2013.05.25(Sat):物語


ごく普通の小学校に通う
柳原雅子(やなぎはらまさこ)の話。
雅子は明るい性格で、男子とも仲がいい。
雅子の胸は小学3年ぐらいから徐々に膨らみはじめ、
小学5年で他の子よりも目立つようになる。

ぽっちゃり体型で胸が大きいため、
ある日のお昼休みに男子がからかって
「胸を揉ませてくれよー」と言うと、
雅子はそれほど気にせず「良いわよ」と答えた。

男子達は「いいのかよ」と笑いながら、
椅子の後ろから胸を揉み始めた。
「うほおおおお 柔けえええ」と言いながら、
代わる代わる揉み始めた。

ある男子が冗談まじりに「今度エッチしようぜ」と言うと、
雅子はそれも気にせず「いいよ」と答えた。
男子達はさすがに、「マジかよ」と言って驚く。

雅子は驚いた男子の手を取り階段を登ってゆく。
屋上の手前まで来ると立ち止まり、
パンツを下ろして見せた。

男子達は「おおおお はじめて見た」
などと言い、触りはじめた。
すると、「もう我慢できねえ」と、
1人の男子がズボンを下ろし、
雅子の股間に当てはじめた。

「うっ 入っていく 気持ちいい」男子がそう言うと、
雅子は痛みで力がはいる。
「うっ… でるっ」と言うと、男子は雅子に射精した。
それを見ていた男子が次々と雅子と行為に及ぶ。

最初は痛がっていた雅子だが、徐々に慣れてくる。
男子達がやり終えて満足そうにしていると、
雅子はティッシュで濡れたアソコを拭き、男子達と教室に戻る。
それからとゆうもの、男子達との行為が習慣となった。

階段でやっていると、バレないようにするのが難しいので、
応援部が屋上で練習すると言って鍵を借り、
部活中に合鍵を作ることに成功。

それからとゆうもの、昼休みや放課後に予定をたててやるようになる。
男子の間でヤラせてくれる噂は広まり、
学校中の男子が雅子と関係を持つようになり、
雅子は避妊薬を飲むのが習慣となった。

ただつまらない毎日を繰り返してきた雅子だったが、
この頃から皆に愛されていると感じるようになる。
複数の男子と関係を持っている事を
知っている女子も多く、嫌う子も多くいたが、
いつも男子が仲良くしてくれていたし、
好きな男子がいる女子は、その男子について聞いたりしてきた。

そうしているうちに中学生となるが、
ほとんどが小学生と同じメンバーだった。
そのため、小学生の時のような習慣がそのまま続いた。
しかし、中学校になるとカップルが増えていて、
小学校の頃ほど頻繁ではなくなっていた。

そして、中学1年になると、ある男子が気になってくる。
その男子は牧野隆志(まきのたかし)といい、
何度も関係を持っていくうちに意識し始める。

隆志とは家の方角が一緒で、一緒に帰っているうちに、
たまに雅子の家で遊ぶようになっていった。
雅子の母親は離婚で小さい頃にいなくなっていて、
父親は会社の女性の家にいて、たまにしか家に帰ってこない。
なので、人を家に呼んでも問題はないのだが、
雅子は隆志以外は家に呼ぶことはなかった。

高校に入っても、メンバーは中学校の頃とほとんど一緒で、
中学校と同じような事をしていたが、夏に事件が起こる。
この頃にもなると、遊んでいる男子もいるもので、
性病を移されたのだ。

性病を移された雅子とヤッた男子が次々感染していった。
雅子と、数人の男子は通院し、学校を休みがちになった。
たまたま感染しなかった隆志は、たまに雅子の家に寄り、
学校のプリントを渡したり、勉強を教えたり、
ゲームをしに来て、嫌うことはなかった。

その事件があってからとゆうもの、
数人の男子にヘルペ’sと言うグループ名がつき、
雅子と性行為をしようと思う男子はいなくなった。
ヘルペ’sは不思議なもので、団結力が出来て逆に仲良くなるのだった。

性病が治ってからしばらくは隆志ともしなくなっていたが、
家でちょくちょくやるようにもなった。
関係を持っているのは隆志だけになっていたが、
学校で雅子がやっていたこともあり、
隆志と付き合う形にはならなかった。

雅子が高校を卒業すると、友達となるべく会わないように
街から少し離れた弁当屋で働きだす。
隆志は大学に行き、大学で彼女を
作るようになったことで疎遠になった。

しかし、大学で彼女を作るも、
相性のいい相手と出会えず、
新しい彼女と別れては雅子の家に来るようになる。

そのことに対し、元々、隆志が好きだったし、
小中学生の時にやってきた事もあって、
なので、雅子はそれに対して何も言わなかった。
そうしているうちに、隆志は雅子に対して
居心地良さを感じるようになる。

月日が流れ、隆志も大学を卒業し、就職する。
そして隆志は家賃が高いからと雅子に同居しようともちかける。
雅子はもちろん了解し、部屋を借りて一緒に暮らし始めた。

隆志は仕事を始めてからというもの、
朝早く出かけては、夜遅く帰ってくる日々が続いた。
帰宅してはシャワーを浴びて寝るだけの生活。

そのうちに、帰宅する回数が徐々に減ってゆき、
帰宅する時は、酔っ払って帰ってくるようになった。
雅子は心配をするが、「仕方ないだろう」
「眠い」「うるさい」としか返ってこなかった。

しかし、そうゆう生活は長くは続かず、
隆志は酔っ払って帰ってくると、
「あんな糞会社辞めてやった」と言った。
体調を心配していた雅子は
「次の仕事までゆっくり休めばいいよ」と励ました。

それからというもの、隆志は
ギャンブルと酒浸りの毎日を繰り返すようになる。
貯金がなくなってからは、雅子にたかるようになり、
ないと断ると、金を借りてこいと暴力を振るわれるになった。

そして、隆志は女を作って出て行った。
隆志がいなくなったことで、雅子は安心したが、
仕事で頑張っていていただけに、
落胆も大きかったのだろうと思うのだった。

それからしばらくはバイトをしながら節約の日々が続いた。
半年ぐらいが経過した頃、
隆志がホームレスのような姿になり、突如帰ってくる。
痩せ細り、謝ってきた。

雅子はとりあえず家に入れ、
風呂と飯を与え、着替えさせた。

あの後、女に飽きられ、捨てられてから
路上で寝泊まりするようになりながら、
雅子の事を考えていたと隆志が経緯を話すと、

雅子は「また1からやり直そう」と、
隆志と生活をやり直す事にした。

隆志はとりあえずバイトをしながら、
まったりと家でゲームをしたり、
家事をするようになり、
たまにデートをするようなった。

雅子は、学生の頃に家で一緒に遊んでた時より
幸せだと思う日々が流れた。
そんな中、同窓会の手紙が家に届く。

雅子は行きたがらなかったが、
隆志は「どうせ皆気にしてないよ」と、行くことを薦めた。
ただし、2人が付き合っているのがバレて、
同棲しているのが話題になると
変な話になるかもしれないからと、
別々に行動をする事となった。

隆志の言うとおり、雅子は嫌われる事なく、
2人は1次会で友達と仲良く話をした。
隆志は2次会に行くが、
雅子は酔ってきたので帰宅する。

「途中まで送っていくよ」と言われ、
男友達と一緒に帰っていると
途中で、「ちょっとそこの神社に寄ろう」と
手を引っ張られて建物の裏に連れられ、
「昔みたいにやろうや」と股間を触られる。

昔と同じだと、酔っ払った感覚で
やられるがまま身を委ねた。
男はすぐに出し終えると、
「ありがとな。この事は皆には秘密でよろしく」と言って
金を渡し、雅子を置いて帰っていった。

雅子は、やっている最中、昔と違う感覚を感じていた。
学生の頃は、皆に愛されているのが嬉しかったが、
今は隆志の事が頭から離れなくて
罪悪感を感じるようになっていた。

雅子は帰宅し、シャワーを浴びてから
寝ていると、隆志が帰ってきて、
何事もなかったかのように、その後も暮らしていた。

しかし、雅子にツワリが起きるようになる。
隆志は、自分の子供が出来たのかと思っていたが、
雅子はあの時に出来た子供だと感じていた。

おろしても隆志を悲しませる。
産んでも隆志を悲しませる。
雅子は今まで隆志と築いてきた愛の分だけ、
裏切りを感じて悩み続けた。

職場では彼氏との子供だと、結婚おめでとうと言われ、
結婚をして出産しても、バイトだと子育てが厳しい。
中絶ができる12週前が迫ってきて、
日に日に追い込まれた雅子は
隆志の胸を包丁で刺し、自分も自殺するのであった。



TAMAKI’s Little Treasure

マチェテ - Wikipedia

グルカ兵のシンボル「グルカナイフ」はなぜあのような形なのでしょうか?

iPhoneカメラの「パノラマ撮影機能」に失敗した画像が禍々し過ぎて一発で呪われるレベル

【これは欲しい】自転車のホイールに好きな映像をLED発光する「Monkey Light Pro」

【野球】プロ野球を見始めた時疑問に思ったこと

公務員の親の給料がおかしい

テルマエ・ロマエの原作使用料wwwwwwwwww

「牛丼並は食べきれない。。」と2chに投稿した結果

5 コメント 昨日の誤審動画wwwwwww
抗議が入ったら、映像確認を義務化すべき。

下水道使用料 | 行政のQ&A【OKWave】

アメリカザリガニ

タンポポは食用植物

生きたウシガエル(食用ガエル)を調理する

ブラックバス料理研究所 ゴムボート釣り部

日本統治以前の朝鮮語には「恥」を意味する言葉が存在しませんでした

古銭コレクション 【エポック社】

「うつ」の原因は"甘い食べ物"!? 糖質をコントロールして、ストレスを解消する方法

子供に“水銀”ワクチンを打ちたがる理由

イタリアで大ブーイングだったPSYの江南スタイルに対する海外の反応


中国産「赤ちゃん人肉カプセル」が韓国で大流行!中国食人文化と韓国ゲテモノ文化の融合か?
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/930-849ecfd2
 ←内容を管理者だけに閲覧させる