2012.10.30(Tue):私生活
僕は死んだ。
まさか33歳で死んでしまうなんて。
もし寿命がわかっていたならどうしていただろう?
年金、仕事、恋愛、保険…
いろいろ思う事がある。

独身で定職についていない。
だからこんな人生がいつ終わってしまったってかまわない。
この人生は幸せだったのだろうか?
何の為に生まれてきたのだろうか?

あぁ。
もうダメだ。
体に力が抜けてゆく。
痛みも感じなくなってきた…


そうして僕は癌で死んだ。



ハッ!ここはどこだ?
天国か?
いや、体に感覚はある。
この景色も見覚えがある。
昔、通っていた中学校の校庭だ。
そう思うと、私は中学校に駈け出した。

ちょうど昼休みになったところだった。
生徒達は思い思いに教室で遊んだり、
遊ぶため、外に飛び出してくる。

外に出てきた生徒に友達がいたので挨拶をする。
「よう!」「おう!」
昔のままだ。

先生が生徒に囲まれている。
あっ!あいつは!
私は急いで駆け寄り、大人のままの姿の友達に話かける。

「よう!久しぶりだな」
「よう!お前も戻ってきたのか」
「そうなんだよ。気が付いたらここに…」
「そうなんだよなー。俺もそうだったんだよ。」

話していると、周りの生徒が
「先生ー!遊ぼうよー!遊ぼうよー!」と
友達を学校の中に押して行った。

「じゃ!そうゆう事だから、またな!」
「おう!」

そう挨拶を交わし、俺は考えた。
俺は死んだはずだよな?
それで過去にタイムスリップしたのか?
で、あいつも死んでいた。

なんで俺は生徒の状態で、
あいつは大人のままなんだ?
わからない。

私はとりあえず当時の教室に戻る事にする。
仲の良かった友達が昔のままでいる。
私は懐かしくなって、皆と話をたくさんした。

授業が始まると、昔やった授業だと気付く。
ビックリするほどつまらない。
明日からは時間が潰せるような本でも
持ってこようと決意する。

それから私は、まさに生まれ変わったように生活を変えてゆく。
大学レベルの勉強をし、放課後は部活で皆と汗を流す。
一生好きで続けられる仕事を探し、
就職したら役立つ勉強をしておく。
苦労をかけた両親の為に、料理や掃除をするようにした。
恋愛も、同窓会の時に好印象だった子と仲良くするようになった。
傷つけ、傷つかないよう、大切に育てる恋愛をする事にした。

今度の人生は悔いが残らないように生きていく。
33歳で死ぬとしても、健康に気を使うとか、
癌を早期発見するとか、何か方法があったはずだ。

若いうちは貧しくてもいい。
信頼できる仲間を作り、
愛する人と家庭を築きたい。

前回のような、孤独で、目標もなく、
愛し合える人もいない人生なんて嫌なんだ。



アスリートの魂舛ノ山関が放送されてた。

生まれ育った育った境遇といい、
肺の酸素の供給量が
一般人が32.5とゆう数字に対し、
17.2とゆう、一般人の半分しかない身体的な問題といい、
無理せず頑張ってほしいと思う。

生活環境が生活環境だけに、今の彼には相撲しかない。
引退しても次の仕事につながるぐらい、
何とか有名になってほしいと思う。
応援せざるをえないよね。



文化勲章にiPS細胞でノーベル賞を受賞した
山中京大教授が受賞していたが、
見ていて思ったのは、
ノーベル賞を受賞したのなら、辞退したらいいのにと。

ほんと日本の賞を見てると毎回思う。
何で今まで何も評価してなかったくせに、
他国で賞を取ったら与えるのか?
普通に考えたら日本で評価してからノーベル賞だろ!

文化勲章はなぜか年金から支払われる。
年金の金がないないと言われている時代に
どこから年間350万円って金を出しているのか?

ノーベル平和賞は約1億円ぐらいだとされている。
ノーベル賞は財団が所有している約200億円
配当や利子から支払われるから問題がない。

ノーベル賞の金は一括(分割)で支払われるのに対し、
文化勲章は年金で支払われる。
だから支払の形式は違うけど、
他で金を貰ってから、またその人に
金を与えるのはどうなのよと。

受賞してもいいけど、賞金を辞退して、
他にその分だけ受賞者を増やすべきだと思っている。
受賞をしただけ仕事が社会から評価され、
講義などの依頼が増え、金を稼ぎやすくなる。

だから、受賞自体は受けて良いが、
その受賞を受けた分だけ、
他の人が受賞できず、仕事でも生活が苦しい人もいるはず。
注目されていないその人達がもっと受賞し、
評価されるべきだと思っている。

iPS細胞はノーベル賞を受賞する前から
注目されてた技術で、今後の活躍は必然。
しかし、ニュートリノの小柴昌俊さんなんて、
人間の実生活に全然役に立たない。

そうゆう、直接的に人々の役に立たないような
技術でも、一生懸命研究している人々がいて、
そうゆう人達の支援こそ、賞の役割で、
そうあるべきだと思っている。

他国の名誉ある賞を貰った国民に
送るだけの賞なんてなくていいんだ。
存在意義がない。見る目もない。

受賞者は自分が貰う事で他の生活苦の
人を蹴落としている事を自覚すべきだし、
賞を与える側も、金を与える以上、
そういった生活状況を優先すべきだと思う。

人間国宝の年収 その他の受賞してもらえる金額



徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました
を見て、これだけ司会とゲストが自由にからめてるのは
久方ぶりに見た気がする。
司会としては大御所じゃないけど、
かなり面白いと思った。

他の番組って、大手が司会で、
それを若手がイジる形が主流となっている。
それはそれで安定はするけど、
気を使う分だけ爆発力がない。

番組は、いかに面白い話をするか?
馬鹿な話をするか?だから、
お互いに馬鹿を重ねられる相手で
番組を組むべきだと感じた。

オヤジと若者を酒を飲みながらも面白くなりにくい。
オヤジとオヤジ、若者と若者。
その方が面白いんだなと思った。



被災から再就職先が倒産しいの、
仕事をしても生活が出来なくなって生活保護。
ネットと携帯が必要だから契約したら、
クロッシィで制限をくらって
まともにネットができなくなり、

ツイッターを久方ぶりに始めてみたらすぐに凍結される。

最初はフォロワーがいないから、
言葉を発しても、無意味に消えていく。
だからフォローをしてフォロワーを増やすでしょ?
そして数十人をフォローするとすぐに凍結される。

人とコミュニケーションをとる為のツールなのに、
フォローをしたらすぐ規制されるってどうゆうことだよ!
せめて1000フォローぐらいまで規制を緩めろと!
凍結される前に警告表示を出せと!

これだけ規制をキツくしたら、
手動でフォローができなくなる。
だからツールを使用してフォローを増やすようになる。
で、ツールを使用した宣伝アカウントが横行する。

そういったツールを使うスパムを排除する為に
規制を強めているようだけど、
それでは逆効果だろと言いたい。

そして、言いたい。
被災をして、家主にしか金が支払われないとか、
働いても倒産するとか、
働いても生活が出来なくなるとか、
金を払ってるのにネットの規制を受けるとか、
普通に利用しているのに凍結されるとか、

一体俺が何をしたんだと!
何の罰だよ!
生きててダメなのかよ!

元々、運は良くないけど、
被災してから生命エネルギー自体も
減少しているように感じる。
元気がないから何にも出来ない!
バカヤロー!
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/883-da25ca50
 ←内容を管理者だけに閲覧させる