愛と才能

 【 2016.11.09(Wed) 】


愛はLOVEであり、LIKEである。
好きな物を集め、好きな事をやるから自分らしくいれる。
好きな事をしているから、趣味が合う人の場所に導かれ、
好きな人に出逢って愛される。
愛することは生きている意味。生まれたきた意味。
愛は情熱であり、優しさであり、勤勉であり、幸せ。

キリスト教では神は愛ですと言う。
むしろ、愛こそ神であると言っても過言ではない。
アルカイダやISISのように、愛なき神など讃える価値などない。
愛と幸せこそ理想であり、神である。

好きじゃない事、向いてない事を続けていても、
続かなければ、喜んでくれる人も少ない。
故に、給料も評価も上がらない。

そして、ここから自分語りに移るとする。
小さい頃の夢は、ボクサーと、漫画家、歌手だった。

歌手は、親戚の見世物にされてから
子供心に馬鹿にされていると感じて歌わなくなった。
しかし、本当に好きなら、
東京ドームや武道館いっぱいの人、
酔っ払いの前、誰もいない場所でも
歌い続けないといけないんだよね。

歌う才能があるって事は、
自己表現方法、ストレス発散方法、
共感や感動が歌に依存するって事。
存在自体が歌の一部。人生全てが歌の為に。

だから俺は歌の才能などない。
人に聞かせる為ではなく、
好きな人に少しでも喜んでもらえたらそれでいい。
しかし、ブログやツイッターをしていて思うのは、
感じたことを文章としてだけではなく、
歌詞として、歌として残したい気持ちは少しある。

残りのボクサーは、不思議なもので、
その頃にプロレスがテレビで流れていたのに、
ボクシングを好きになった点。
大人になってからも、柔道やプロレスは、
見たり、やる事があっても、興味が沸かない。

打撃が好きで、礼儀とか型に縛られない、
キックボクシングが良いと思うようにはなった。
今でも、FPSやパズルゲーといった動体視力を
使うゲームが好きなのは、そこからきているのかもしれない。

疲れが溜まりやすいから、長時間連続で働くよりも、
短期間でガッと体調調整を行いながらする方が向いている。
家でパソコンと、仕事で肩掛け式草刈機械で
首のヘルニアになったけど、首が弱いからこそ
体を鍛える趣味が必要だったのかもしれない。

ボクサーの夢は、家族や、親戚に、
障害者になったら誰が面倒を見るんだと
猛反対されて辞めたけど、
円形脱毛症や胃潰瘍にもなり、
思春期こそストレス発散方法は必要だと感じる。

元気があれば、何でも出来る。
病気になって本当にそう思う。
格闘技をどれだけやっていますと言えば、
それだけで就職活動にも役立つだろう。

そして、漫画家は、表現方法として良いと思うけど、
ぶっちゃけ、めんどくさい。
イラストレーターとか、画像編集のが良いと思うようになった。

学校では、よく絵を描いていたけど、
昔はオタク批判をする文化があって、
学校では、先生から落書きをするなと注意をされたもの。
絵を描いても何の役にも立たないと、挫折をしたよね。

でも、歌より、格闘技より、絵の方が
仕事にはなりやすいかとは思っている。
画像編集はネットでも使えるし、
動画編集にも使えるスキル。

高校から芸術大学に進学しようとしたが、
金がないから、新聞奨学生でも生活出来るはずがないと
親から反対され諦める事となった。

元々、再婚した母親とは仲が悪いし、
親の許可がないと進学なんて出来るはずがない。
しかし、この年になって、代々木アニメーション学院の
生放送を見ていて思うのは、
やっぱり、好きな事をしている場所には、
趣味が合う人がいて、好きになる性格の人とも
出逢う割合も高いなと。

もしかしたら、大学に行っていたら、
結婚をして、絵の仕事をしていたかもしれない。
デザイナーだったかもしれないし、
インターネット関連の仕事だったかもしれない、
映像関係の仕事についていたかもしれない。

中学の頃には、アスキーの編集部になりたいと思ったが、
高校を卒業するのが条件で、
ゲーム業界は毛利名人や、高橋名人といった、
プロのような人がいなくなり、ブンブン丸さん
とかがチョロチョロと話題になる程度に廃れてきた。

日本のゲーム業界自体が名作を作れなくなり、
トップを走っていた日本が韓国に負け、
運と課金のソシャゲに飽きられてからは、
アメリカにユーザーを持っていかれ、
日本は2位か3位かって状況になっている。

ゲームなんてやっていたって金にもならない。
だからパチ・スロットで食うようになった。
しかし、金を使って、金を儲けても、
欲しい物などない事に気づく。

朝から晩まで機械と睨めっこをする生活を
続けても、誰も喜んではくれない。
ババアに、賭け事なんて辞めろと注意され、
稼いでるんだから文句ねえだろ!と、
万札を叩きつけた事すらあった。

結局、店がどの台をどの程度出したいかで、
勝ち負けが決まるので、運任せ。
ゴト対策で新台を次々出すのも、
攻略を考えるのもめんどくさくなった。

そんな事をやっているうちに、
金があっても飯を友達におごったり、
服を買ったりしかしないんだから、
普通に仕事をした方が良いと思うようになって辞めた。

しかし、仕事をしていると、
ああだこうだと言う人間より、
機械の方がわかりやすくていいなと思うこともあって、
ちょこちょこと復帰した。

そして、工場で働いたり、造園業をしたり、
スーパーで働いたり、警備とか、家電屋、
清掃業、カラオケ、ホテルとか、いろいろやった。

結局、何でも出来るが、何にも出来ない。
良いと思った仕事は、津波とか、倒産とか、
病気などになり、神に、運命に許されない。

今になって、動画でゲーム実況とか、
パチスロ動画が一般的になっているが、
自分が目指そうとしていた事が現実となっている。

もし、昔からやっていたら、どうなっていたのか?
全ては、無理だ。辞めろ。諦めといった、
やる前から諦める、悪の感情のせい。

やらないで後悔するぐらいなら、
やって後悔した方がマシ。
他人がとやかく言ってきたって関係ない。
自分じゃないと出来ない才能があるんだ。
自分じゃないと見えない未来があるんだ。

理想ってのは、未来ってのは、
現状から想像しえる情報から得られるもの。
だから、人間が想像しえる未来は、
ほとんどが叶えられるもの。

絶望、失望、不安、無力さ、空虚感、
そういったマイナスの感情を抱くなら、
未来につながる為の行動や勉強を
努力すべきなんだよな。

良いか、悪いか、壁を感じるかは、
才能があってこそ。
才能がない人間は、
関心すら示さないし、
些細な違いに気付きもしなければ、
楽しさを感じず、続かず、
向上心すら起こさない。

人生で、恋人になる人数は数えるほど。
向いている仕事も数えるほどしかない。
諦めたり、努力を怠ったりしてはいけないんだよな。
自分らしさを否定して、一番得意な事を諦めてしまったら、
その先には貧困と不幸しかないと思った方がいい。

目先の金に踊らされたら良からぬ事にしかならない。
金にもならず、誰もやってない事だからこそやるべき。
仕事なんて、将棋の駒のようなもの。
依頼したい時に、やっている人に仕事がくる。
その中から、桂馬になったり、角や、飛車に役割分担されるだけ。

だから、継続は力なり。
好きな事をライフワークとして、
いかに継続してやり続けるかは大事。
一度きりの人生だから後悔がないように。
もし、何度も繰り返している人生だとしても、
好きな事を好きなだけやるべきだと思う。

Category: 未来系

Theme: 夢へ向かって

Genre: 就職・お仕事

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks