強風 東日本大震災 2年

 【 2013.03.14(Thu) 】

3月13日、東京で最大瞬間風速が27.4メートルの
強風が吹いてました。

凄い砂ぼこりの中、仕事をしてたわけですが、
春一番の時といい、今回の風といい、
強風注意報しか出ていない事に疑問を感じていました。

自転車がビルから落ちてきたり、屋根が飛んだり、
飛行機の離着陸が困難な状態になっているのに、
なぜ暴風警報を出さないのか?

千葉、東京の気象庁はキチガイだと思いました。
そしてニュースも、気温と天気だけではなく、
強風が吹くなら、それも強調して言えと。
強風の中の15度と、無風の15度では、
体感温度や安全性が全然違うだろうと言いたい。

それから、日本も今回の粉じんで中国の黄砂の文句は
言えないと感じた。
収穫が終わったら、ビニールやネットで粉じん対策を
義務付けろと言いたくなった。
ある程度の距離感でブロックで壁を作ってもいい。
強風の時ぐらい、タイマー式のスプリンクラーで
水を撒くのもいい。
とにかく、粉じん対策を義務付けろと言いたくなった。

あんな状態では、気管の病気や、機械トラブル、
交通事故などの問題が発生してもおかしくないだろうと。



3月11日に黙祷がありました。
仕事中、馬鹿らしく感じていました。

東日本大震災での死者は、約2万人と言われています。
しかし日本は、わかっていながら何もせず、
毎年、3万人の自殺者を見殺しにし続けてきました。
なぜ3万人の自殺者に黙祷をせず、
2万人の被災者に黙祷をするのか?

明るい未来、幸せであったなら、誰も自殺しない。
好きで自殺をしている人なんて、そんなにいない。
殺されるより、自ら命を絶つほうがどれほど辛い事か。

そして、東日本大震災は、死者よりも約31万人の
被災者の方が悲惨で、死んだほうが良かったと思えるレベル。

思い出や、コミュニティーは、懐かしんでも、
壊れてしまえば、戻せないものだったりする。
過去を見ても、良い思い出の分だけ悲しみが生まれる。

家や、家具などは金で解決できたりする。
しかし、被災者が多いとか、そんな理由で、
全てを失った被災者に対し、十分な資金が渡されずにいる。

前を見て、1から出会いや、経済状況を作らなくてはならない。
それが、若い人ならなんとか出来ても、
今まで何十年も築き上げた物を壊された年配の方には辛い事。

死者よりも、被災者へのケアのが大事。
なんで、被災で死んだ人に黙祷をするのか?
それこそ、現場を知らない証拠じゃないのか?と言いたくなる。
戦争が終わったわけじゃなく、
多くの被災者は、未だに戦っている。

被災していない人でさえ生活苦の時代。
TPPだの政権争いだの、そんなのを言っている暇があったら、
もっと国が良くなるような事をしろとイラっとする。

それから、福島の話。
原発から避難して、元の地へ戻りたい住民がと、
マスゴミが悲しい話のように語っているが、
除染した土を、庭に埋めるような状況を見ると、
戻らない方が確実だ。

福一の解体に40年かかると言われている状況で、
未だに放射能が漏れているならば、
住民を戻らせない方が良いに決まっている。
住民を戻すのは、金や、良い顔をしたいが為の見栄。

癌が目視できるようになる10年後~20年後、
そして、出産時の奇形児や、
甲状腺がんなどのリスクを日本政府は取る気はないはず。
根本にあるのは「今さえ良ければ」。

被曝で癌や、他の身体的欠陥が生じても、
被曝が原因でその症状になったと証明が難しい。
だから、数十年後に民事訴訟が増えても、証明が難しい。
そして、自己責任で戻ったんじゃないかと言われる。

もし賠償金を払うとしても、現在の政治家が支払うのではなく、
結局は、国が、国民が税金から支払う形になるわけだから、
今は、死にたい人は戻れば
いいんじゃないか?って状態になっている。

マスゴミも、国も無責任すぎる。
そんな、金や利権が横行している現代では、
裏の裏まで見ないと生きていけない。

被災と全然関係ない歌で、
被災の歌番組に出ている歌手とか、
なんじゃありゃあ?
ただ偽善者が、宣伝したいが為に出てるだけじゃないか。
一部番組のレベルなんて、
その程度なんだと改めて感じさせられる。

危険予測が出来ない奴が逃げ遅れて死ぬ。
生き延びても、奇跡の一本松みたいに、
後の生活で死んでしまったら、
被災して死んだのと変わらない。

生きてるなら、生きろ!
過去にとらわれて命を無駄にするな!
死者を安心させるのが、
生存者の使命であり、供養になると思っている。

キスまでの男友達”キスフレ”いる女性36%の衝撃 - その理由を心理学的に分析

「お口の中は細菌パラダイス」2

Category: 私生活

Theme: 時事

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks