間もなく、
中国と北朝鮮から核ミサイルが
東京と大阪、仙台に撃ち込まれ、
それによって日本もパニックになる。

北朝鮮は調整ミスや失敗などと
国際社会には発表していたものの、
実際は、国会議事堂にピンポイントで
当てる精度を繰り返し調整していたのだ。

hhtt

その後、北朝鮮は中国の支援を受けて韓国と戦争を始める。
アメリカ本国が大変な状況で、
日本の米軍基地は指示機能が麻痺。
アメリカ軍は撤退も支援も行えず、
自軍基地を守るのが精一杯となった。

日本国民の大半が事態を把握できないまま、
2日後、秋田県と九州に中国軍が大量に上陸する。

上陸した中国軍は、日本の中心から
次々と原子力発電所と自衛隊を破壊した。

電力がままならなくなり、日本が放射能に覆われた事で、
アメリカ軍は撤退を余儀なくされ、日本は抵抗する手段を失う。

hhtt

都市機能が完全に壊滅した日本は国として機能せず、
円相場は暴落し、紙切れ同様になり、
中国軍から逃れ、地方に逃れた人々も、食糧危機に陥る。

核ミサイルと中国軍の攻撃、食糧危機で日本人の半分が死亡。
数年後には被爆と食糧難、強奪などで
日本に住む日本人は200万人ぐらいまで減ることになる。
それも、奴隷として扱われる人間と、
中国人にバレないように森の中で隠れて生きている人数だ。

中国が日本を攻めたのを見て、ロシアは北海道を侵略。
そして、北海道はロシアの土地になる。
中国軍は日本の本土を侵略した後、
沖縄と韓国を侵略。

円相場が暴落し、本土から輸送が途絶えた
沖縄はほとんど戦う事なく降伏する。

中国はその後、フィリピンを侵略し、
韓国と北朝鮮は中国に吸収され、
日本とフィリピンに軍事基地を作る。

アメリカを襲った貨物船はIS(イスラム国)による
テロと断定されたが、
それを支援したのは中国であった。

アメリカはISへの報復を開始、
中国は国際社会から非難されるが、
ロシアと中国が日本の土地を
略奪した事で同盟を結んでおり、
その事に対して立ち上がる国は現れなかった。

ホワイトハウスとニューヨークを失ったアメリカは
まとまりを失っていて、
立て直すまでに時間を必要とした。

1年後、アメリカは中国と戦争を始める。
ホワイトハウスを襲った核ミサイルが
中国から提供された事を示す証拠が発見されたのだ。

貨物船にミサイルの材料を積み込み、
海上でミサイルのパーツを受け渡しをして
組み立て、発射したのだ。

アメリカ軍はオーストラリアからシンガポール、
インドへと秘密裏に軍を進軍し、
ネパール、ミャンマーもアメリカ軍と共同で戦う。

hhtt

インド側から戦況が激化してきた頃に、
モンゴルから北京に核ミサイルが落とされると、
ベトナムから香港にも核ミサイルが落とされた。
このミサイルは、ホワイトハウスとニューヨークを
狙われたアメリカが用意したもの。

北京と香港を失った中国も、混乱に陥るが、
上海を落とす為には、中国の中央を通らなくてはならない。
中国が日本を落としてなければ、
日本側から攻めれたが、日本が海側の盾の役割を
担ったせいでここから混戦となる。

モンゴルが中国に攻撃を始めたのを見た
ロシアが中国側で参戦。
モンゴルは挟み撃ちとなるが、
アメリカ軍は中国大陸を横断して、
モンゴルに合流して何とか抵抗する。

アメリカはハワイからオーストラリアを通り、
中国大陸へと次々に兵を送った。
ロシアと中国は、その援軍を止めるべく、
ハワイとカナダ周辺の海戦は激化する。

hhtt

そうしているうちに、サンフランシスコと、
ロサンゼルスが襲撃を受け、都市が壊滅的被害を受ける。

この事によりアメリカは激怒し、元々中国が侵略の為に
核ミサイルを手引きした事、日本や韓国、
フィリピンといった国々を支配し続けている事を国連で非難。
国連を動かし、カナダやアフリカ、中南米、ヨーロッパなどの
国々を巻き込んでの、世界対中国とロシアの戦争となる。

2発の核を撃ち込まれ、弱っている中国、
資源が乏しいロシアが持久戦で世界に勝てるはずがなく、
アメリカに核ミサイルが撃ち込まれてから、
1年の準備期間の後、
たったの2年で中国とロシアは降伏する。

アメリカが早めに北京と香港を核で落としたおかげで、
ホワイトハウスへの核ミサイルから3年という早さと、
中国の近隣諸国への被害も抑えることが出来た。
もし、この早期の核攻撃がなければ、
被害が増え、長期化したであろう。

実質的に、日本や韓国、中国、ロシアはアメリカが
統一する形となり、それから20年後には、
中東のイスラム国などの宗教問題も解決に向かうのであった。

この戦争でアメリカと中国、インド、北朝鮮、ロシア、
特に日本と韓国が大きな被害を受け、
15億人近くが死亡した。

Category: 未来系

Theme: 国際政治

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks