2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

愛と苦しみ

 【25//2016】

hhtt


アマノ次元へようこそ

アマノさんの生放送で、
恋バナの話が出たので思うことを
書いてみようと思います。

まず、過去の恋愛を語るような
奴はロクでもない。
好きになってくれている人を
不快にするだけだと思っている。

だからこそ、俺があえてその場の雰囲気を壊してやった感がある。
それと、恋愛は良いものだと幻想を抱いている奴にデメリットを伝える意味もあった。

そもそも、恋愛がそんなに素晴らしいなら、
皆、付き合ってたり、結婚したりして、
放送にも見に来てないかもだし、
放送もしてないかもでしょう?
デメリットがあるから恋愛していないのだと気付いてるはずなんだよ。

てなことで、放送で話きれなかった事を
ブログで書こうと思う。
そもそもの始まりは親の離婚があると思う。
父親が出張ばかりで母親一人で
俺と弟の面倒を見ていた。

それで、育児ノイローゼみたいになって、
オネショをしたら味噌汁意外の水物を
飲まされなくなったり、
気を失いそうになるほど尻を叩かれた記憶が残っている。

後は、母が育児放棄気味だったので、
俺は一人で公園で遊んだり、
部屋で絵を描いたり、図鑑を見ていた記憶。
母親は仕事も初めて、保育園も幼稚園も、
最後の方まで残って、アニメを見ていた記憶もある。

結局、俺が5歳の頃に離婚をして、
俺と弟は父方の祖母と祖父の家で育てられた。
祖父は酒乱で、日中に大人しい分、
毎晩のように暴れたり、怒鳴っていた。
祖母は頭が弱いので、言わなくてもいい事まであったことを話すので、それも喧嘩の原因になっていた。

小さい頃はよく家に入れられなかったり、
叩かれたり、物を投げられたりした。
でも、中学生ぐらいになるといい加減、
毎晩のようにイチャモンをつけてくる
ジジイにイラッとして反抗するようになったよね。
殺したり、大怪我にならない程度に痛めつけても、
次の日に忘れているからタチが悪い。

そうしているうちに、高校に入り、
途中から共学になって恋愛をするわけだが、
クラスのほとんどの男子と付き合った事がある女である事を付き合ってから知った。

普通なら、そのクラスの男子と顔を合わせるのも嫌になるし、
別れた方が正解なんだけど、
好きだから付き合ったわけだし、
何より、親みたいに別れる事がないように自分は頑張りたいと願っていた。

しかし、毎日付き合った男子とか、
セックスをした相手と同じクラスで
顔を合わせて話とかしていると思うと、
めちゃくちゃ辛かった。

そんな、異性にだらしない女性だから、
バイトの昼休憩中に、同じタオルケットで
職場の人と一緒に寝てるとか、
周りに人がいるから大丈夫とか
言い出したりするので、
悩みが尽きず、挙げ句の果てには
リストカットをするようになった。

でも、リストカットをしても、
すぐに傷口はふさがるし、
職場で肌を見せれなくなるし、
かといって同情されても解決する訳でもなく、
まったく無意味だと感じてやらなくはなった。
その頃から、意味があるように献血を
始めるようになる。
そして、悩みが尽きない、その彼女と別れた。


それから、ネットで仲良くなった子と
付き合いだすのだが、
その子は対人恐怖症で不登校から、
そういった子達を社会復帰させる
施設に入るようになった子。

軽く遠距離。電車で二時間半ぐらいだっけかな?
その頃はパートで働いてたけど、
月の電話料金が14万円とかになった記憶がある。
だから2回ぐらいしか会えなかった。

近くなら、会って応援しながらとか
いけたんだろうけど、
いかんせん距離と時間の都合があって、
彼女が精神的に辛くなっても、
肉体的に辛くなっても支えてあげられなかった。

そういった施設には、
精神に異常がある子が集まるので、
そこの施設の男子にちょっかいを
出されても抵抗出来ない彼女にも
ストレスが溜まり続け、
はい、もう無理~となった。


それから携帯ショップで知り合った、
近所の子と付き合う。
今回は近所だし、病気でもないし
ええやろ?と、思ったが、

高校進学で離島から出てきてからビッチ化して、
ナンパされた男2人と酒を飲んで起きたら、
2人にレイプされてた話があるような女。

付き合ってる最中、ちょくちょくメールが来るので、誰?と聞くと、お兄ちゃんと。
あからさまに怪しいので、問い詰めると、
元カレだと。
何で付き合ってる最中に元カレと連絡を取り合ってるわけ?と喧嘩になった。

そして、元カレが忘れられないと言われ、別れた。
別れた後すぐに元カレとよりを戻して妊娠&結婚。
だったら別れるなよと思ったよね。


その次は、ネットでエロ動画を
出している子と仲良くなる。
寂しさや悩みを皆からかまってもらう事で
まぎらわしていたので、
付き合うことで止めさせた。

わりと普通に付き合い、
東京から1度、宮城にも会いに来てくれた。
金を貯めてから彼女の元へ引っ越そうかと思っていたが、
ある日突然、

男友達と食事をしたら、
ジュースに睡眠薬を入れられて、
目が覚めたらレイプをされていたと
泣きながら電話があった。

エロ動画は過去の過ちとして
許すことが出来るし、
一人でやってるのと、
犯されるのでも訳が違う。

今後、被害者を増やさない為にも、
訴えるべきだと言ったが、
訴える金もないし、
周りに知られたくないし、
証拠もないからと泣き寝入りする事になった。

それから2人とも落ち込んで、
いてもたってもいられなくなって仕事を辞めて、
埼玉の工場に住み込みで働く事にした。

そして、彼女と会う事が出来たが、
その後に彼女がもう1つ仕事を始めて
喧嘩別れをした。

資格や学校、一緒に会ったり、
暮らすために掛け持ちを
始めたのかもしれないが、

彼氏がいるのに男友達と食事をしてたり、
レイプされて悩んでから
新しいアカウントでエロ画像を
投稿しているのを見つけたり、
相談なしに仕事を始めた事で不信になった。

お互い仕事をしていて
会う時間が限られているから、
大事なことを話してほしかった。
自分の知らないところで、
何をしているかが信用出来なくなった。


その後、風俗で働いている女性とネットで知り合う。
その人は、学生で妊娠し、結婚をしたが、
卒業後、旦那が働かず、ギャンブルと酒に溺れ、
暴力を振るって金を持っていくようになった。

子供の育児もしなくてはならなく、
短時間で稼げる風俗の仕事をするようになる。
しかし、従業員からのセクハラによって
パニック障害になった人。

風俗は自業自得だとしても、
子供があまりにも可哀想だと思った。
それこそ、親に育てられず育った俺の二の舞。
そんな環境を変えれたらと付き合いだしたが、

子供のアトピーが酷く、
かかりつけの病院から離れて暮らせないと言われ、
結局、風俗嬢で有名になっている地元から
離れる気はないようだったので無理だった。

本当に好きなら、子供を連れて3人で
やり直す選択も出来たはず。
子供が物心をついた時に、
「おまえの母ちゃん風俗嬢~!」と
イジメられたり、劣等感を持つのは心が痛んだ。


そんな恋愛を続けて思ったのは、
見た目で恋人を選ぶと、
他からの誘惑が多く、心配が絶えない事。
だから、自分から告白する事を禁止にした。

子供は女性が産むんだから、
女性が好きな男性を選ぶべきだとも思った。

親が離婚している事と、
20歳まで恋愛をせずにいて、
最初に付き合ったのが性にだらしない相手。

2人目で無力さを感じ、
今度こそはと思った3人目で、
まただらしない相手。

4人目も5人目も、
だらしない所もあるが、
1人目と3人目のようなタイプでもない。

4、5人目の人は、
性に対する経験があるからこそ
変われるのかとも思ったけど、
変える事なく2人目同様に、
無力感を感じで終わりを迎えた。

あまりに傷つきすぎたせいで、
愛や心などいらないと何度も思った。
そして、一人の方が気楽だとも思った。

働きながら一人暮らしをしていて、
給料が良くても出費を引いたら、
結局、実家でバイトをしているのと変わらないと
感じたので、実家に帰り、
公園の管理で働く事になる。

そこで造園の仕事を5年続け、
肩掛け式除草機械の使いすぎで
首が軽いヘルニアになったが、
テレビやラジオが来るほどになった。

近所のお爺さん、お婆さんにも
手伝ったりしてもらっていたので仲良くなり、
仕事の後にスロットに行ってデータを見て
設定を判別をして勝ち続け、
給料に手をつけずに部屋がほぼ完璧な状態までなった。
車も11月に買った。エアコンも冬に向けて購入した。


そんな時に東日本大震災で、
職場も、家具も、コミュニティーも全てを失う。

原発が爆発しているのに、ガソリンが売ってない。
どうやってどこに逃げるの?
余震が何度も続き、また大きな地震がくるかもしれない。
これからの生活はどうするの?

そんな状況で精神的ストレスから、
何度も津波の夢を見て、
寝ている間に食いしばるようになった。

弟が千葉にいて、彼女の部屋に同棲していたので、
弟の部屋で暮らすようになったが、
国からの金は家主である祖母の通帳に振り込まれ、
その通帳は金に汚い再婚相手が管理をするからと
持っていって金がない。

仕方がないので積み立ててあった保険を下ろして使った。
とりあえず、秋葉原でパソコンパーツを購入。
それと同時に、メイドマッサージ通うようになった。
食いしばりのせいで、首のヘルニアが悪化。

左半身が軽く痺れるし、頭痛は治らないし、首は辛いし、
起きる時は手で首を持ち上げないと起きれないぐらいになっていた。
俺の肩こりは足からくるので、足つぼが激痛だった。

地元の友達とも離れ、地域の人もバラバラになり、
まさに1人で暮らす状態になってしまった。
実家にいる頃はニコ生を続けていたが、
ネットで仲良くなっても、結局は他人だと感じ、
孤独と虚無感に襲われた。
そこから、友達が欲しくて秋葉原通いが始まる。

最初に出会ったマッサージの子の太ももが柔らかく、
耳かきが凄く気持ちよくて、何度も通った。
若い子だと、筋肉のせいで、太ももが硬い。
ある程度年齢がいって、ぽっちゃりした人は良いなと感じた。

しかし、出勤しない日もあって、
その時はお気に入りのメイド喫茶の子の所に入り浸っていた。
そこで常連客とも仲良くなり、いろんな場所を探索した。

メイド喫茶のお気に入りの子は、THE腐女子って感じで、
話していても面白かった。
明るく、魅力的な人より、
俺は闇を抱えているような、
癖がある人が好きなんだなと思った。

しかし、俺の事を好きではないんだなとは
感じていたので、金をいくら使っても
人に愛されることはないんだなと、
その時に感じた。

そして、秋葉原で働きだした。
従業員はみんな何かしらオタク要素を持っていて、
面白くて楽しかった。
しかし、上司が次々と辞めていって、
結局、3億円の借金を社長が抱えて倒産した。

その事で、生活に余裕がなくなり、
恋愛もそうだし、津波もそう、倒産の事もあって、
何の為に生きているのかが本当にわからなくなった。

どこに行くにも金を使い、
金で人を評価する都会にも嫌になり、
人がいない所でサバイバルでもしようかと旅に出る。


グーグルマップで見たら、山しかなかった三重県に向かう。
大阪から歩いて三重へ。
三重の川で魚でも採って生活をしてみようかと思ったけど、
川は漁業権が必要で、時期も制限されていたので、
海まで行くことに。

その途中で宗教の会長に声をかけられ、
住み込みで1年、神や、人生を学んだが、
結局、宗教は神に対する都合のいい考え方があって、
霊能力もないのに神名を語り、
先祖を人質にして金を貰うやり方が、
逆に真理をねじ曲げてる感覚を覚えて辞めた。

参拝に来た人が自主的に賽銭を入れたり、
葬式を頼んで金を貰うならいいさ、
本部が何周年だからとか、自教会が何周年だからで
何十万円とか、何百万円もお布施を頼むはどうかと。

そんなのを見るから、その子供が継がずに、
更に1人にお願いする額が増える悪循環になっていた。
神を語って金をせびるだけ、乞食よりもタチが悪いと感じた。

しかし、一族で継いで上に立つ人間が腐っていても、
下にいる会長さん達には
人々の為に頑張っている素晴らしい人もいた。
友達も出来て、宗教の狭い世界で裕福ではなくても、
学ぶ部分もいくつかあった。


そして、リセットの意味もこめて、
大阪から今度は弟と、友達がいる熊本を向かう。
1月の新年からスタートしたので
荷物が20キロあるし、夜はめっちゃ寒いし、
雨が降ると足止めを食らうし、
かなりキツかった。

やっと熊本に着いたと思ったら、
弟は電話がつながらないし、
友達も消息不明になっていた。
仕方がないので、日本の端であり、花粉症がなく、
昔から好きだった沖縄を目的地とする。

そして、途中の九州で、冗談師匠に出会い、
公民館に泊まりながら、
紹介してもらった仕事をしつつ、
周辺で住める場所を探した。

ライブを楽しんだり、
いろんな手伝いをしたり、
ラジオに出させてもらったりした。

本当に恩を受けた。
しかし、空き家問題で家が全然決まらず、
出て行かざるをえなかった。

そんな、他人の為に悩んだり、
いろいろ尽くしてくれたりする姿は、
愛少なく生きてきた俺の人生に大きな影響を与えてくれた。

良い人と思っていても、
ほとんどの人は、仕事上だったり、近所だったり、
シガラミの中で偽善者にならなくてはならない。

冗談師匠はそういったものではなく、
人の為、仲間の為に心を使ってくれた。
その中でも印象的だったのが、
失恋で仕事のやる気もなくなり、
上司や周囲の人から評価を悪くしている仲間に対し、

普通だったら、奴はダメだと責める所が、
「仲間が苦しんでいると、こっちの心も苦しくなるんよ。」
と、その人の為にどうアドバイスをしたら良いかで悩んでいた。

心が傷つきすぎ、愛を捨てた俺は、
そんな冗談師匠を素敵だと感じ、こんな人になりたいと思った。
その言葉は、宗教がどんな愛を語るより説得力があった。
近所の老夫婦にも子供のように仲良くしてもらったので、
出て行く時は後ろ髪を引かれる思いだった。


そして、震災から4年目の3月11日に沖縄に到着。
港に着き、那覇市に着いたら、イメージしていた
沖縄とは違った。
これじゃ、そこらの街と変わらなくね?ってことで、
イメージ通りの場所を探して北上してみた。

歩いてみると、イメージ通りの民家は中部だった。
しかし、民家が多いので、それだけ仕事場までに
距離があり、車が必須だなと感じた。
結局、名護まで行ってバスで那覇市まで戻る。

那覇市で仕事を探したら、
宮古島でホテルの仕事があり、
そこで働く事になるが、10時から17時の間に
30分の飯休憩があるかないかだったりして、
地元の人間すら働かないような環境だった。

2ヶ月ぐらい働いたが、街まで遠いし、
インターネットの回線は届いてないし、
ネカフェは那覇市の2倍の料金で、
カラオケのフリータイムは2人からで、
こちらも2倍料金。

どこに行っても煙草とサトウキビ畑なので、
楽しみが酒を飲むか、風呂とテレビしかなく、
仕事では客や他の部署からのクレーム。
ずっと動き続けるので、疲労が蓄積して、
首のヘルニアも悪化して限界に。


そんなこんなで仕事をするなら那覇市だなと戻る。
ゲストハウス生活をしながら仕事をしていたが、
アル中や、生活保護者や、精神異常者ばかりで、

初めて入った4人部屋のうち、俺の下にいた人は
アル中で、街中で騒いでたりするジイサン。
夜中の1時~2時に酒を飲んで帰ってきては、
5時ぐらいまでベッドをドンドンと叩いたり
蹴ったりしてから寝る迷惑爺さん。

他の2人は精神に異常があって、
一人は万引きで、
一人は公園で職質されて暴れ、逮捕された。

部屋を移動したら、ベッド前通路にゴミ袋を置いて、
仕事もせず食ってばかりいるキチガイがいて、
仕事をするとか行って出て行ったゲストハウスで、
トラブルで追い出したんですか?と問い合わせがくるような奴と、

ずっとシャワーも浴びず、着替えず、
古い本を沢山集めて物置みたいにしていた奴もいて、
不衛生なそいつから南京虫(トコジラミ)が培養され、
地獄のようだった。

耳が聞こえない奴も泊まりだして、
冷蔵庫やカーテンをうるさくするし、
アーアーアーとウルサイのも重なって、

1~2時間で目が覚めてしまって不眠症気味になり、
それに風邪も重なって仕事を続けられなくなった。
仕事を休み、体調を整えているうちに、
問題児達も逮捕されたり、移動していなくなり、
トコジラミも何とか退治できた。

それからようやく部屋も見つかって、
仕事も復帰し、やっと落ち着いてきた。
あの頃はマジ地獄だった。
ある意味では面白かったけど。
アル中文化である事と、犯罪者にも寛容すぎて、
沖縄は本当に土人が多すぎると思った。


そんな経験をいろいろしてきて、
まともな部類だった恋愛は、
対人恐怖症の子と、エロ動画の子ってのがね…。

最後の恋愛から10年以上が経過して、
もはや計算すらめんどうになった。
普通の人とってのは無理だと思うけど、
せめて、淫乱ビッチではない、
狂った子と恋愛がしたいと思う。

結局、この世は趣味も仕事も、全ては愛なんだよね。
愛が欠如していれば、良い歌も、演技も、
仕事も恋愛も出来ないんだよ。
だから、傷ついても忘れちゃダメなのが辛いんだよね。

津波でいろいろ失って、全てが虚しくなったけど、
過去に戻れないなら、新たに探さなきゃいけないんだよね。
一人で生きる強さも必要だけど、
物や金があっても、虚しいのは秋葉原にいる時に知った。

愛するものを集め、自分らしく生きなきゃ、
愛される事もないんだよね。
1000人、1万人の他人より、1人の恋人。
1人を大切に出来るから皆も大切に出来る。
人を使い捨てにしては自分も捨てられる。

世界1位になる才能なんかなくても、
家族と幸せに暮らせてれば、
人生はそれだけで十分なんだよね。

金の為に体を売る偽者ばっかりの世界だから、
体を大切にしない奴は、人からも愛されない。
金で誰とでも寝るような浮気者だけを愛する奴なんていない。
愛と肉体関係は別なんだよな。

人を愛することは容姿や才能でもないんよな。
容姿が良いと、誘惑が増えるし、
歌や声が良くても、喋れなくなったら嫌いになるのかと。
そして、金でもない。


もし自分が怪我や病気で手足が無くなったり、
失明したりしたらどうだろう?
あなたといると貧乏なままだし、別れましょうと
言われるような相手だったら。

貧乏なままかと思って捨てられた後に
仕事がうまくいって、縁りを戻そうと
言ってくる相手はどう思う?
金があったら近づいてきて、
金がなくなった途端に縁が切れるような相手ばっかり。

自分より魅力的な人間なんていくらでも
この世にはいて、目移りしちゃって決めかねる。
日に日に老いるのに、
もっと良い相手がいると錯覚するから別れる。

そんな、疑心暗鬼になるような世界だからこそ、
恋愛は心なんだよな。

普通とか、当たり前がどれだけ大切かは、
失わないと気付けなかったりする。
雨風をしのげる家、毎日食べれるご飯、
学べる環境、そして健康。

首のヘルニアになる前は、
なんだかんだで無理はきいてた。
ヘルニアになってから、
無理をすると蓄積された無理がどんどん悪化し続ける。

強くては気付けない事もあった。
全てを失っても、プライドや欲はなかなか捨てれないもので、
弱い立場を続ける事でようやく減らせるようになった。

相手の立場になって考えるって、
どんな時でも大事なんだよね。
自分が、自分がとどうしてもなってしまう。
裸でいれるなら、相手の為に生きてもいいよね。

いつも心に1億円を。
金持ちだったら、誰と結婚したい?
金持ちだったら、どんな仕事をしたい?
金持ちだったら、どんな物を作りたい?
金持ちだったら、どんな生き方をしたい?

好きなものは好きと伝えよう。
ありがとうと感謝しよう。
ごめんなさいと間違いを認めよう。
わからなかったら聞いてみよう。
無理そうならお願いしてみよう。
そんな事をしても金を失うわけでも、
損をするわけでもない。

奪って生きるは犯罪者。
与えて貰うのが現代社会。
人の為に生きても良いじゃない。
愛しぬいて死んでもいいじゃない。
愛される事のない世界は虚しいぞ。

Category: 思想

Theme: 愛のかたち

Genre: 恋愛

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks