幸せ、世界平和

 【 2007.11.21(水) 】

前回の書き込みで宗教党ってイスラム教やキリスト教、仏教、ユダヤ教などの党を創るとあったが、
各宗教同士が対立するのではないか?と意見が出そうなので書きます。
どの宗教も基本的に個人の幸せから他人の幸せ、最後は世界平和をかかげているので、神が違うだけで、結局は変わりがないと思われる。
なので、宗教党があっても問題になる事はないと思う。
現状として、創価学会とゆう、新興宗教がテレビなどの活動を通し、挙げ句の果てに政治活動にまで手を伸ばしている現状より良くなると思う。
とりあえず、日本は多国籍な宗教が混在し、挙げ句の果てに新興宗教が次々と創られ、それと同時に犯罪も増えている。
そういった宗教とゆう思想で、暴力を振るわなければ、洗脳したり、マスコミを利用して宣伝活動や、政治関与などでの権力を持たせるなど、
宗教としてやって良いこと悪い事の基準を設けるべきだと感じる。

そして、日頃から思っているのだが、イスラム教がジハード(聖戦)とゆう思想があるせいで、
テロやら武装勢力やらで、武器に頼った解決をしようとしすぎる。
もし俺が世界のトップだったら、こう言う。
『もしこれ以上、イスラム教が話し合いではなく武力で解決しようとするなら、イスラム教を破壊的カルト教壇として世界的に解散させなくてはならない。』とする。
武力で解決するなら話し合いはいらない。ミサイルや核を落とせば解決する。
結局、そうなったりするから、
イスラム教に警告しなくてはならない。
で、もしそれでも武力に頼るイスラム教信者が後をたたないなら、
イスラム教は信者を取り締まる力がないとして、確実に解散させなくてはならないと思う。
各国の大使館の大使じゃないけど、
政治的に宗教を規制する、そうゆう党があってもいいのかな?と感じる。

そして、テロと平和の話のついでに、
北朝鮮問題も書きます。
とりあえず、アメリカがテロ支援国家解除にあたって、拉致を解決しなければ解除しないようにとニュースでやっていたが、
拉致はテロと関係ないから、解除していいと思う。
日本の拉致問題は、何でもかんでも口を出しすぎ。
会えば拉致問題、拉致問題言えば、
そりや~北朝鮮も日本をウザがるわ。
とりあえず、いつから北朝鮮は日本の敵になったのか?
モハメドアリじゃないけど、俺は北朝鮮に何の恨みもない。
確かに、拉致や独裁政権はどうかと思うが、
武装は資源がないだろうし、しょうがないのかな?と思う。
でだ、どっかの国みたいに資源がないんだから、
知的財産がないと国としての運営が成り立たないと思うし、
拉致問題を解決したいなら、敵としてではなく仲間として接しないといけないと思う。
せっかくキムジョンナム?が来日したのに犯罪者みたいに帰国させるし。
逆に、日本が来てもらって、日本と北朝鮮の交流に役立てるべきだと思います

Category: 政治・社会

Theme: 新興宗教・カルト・その他アングラ

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks