2014.06.28(Sat):私生活
死ぬ前に四国四十八箇所巡りをしてみたい!
と思ったので、そろそろ旅立とうと思います。
今の生活は悪くもないような、悪いような。

良い人は多いんだけど、
部屋にテレビもなければパソコンもない。
飲み食いと住居には困っていないけど、
月1万円で貧乏生活。

たまに、刑務所と変わらなくね?とか思ったりする。
四国の次は、1度ぐらい刑務所にも入ってみたいかもしれない。
普通の生活で満足出来る人もいれば、
興味が先行してスリリングな生き方を好む人がいるものです。
戦争に行くような人や、格闘家、歴史に名を残す人は後者何だと思います。
死んでもいいから、死ぬ前に興味があることを経験したい。

旅立つに伴い、サクラインターネット(レンタルサーバー)の
契約がそろそろ更新だったような?と思いつつ、
震災の頃の画像などが消えてしまうと思ったけど、
そんな必要とする人もいないだろうと思うので、
消えたら消えたでいっかと思ってます。
俺が死んだら、いつかは消える運命だしね?

それと一緒に思ったのが、そういえば、被災の経験をしても、
それに対する記事をまとめで書いたような?
書いてないような?なので、改めて書いておこうと思います。

まず、地震が来たら倒れそうな場所から離れる。
揺れたからシャガメば良いってものでもない。
火を止めるのも大事。水道は地震で止まるから気にしなくてOK。
地割れにも注意。

そしたら、津波の心配。
山か、海から遠くまで逃げる。
ビルに逃げてもいいけど、
倒壊しなそうな、津波に飲まれない高さのを選ばないといけない。
地形によっては、30メートル~40メートル。
今後の規模によっては、60メートルクラスが発生してもおかしくない。
そうなった場合、ビルに逃げるより、
まずは山か遠くまで逃げる方がいいと思う。

車では、渋滞に巻き込まれて進めなくなるかもしれない。
歩行者に注意しながら歩道を走ることも考慮しないといけない。
道路が陥没してるかもしれない。電信柱が倒れているかもしれない。
遠回りすることもあるかもしれない。
走って逃げた方が早いかもしれない。とにかく早く逃げる。

きっと大丈夫だろうと逃げないより、
逃げてから、大丈夫だったか危険だったか調べればいい。
車や屋根で流されても、逃げられそうな場所があったら、
そっちに飛び移ると助かるかもしれない。
友人は2人、車で流されたけど、岸に飛び移って助かっている。

そんで、地震は日中に起きるとは限らない。
夜かもしれないから、退路は確保しておく、
一番避難しやすい場所を日頃から確認しておく。
職場、学校、家、そういった場所で。

避難所が安全とは限らない。
大震災の時、学校の屋上に逃げた人が、
津波で飲まれたのを山から見ていた人がいる。
避難する場所は、何箇所か候補をあげておくのをオススメする。

学校の周囲が水で囲まれ、
数日間身動きが取れないなんてこともあった。
場所によっては、屋根の上を伝って移動できる。
津波はただの海水ではなく、
ヘドロも瓦礫も糞尿も油も混ざっていて不衛生。

そして、ボートで救助に行きにくい。
ゴムボートは穴が開く。プロペラはゴミが絡まる。
だから、救助に時間がかかるのは覚悟しないといけない。

とりあえず、金庫はどの程度いけるかわからないけど、
タンス預金は多すぎると保証が利かないし、危険。
ある程度は金がないと、電気が止まって買い物が出来なくなる。

買い物は、地元のスーパーマーケットが良い。
地元力が強い店は、被害を受けても、
少しでも皆の為に動いてくれる。
全国チェーン店は、食べ物がなくて困っていても
店を開けようともしなかった。
電気がなくても、計算は電卓で、
何が何個売れたかを紙に明記して、後で精算してくれる。

ガスはプロパンガスが良い。都市ガスがストップしても使える。
水は、ジュースと酒を飲もう。トイレは川の水でOK。
体は濡らしたタオルで拭けばOK。
皿は洗えないから、皿の上に敷いたアルミホイルか
ラップの上に盛り付けるといい。

ライトは、ランタンタイプがあると便利。
電池は大事。携帯電話の充電にも使うから、
入手困難になる。電灯系は単一だと入手しやすい。
雨が降っている時に逃げることを考えて、防水だと完璧。

ガソリンは、ディーゼル(軽油)車はレギュラーより入手しやすい。
ガソリンは入手困難になるから、なるべく無駄に走らない。
近場は自転車を駆使する。ガソリン用の缶があると便利。
ガソリンタンクは下から穴を開けるとガソリンが出せる。
タンクを無理に壊したくないなら、
タンクの接続部を外してエアーポンプで吸い出す。
発電機を持っていれば、携帯の充電などがガソリンで出来る。

袋は濡れると食べたくなくなるけど、
缶詰は汚れても、洗えば中は結構無事。
市役所で携帯充電ができる。
電波がないと、携帯の充電が通常の4倍ぐらいの速度でなくなるので、
電源は常に切っておき、電波が入りそうな場所で電源を入れて
メールなどを確認するのがいい。

第1波よりも2波、3波が大きくなる。
余震でも発生する恐れがあり、すでに障害物が減っている状態に来た場合、
後の津波の方が早く奥地の方まで到達するかもしれないから、
数日は余震にも気をつける。

体が津波で濡れたら、早めに綺麗にする。
油などが長期間ついたままになっていると、
炎症を起こしたりする。

川の周辺は地盤が脆く、陥没、液状化の危険度が高い。
海から逆流もしてくる。

避難所に食べ物がない、寝る場所もない場合がある。
津波の場合、海岸沿いが被害を受けるだけなので、
余裕があるなら、結構離れた場所まで避難した方が、
普通に暮らせるかもしれない。

そして、すぐ被災地から離れると、
手当てや保証などの手続きが取りにくかったりする。
陶器、畳、布団など、処分が大変で、
自衛隊や自治体などに頼む意味でも、
近場にいないといけないこともある。

家の保証は、名義人に一括なので、
親と子が仲が悪い場合など、子供に支援金が届かない。
支援金の内訳は、家の損害保証と、免税。
生活を立て直す金を与えるわけではない印象だった。

そして、改善すべきだと思った事は、
車は防水に出来ないものかと。
台風の時なども冠水することもあるけど、
防水仕様にする流れがないのが不思議で仕方ない。
せめて浸水しても、パーツを取り替えれば、
廃棄しなくても良いってぐらいまでしてほしいものだ。

次が、何キロも並んだガソリンの給油。
ガソリンスタンド自体が被害を受けていたりするから、
タンクローリーから直接給油できないものかと思った。
タンクローリーをグランドなどに駐車し、
同じ人が何度も並ばないように、
車両番号を書いた整理券を配ってから、
何時から給油と時間指定でした方が、
何キロも渋滞させずに済む。

それと、災害用伝言ダイヤル(171)では、
携帯電話を無くしてたり、家の電話番号がわからなくなった人には
不十分なサービスだと思うので、
避難所に、各携帯電話の基地局となる車、
電波が届いているなら、携帯電話を通してテザリングで
ノートパソコンに入力するサービスが必要だと思う。

災害時に避難所に多くあった安否確認の張り紙。
数があまりに多くて、どこに誰がいるのかが不明確だった。
なので、災害臨時市役所職員を登録しておき、
被災者が発生した時、各避難所を周り、
避難者名簿をパソコン入力して歩く人材が必要だと思う。
もちろん、その名簿は市役所や学校などでも確認出来るようにする。

山田花子 (69才) 何県 何々市 何町 ☎連絡先
一言コメント を紙に書いててもらい、それをパソコンに入力。
安否確認者は、名前だけでも確認できるし、
住所で検索すれば、もっと絞り込めるようにする。
同姓同名が発生するかもしれないので、

名前と住所と連絡先、一言コメントを書いた後、
両者にメール?チャットが飛ぶようにする。
受け取る方は、身に覚えがない場合、連絡を返さなければいい。

そうした方が、どこの避難所に何人避難していて、誰がいて、
携帯電話を水没して、連絡手段がなくなっても
再び連絡が取れるようになる。

とりあえず、死ぬのも嫌かもしれないけど、
生きても地獄。
予算がないとか、そうゆう問題ではなく、
まずは再出発の支援。
生活保護でダラダラしてた方が、
多くの支援金が必要になってくる。

若い人もそうだけど、
年配の方は特にコミュニティーから離されると孤独になる。
コミュニティー単位で他県への移動も考慮してほしかった。
この御時世、再就職は大変。
就職してなかった人が良い職場につけるぐらい、
就職支援をしてほしいものだ。
何なら、資格取得を臨時に支援するぐらいやってもいい。

伊豆大島の土砂崩れのニュースを見ていて思ったのが、
避難をしたくない老人が多いこと、多いこと。
嫌だと思わせる国の対応、やり方に問題がある。
税金を払ってもらっている国民だぞ?
良い旅館に無料で泊めるぐらいしろって思う。
あの時の災害で、一生の思い出が作れたと
思わせるぐらいしろと。

一部の人間が、弱者から血税を絞りとり、
国民を大切にしない国に税金なんか払いたくないわな。
生活保護もそうだけど、
国民が困った時に、それを支援をしないなら、
税金なんかいらないんだよ。
金持ちは保険がなくても自腹で医者にかかれるし、
年金がなくても貯金や収入で生活出来るんだから。
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/950-bbc20744
 ←内容を管理者だけに閲覧させる