仕事 食費 給料 生活保護 食糧危機 拒食症

 【 2015.09.27(Sun) 】



病んでミック

キングダムハーツ アンチェインドキー KHUx

1食1000円。3食で3000円。
1ヶ月9万円。

女性なら、お弁当1つで間に合うとは思うが、
肉体労働系成人男性だったら、コンビニの弁当2つは普通だろう?
そして、飲みに行ったら1万円ぐらいは簡単に無くなるだろう?
食費だけで9万円。
それに家賃、光熱費、税金などなど。

みんなどんな生活をしているのだろう?
毎月の収入がどれぐらいあったら貯金をして、
家族を養えるのだろう?

とりあえず、近状の話をすると、
生活保護者達と共同生活をしているわけだけど、
奴らは働きもせず、ボランティアなどもせず、
ただ毎日、テレビやラジオを聞き、
食っちゃ寝を繰り返し、
税金を糞に変えて生きている。

そんな状況を身近で見ていると、
せめてゲームでも、ボランティア、資格などでもいいから、
何かしろよと言いたくなる。

そして俺は、仕事をしていたのだが、
給料の支払い手続きが遅れたことで、
約1ヶ月間まともな食事を摂れず、
体調を崩し、仕事にも出れなくなり、
体重が8キロ減った。

かと思えば、奴らは新しい住居が決まり、
食っちゃ寝を繰り返す。
しかもアスペルガー症候群率が高く、
早朝からビニール袋をガサガサ音を立てたり、
臭いのする食べ物をベッドで食べたり、
人の迷惑を考えない。

それでも、人間に進化出来なかった
動物未満の生き物なんだなと、
思いやりの心で無視してあげている。

仕事をしても、食費がない。
仕事をしても、住居が決まらない。
仕事をしても、病院に行く金もない。
仕事をしても、意味がない。
自分が頑張っているつもりでも、
他から見たら頑張っているうちに入らない。

仕事なんてボランティアみたいなもので、
そこで生活保障の為にいくらかの金銭の贈与が
行われているだけ。
近年、食材の値上がりはするものの、
値下がりは一向に行われず、
給料も上がってはいない。

その為、人口爆発による食糧危機は
すでに始まっているのではないかと感じるようになった。
寝て起きて、寝るだけの生活なら、
食費は抑えられる。
しかし、職場で体を動かすとなると、
そうはいかず、必然的に食費がかかる。
時給に対し、食費が占める割合はどれぐらいか?

もし、100円のカップラーメンを1日1食の生活をすれば、
1ヶ月3000円で済ますことができる。
しかし、3食食べるだけで、9000円もかかってしまう。
たかがカップラーメンだけで1万円近くもなくなる。
それが、調理された食材の場合、何倍の値段になって当然。
1日3食って常識は、常識でないと感じる。

貧困層は1日1食。
富裕層は1日3食って印象。
でないと、貯金なんて無理。

そして、こういった経緯があり、
自分みたいな無能なゴミクズは、
食べ物を食べても、金を糞に変えるだけだと
考えるようになり、なるべく食べ物は食べないで
生きることを決意。
食べても1日1食、2日に1食が理想。
でないと金が続かない。

元々、よく食べる人間にとって、
食費が制限されるって事は、
人間としての尊厳を否定される事に等しい。
頑張っても報われない。
つまり、それほど他人に必要とされていない。
必要がない人間なんだから、金を使うなよ!

なら、頑張らないって選択肢しかなくなる。
頑張っていると、知らないうちに無理になっている。
テレビで流れている、普通の暮らしってのは、
絵に描いた餅だ。

約1ヶ月間、飲まず食わずを続けていたことで、
体が弱り、酒を飲めば頭痛&気持ち悪くなり、
外に出れば風邪をひき、風邪薬を飲んでは睡眠薬のように眠くなる。
常に体調が悪く、集中力が続かない&寝落ちする。
気持ちが悪く、食欲がない。
いろんな意味で

Category: 政治・社会

Theme: 日々出来事

Genre: ライフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks