2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

ファイトクラブ 名言 終了のお知らせ その2

 【16//2013】



愛しているから人を傷つけるとはよく言うが、
傷つけたから愛せるとも言う。

まだ男だよねぇ?
ああ、男だよ。僕達はまだ男だ。
8ヶ月前ボブは睾丸を摘出された。
ホルモン治療で投与された男性ホルモンに対抗して
女性ホルモンが増えすぎ、胸が大きくなった。
その谷間に顔を埋める。
今度医者達は胸を切開して中身を抜くんだ。

現実が遠く霞む。
何もかもがコピーのコピーのコピーのようだ。

ああ、子供は3人欲しかった。
男2人と女。
妻のミンディは女2人と男だって。
どっちもゆずらなかったんだ。
そうだミンディは先週子供を生んだんだよ。
女の子。
新しい旦那の子供。
ああ、神に感謝してるよ。
彼女が幸せになって…だって幸せになる権利がある。

我を忘れ、暗黒と沈黙の完全なる世界へ。
自由を見つけた。
絶望の果てに自由がある。

毎晩僕は死に、そして毎晩生まれてきた。
復活だ。

まだ生きています。
でもいつまで持つかしら。
それはお医者様でもわからないそうですから…。
でも良い事がありました。
私はもう死ぬ事を恐れません。
でも私の孤独な気持ちだけは同じで…
誰もセックスしてくれません。
死ぬ前に1度で良いから男に抱いてもらいたいんです。

バラしてやるから。
どうぞ私もバラすわよ。

自分は死ぬ運命。
それがマーラの哲学。
死なない事が彼女の悲劇らしい。

あちこち旅行してもチッポケな人生。
1回使いきりの砂糖、使いきりのクリーム、使いきりのバター。
チンするだけのママゴト機内食。
リンスのいらないシャンプー、
1回分のうがい液、ちっぽけな石鹸。
機内で会う人間達、1回分の友達だ。
離陸から着陸まで皆で時間を共にする。それだけのこと。
そうこうしているうちに誰の人生の残り時間もいずれは0になる。

頭良いな。それで何か得したか?その頭で。

まだマシな方さ。
寝ている間にペニスを切られて
走る車の窓から捨てられるより。

例えば、ソファを選んで買った時、こう思うだろう。
これ以上のソファはないはずだって。
何があったって、ソファ選びではもう悩まずにすむって。
何でも揃ってた。ステレオも結構良いやつだった。
服なんかブランド物が揃ってたんだ。
ほとんど、完璧だったと言える。
フンッそれがパアかよ。
全部パア。パアか。
デュヴェって知ってるか?
掛け布団?毛布だ。ただの毛布だ。
どうして俺達がデュベなんて知ってんだ?
だって俺達が生きてゆくのに絶対に必要な物なのか?
違う。じゃあ何でだ?
たぶんそれは…消費者だから?それだよ消費者だ。
買わないとライフスタイルが崩れるって強迫観念がある。
殺人、犯罪、貧困、全然興味が持てない。
興味があるのは芸能雑誌やテレビだろ?
500チャンネルもあるんだぜ?
それに下着のデザイナーの名前、
毛生え薬、インポ薬、痩せ薬、マーサスチュアート、
何がガーデニングだ!
タイタニックみたいなもんさ。
どれも沈んじまえばいいんだ。
忘れちまうんだ。ソファの事も…ストリンの緑の縞柄も。
思うに、完璧なんか良くない。完璧を目指すのはよせ。
それよりも進化しよう。なるようになるって。
俺はそう思う。間違いかも。あんたには悲劇かもな。

持ってる物が自分を束縛する。

そんなんで本当の自分がわかるか!
傷のないまま死ねるか!
殴れ!俺がめげる前に。殴るなんて…。
こんなのイカレてるよ…。イカレていい。さあこい。
わけがわからない。俺もさ。
誰も気にしないし見てない。

僕は癌です。ジャックを殺す。

ファイトの後、日常の全ての音が小さくなった。
怖いものなしだ。

オヤジは高卒だから、俺を大学に行かせたかった。
うちと似てる。
そして卒業してオヤジに電話して
「パパ、次は?」って聞くと、「就職しろ」って。
同じだな。
25になった。年に1度の電話でこう「パパ、次は何?」
オヤジは「そうだな…結婚しろよ」
ああ、同じ。結婚できない。30にもなってるのに…。
俺達って母子家庭の世代だよな。
俺達が求めている答えが嫁さんだなんて考えらんない。

皆さん、効率化を最優先すべきです。
なぜなら無駄は、犯罪ですから。

諸君、ファイトクラブにようこそ。
ファイトクラブルールその1。
ファイトクラブの事は口にするな。
ファイトクラブルールその2。
絶対にファイトクラブの事は口にするな。
ルールその3。
降参を告げたり、大怪我や戦意喪失はそこでファイト終了。
ルールその4。
1対1で戦う。
その5。
1組ずつやる。
その6。
シャツと靴は脱げ。
その7。
決着がつくまでファイトはやめる事はできない。
その8。最後だ。
初めてこのクラブに来た者は必ず勝負する。

今戦っている若い男リッキーは
会社で何の役にも立たない男。
ところがテイクアウトレストランのボーイ長を
ぶちのめしている10分間だけは輝いてた。

ジムに通うのは気の毒な連中だよ。
カルバンクラインがのたまうような肉体を理想に思ってるなんて。
男はあれでいいのか?
自己改善なんてマスターベーションさ、自己破壊がいい。

ファイトが終わっても、答えは出なかった。
それがどうした。
救われたという感覚だけ。

どうせ歳とりゃ抜けるんだ。

最高、あんなに凄いセックス、小学校の時以来よ。

働き蜂は大空へ 女王蜂は奴隷。

僕を見ると皆不快な顔をした。
そう喧嘩で顔はアザだらけ。
そうそれが僕は心地良い。
僕は悟ったんだ。
高級志向の生活を捨て、
持ちすぎた所有物を捨てる。
そして街のゴミタメの一角にあるオンボロ屋敷に住み、
そして帰ってくると…これだ

僕は文明の思い上がりの象徴とも言える
物質至上主義社会を拒否する!

あの家は僕の全てだったんですよ!
いいですか、あの家には僕の愛してた家具が揃ってたんです。
爆破された物は僕にとって単なる物じゃない。僕自身だ。

今の時代、ガラスの靴じゃなくてコンドームよ。
相手ができたらサッと履かせる。
で、一晩中やるの。そしてポイ。
コンドームよ?そう、相手じゃなくて。
え?
このドレス、古着屋で1ドルで買ったんだ。
そいつはお似合いだ。
花嫁の付き添いが着るドレス。
誰かがはしゃいで着たのよ。1日だけ。で、捨てた。
まるでクリスマスツリー。
チヤホヤされて、すぐポイ。
飾りが付いたまま道路の脇に投げ捨てられる、
パンツが裏返しのまま、テープで縛られ捨てられる。
レイプの犠牲者みたいに。

ケツに羽挿してもニワトリにはなれねえ。

痛みを消すな、受け入れるんだ。
手を見るんだ。最初の石鹸はヒーローの灰で出来た。
宇宙に飛んだ猿みたいにな。
苦痛なしじゃ、犠牲なしじゃ、何も得られない。
消そうとした言葉、焼きごて、肉体。
やめろ!お前の痛み、お前の火傷、それがこれだ!
僕の洞窟に入って僕の力になる動物に会う…
おい~!死に掛かった人間の真似なんかするんじゃねえよ!さあ!
わかったから離せ!そんなのはまやかしの悟りだ。
人生最高の瞬間なんだぞ!なのにお前は逃げるのか?
僕は逃げない、だから頼む…
おい黙れ。子にとって父親は神だ。
その父親に捨てられたそんなお前は神をどう思う?
わからない。よく聞け。
神に自分が嫌われているんじゃないかぐらい考えろよ!
いらない人間だ。どう考えたって、お前は憎まれてる。
火傷ぐらいなんだ。なんだと?
神なんかいらないんだ。ああ、いらないだって僕は…
何が天罰だ!何がしょく罪だ!
俺達は神の望まない子。ざまあみろ!
水を!水をかけてみろ、もっと酷くなるぞ。
俺を見ろ!酢で中和させた方が楽になる。
立たせてくれ。まずあがくのはやめろ。
そして、てめえがいつか必ず死ぬって事を心に刻め。
凄く痛いんだぞ…
全てを失った者だけが本当の自由を知る。
わかった。おめでとう、どん底はもう目の前だ。

俺ならその紙について話す相手を慎重に選ぶな。
理由はそれを書いたのが危ない奴だから。
そのオックスフォード字のボタン段を着たサイコは、
1度プッツンしてしまうと、すぐにオフィスに乗り込んでくるはずだ。
それもアーマライトAR10ガス・カービン半自動操縦を持ってだ。
そしてここの従業員を手当たり次第に撃ち殺すだろう。
そいつはあんたの知ってる奴かもな。
そう。あんたの、とても近くにいる奴。

ここにいるのはこの世で一番強くて頭の良い連中。
だが可能性の芽がむしり取られてる。
ほとんどの人間がガソリンスタンドの店員か、ウェイターだ。
もしくは会社の奴隷。
広告を見ちゃ、車や服が欲しくなる。
嫌な仕事をして、要りもしない物を買わされるわけだ。
俺達は歴史の狭間で生まれ、生きる目標も場所もない。
新たな世界大戦も、大恐慌もない。
今あるのは魂の戦争。毎日の生活が大恐慌。
テレビにこうそそのかされたよ。
自分もいつかは億万長者か大スターかロックスターだって。
だが違う。少しずつ現実を知り、とうとう、頭が切れた。

今週はお前ら全員に宿題を出す。
表に出て、全然知らない相手に喧嘩を売れ。
喧嘩売っといて、わざと負けろ。

住所はわかった。調べに行くぞ。
もし6週間以内に獣医の勉強を始めてなきゃ死んでもらう。
帰りな。走れフォレストガンプ!
気分が悪い。奴はどうかな。おい冗談がキツすぎる。
なんでさっきみたいな酷い真似するんだ。
明日はレイモンドにとって最高の朝になるだろう。
朝飯だって俺達が食ったどんなご馳走より旨いはずだ。

職業がなんだ。財産なんて関係ない。車も関係ない。
財布の中身もだ。パンツのブランドもな。
お前らは歌って踊るだけのこの世のクズ。

蛆虫共、自惚れるな。
お前らは美しくもなければ特別なものでもない。
他と同様、朽ち果ててゆく有機物なんだ。
タイラーは軍隊を作った。
俺達は歌って踊るだけのこの世のクズだ。
どうせ有機肥料の一部にすぎない。

自分で種の保存も出来ないパンダの眉間に
銃弾を撃ち込んでるような気分だった。
オイルタンカーのバルブを開けて1度も見たことのない
フランスの海岸を真っ黒にしてやりたいと思った。
煙を呼吸したかった。
変だぞサイコ野郎。美しいものを壊したかった。

知識に頼ってるのがお前の欠点なんだ。
知ってると思っているのをやめちまえ。
人生やら友情やら、特に俺とお前の関係をな。

死ぬ前に何がやりたい?
自画像を描きたい。家を建てる。
お前は?ああ、わからない。何もない。
お前はこの質問の意味を知っとくべきだ。
今すぐ死ぬとしたら、お前の人生をどう思うんだ。

どん底に落ちるのは、瞑想やサポートグループとは違うんだ。
コントロールしようなんて思うのはやめて流れに身を任せろ。

俺には想像できる。
廃墟となったロックフェラーセンターの周りにある大渓谷の森で
ヘラ鹿を追いかけている君を。
君は自分の寿命より長持ちする革ジャンを着て
シアーズタワーに絡み付いた葛の木を登って行くだろう。
そして下を見下ろすと、放置された高速道路の
ガラガラの斜線で小さな人間達がトウモロコシを砕いて
鹿肉の切り身を並べたりしている事だろう。

この窓の外で金融の歴史が崩壊してゆく。
経済的平等に一歩踏み出すんだ。





20回以上見た、バイブル。
ファイトクラブを見直しました。

俺には想像できる。
廃墟となったロックフェラーセンターの周りにある大渓谷の森で
ヘラ鹿を追いかけている君を。
君は自分の寿命より長持ちする革ジャンを着て
シアーズタワーに絡み付いた葛の木を登って行くだろう。
そして下を見下ろすと、放置された高速道路の
ガラガラの斜線で小さな人間達がトウモロコシを砕いて
鹿肉の切り身を並べたりしている事だろう。

この発言がどのサイトにもヒットしなかったからです。
ファイトクラブ、もしくは現代社会において、
人類のほとんどが経済的問題が理由で不幸になっている。
金持ちは金持ちなりの理由で、貧困は貧困の理由で、
社会に、人に合わせる為に苦しんで生きている。

この金銭による奴隷制度を緩和させる為には、
ファイトクラブのように考え、金の縛りを緩和させる必要が出てくる。
ファイトクラブの最終的な理想の世界は、上記の言葉に尽きると思う。

しかし、最近考えるようになった事で
ちょっと違う生き方の可能性が出てきた。
もし、ロボットがロボットを作り、修理をし、
農業や製造、販売、物流などのほとんどを行えるようになったら、
人間はどのように生きるのか?というもの。

それと、人間が人造人間になり、食べ物以外から
生命エネルギーを吸収できるようになったら?というもの。

攻殻機動隊みたいな、脳の情報が数値化され、
全身がロボットの人間が生まれる日はいずれやってくるだろう。

そうなった時に、人間の生き方はどうなるのか?
現代日本においても、自殺、非正規雇用、少子化、
ブラック企業といった問題が騒がれていて、
働いていれば幸せになれると考える昭和脳と、
家庭の為に仕事をする平成脳で、
生き方、幸せの考え方が変わってきている。

人間の幸福度を重視する生き方は、
遅かれ早かれ騒がれるようになるだろう。
そうなった時に、人間の生き方はどうあるべきか。

上に書いたように、人間の仕事のほとんどがロボットが
行うようになった場合、人間の仕事は、
金の意味はどうなるのか?

人間は、理想の恋人をDNA操作で
容姿や性格、好み、遺伝子の強さなどを
設定して創れるようにもなるだろう。

そして、子供を1人だけしか産めない設定も。
理想の子供が欲しいなら、それもDNA操作で創れるだろう。
もし不慮の事故で死亡しても、
クローンで作り直す事もできるようになる。

人間が幸せである為に、愛はあった方がいい。
故に、恋人を与えるのは国が国民への保障として
与える制度になるだろうと予想ができる。

人工的に人間を生み出す事で、
一時的に人口は増えるが、産める人数に制限を設ける事で、
結果的に人口爆発を抑える事ができるようになる。

将来的にそうゆうようになるとしても、
金が支配する現代社会では、
金のバランスを調整しなくてはならない。

金は契約により、一箇所に集まりやすいもの。
それにより貧富の格差が生じ、不幸の元となる。

親による貧富の格差による子供の不幸を無くす為、
まず、一定額以上の財産分与や、遺産相続を禁止する。
それだけでは、社会の格差は減らないので、

(貧富が騒がれるようになった頃、ランダムで)
10年ぐらいに1度、国民の資産を平均化し、
財産を配慮しつつ、ある程度を税金として徴収。

最初のうちは、徴収によって借金の支払いが
困難になると予想される。
なので最初のうちは、税金分をローンの返済に当てるようにし、
国民の支払い限度額が判明してきたら、
ローンの限度額を調整すればいい。

周期が決まっていると、徴収前に財産を使ってしまおうと、
徴収後に金が増えるようにしようと、
考える人間が出てくるので、ランダムでなくてはならない。

どんなに金を儲けても、結局資産の大半を持っていかれる。
そう思えば、社長だから給料が高いとか、
年功序列だとか、無理して働くとか、
いつ死ぬかもわからないのに大金を貯金しなくても良くなる。

会社なんて、株や銀行からの投資でなりたっているようなもの。
私物化よりも、国の機関として、製造・販売・貿易でいいのだ。

学校しかり、資格にしかり、
現在行われている学びの権利を貧富よって妨害し、
個人の才能を活かせずに、個人の人生も、
国としても損をしないようにしなくてはならない。
才能を活かせないって事は、それを受ける国民も損をする事。

学校は義務教育。一定の知識を暗記する場所みたいになっているが、
それとは別に、一生やり続けるであろう、
仕事なるものの傾向を見る場でもある。

人と係わるのが得意か?不得意か?
スポーツが得意か?不得意か?
音楽は?語学は?計算は?パソコンは?絵は?

だから、若い頃から興味がある事は早めに専門知識を与え、
資格も取らせておき、その職業に携わる事も必要だと思っている。
良い例がスポーツ選手だ。
国策として、職種を選ばずに若い頃からやっておかないと
国際競争で勝ち続ける事は無理だと思う。

もちろん、体の障害などで職業を
変えないといけない状況にもなるでしょう。
なので、再起を図る意味でも、貧富を理由とした、
資格の取得の制限を緩和しなくてはならない。

日本は、資格制度が重要視されていない時代から、
平成になって急に重要視されるようになったが、
経済力や時間により、ままならない状況の人が多くいて、
それが非正規や貧困層の原因となっていると感じる。

貧富による格差という奴隷制度。
人類が食うに困らないだけの文明がありながら、
不幸の連鎖が止まらない。

自殺・犯罪は、社会保障の欠陥を指摘されているようなもの。
国や社会システム、周囲の人間の責任。
1人がそうゆう立場になれば、似たような境遇になった人が、
再び同じ状況に陥る。

人間はどのように生きるべきか?
幸せとは?愛とは?国とは?金とは?
死ぬ前に何がしたいのか?



ジョン・レノンのインタビュー―世界は狂人によって支配されている

ワクチンの危険 NWOの人口削減計画 から 放射能問題まで

Category: 政治・社会

Theme: つぶやき

Genre: ブログ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks