公明党、創価学会

 【 2007.11.11(Sun) 】

昼に創価学会の話がでたので、今回は公明党についてちょっと意見を書こうと思います。

まず、インチキ宗教とも言われている創価学会だが、
そうゆう団体がテレビでCMを流したり、政治に関与してるのはどうなのか?って話。

とりあえず、創価学会はいろんな人がいるって事は、それだけ魅力があると思うので否定はしないし、
宗教が政治にかかわるのはアメリカでもヨーロッパでもかわりはないだろうが、
問題なのは仏教でも、キリスト教でもない、新しい団体が政治に関与しているのはどうかと思います。
で、団体のメンバーだからって投票を呼びかけだりするのはどうかと思うんです。
それで最近、民主党と自民党が連立を組むって話で問題になったが、
民主党だからと言っても、最近は民が主の党か?って思う事があり、
党に入ると、その党に足並みを揃えないといけないってんで無所属議員や、
新しい党を作る動きがあるので、今回の意見として公明党の話に戻るが、
宗教が政治に関与するのは仕方ないが、そうゆう団体が政治に関与するなら、
エンターテイメン党って名前の、歌や音楽、アニメや映画、イラストレーターなどを支援する党を創るとか、
スポーツ推進党って名前で、オリンピック選手や世界で活躍する選手を支援する党、
天下党一って名前で海外と日本を一つにする外交専門の党や、
科学的な研究を支援する科学推進党、
海外から日本で暮らすようになった外人党、
イスラム教、キリスト教、仏教、ユダヤ教などの宗教党、

経済力から始まり、学力、資格や、家族と関わりを持つ時間、
体に障害などがあり、働く事ができないなど、
最も政治を必要とする存在の生活を支援する、下民党とかの、
いろんな団体がないと、
民主、自民で権力争いになりがちだろうし、
専門的観点で基準を設けにくいと思し、今の状況では、なんで公明党みたいな団体が党を創って政治に関与しているわけ?って、みんなが思って当然なんではないかと思う。

Category: 政治・社会

Theme: 創価学会・公明党

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks