イップマン 武術 格闘技 仕事 恋愛 映画 屁

 【 2012.10.10(水) 】



イップマン誕生しか見てなかったから、
序章とイップ・マン 葉問 IP MANを借りた。

誕生と序章、葉問は連続で見た方が
ストーリーは把握しやすいかも。
話が複雑だから、間が開きすぎると、
この人誰だっけ?となりかねない。

誕生から日本人がからむけど、
序章は大日本帝国に占領された話、
葉問は香港でイギリス人にやられる。

まあ、中国人同士でも争っているから、
人種差別なわけじゃない。
どこの世界にも荒くれ者がいて、
それに権力や武器を持たせるとロクなことがない。

序章に出てきた三浦さんとは
イップマンが勝ったとしても武術を好む同士、
仲良くやれたんじゃないかと思う。
イップマンに負けたとしても、
軍のツワモノと戦わせてイップマンに
地位を与える方向にできたと思う。

葉問に出てきたイギリス人のボクサーは強い。
サモハンが演じてた武術家が弱かっただけの事。
あの状況なら、中国武術を侮辱されたと思うよりも、
残された子供達の生活を考えてやるべきだった。

イギリス人のボクサーに負けた武術家の家族ってのは、
生きてても、死んでも変わらない。
だったら生きて努力した方がよかった。

人は死ねばそこで終わるけど、
武術で負けても、1年後、5年後、10年後を考えれば、
また違った結果が出るかもしれない。

武術は心と体を鍛えるもの。
修行って意味では人生と同じ。

そこに刃物で殺せばいいとか、
銃で殺せばいい、ミサイルで殺せばいい、
核で殺せばいいって考えが出てくると、
ただ産んでは殺す下等な生き物に成り下がる。

あれよ。今、隣の部族同士で殺し合って
武器を輸出している国に食われてる馬鹿な国。
生んで死ぬなら産まなきゃいい。
女を皆殺しすればいい。避妊を義務付ければいい。
結論から言えばそうなってしまう。

武士は戈を止めると書く。
争いを防ぐ者を意味する。

止は足の意味もあるので、武器を持って歩く意味もあるようですが、
それでは無頼漢でも同じことが言えてしまうので、
前者の方が適切な表現だと思います。

武術は、いかに戦わず、理解し合えるかが重要。
戦ったとしても、更なる被害を防ぐ為や、相手を知る為であり、
傷つけたり、殺したりするのが目的であってはならない。

ガキは虫を平気で殺す。
自分の限界を知らない者は試そうとする。
良い武器を持ったら使ってみたくなる。

人間は元々弱い者いじめをする生き物だと思っていい。
クズな人間でも、勝者は偉い、素晴らしい人間だと思わせる、
金とゆう道具によって差別は加速する。

自分が痛みを知る事で、相手も痛いのだと知る。
動物は親や兄弟からその加減を知る。
核家族になった人間は加減を知らずに人を殺す。
その無駄な争いを防ぐ為に覚えるのが武術。

映画を見ていて、空手バカ一代とロッキーを
見ているようだった。
格闘家はいつの時代も貧乏だ。
基本的に私生活で格闘技は使わない。
逮捕されるからね。

腕だけ強くなった弟子は争いごとを起こして
師匠と流派に面倒をかける。
映画を見ていて思った。

日頃使わないけど、イザって時に使うのが武術。
学校で教わる勉強と同じ。
特殊な状況におかれないと使う機会がないもの。
しかし、心と体は健康に向かう。

そして、武術には大会がどうしても必要になるんだなとも感じた。
映画での格闘技は演技。
実際に使い物になるのは大会で競うしかないだなと感じた。



10年後に「食える仕事」「食えない仕事」
~グローバル化で職の72%は消える。


これ、確かに言えてる。
秋葉原で働いていた時は外国人との交流があったから知ってるけど、
外国と日本の国境が低くなっているから、
日本の強みを活かさないと、安い外国製品に負ける。
ディスプレイも、パソコンも、スマフォもね。

日高屋では中国人が普通に働いているし、松屋でも働いている。
中国人は戦後の日本人のように頑張ってくれる。
しかも、中国語ももちろん話せるから、
中国の富裕層が来店したら上客になってもらえる可能性が高まる。

元気がなくて、やる気も発想力もないくせに
金には汚い日本人を雇うより全然良い。
こういった、外国人を積極的に雇う企業は日に日に増えるだろう。

外国人は日本で働いた方が金はいいし、
好きな日本語が普通に学べる。
日本の企業は、外国人の接客を近隣国の人材に任せればいい。

そんな時代で、機械化も進む。
だから普通に働いても仕事がない時代がいずれ来る。
今おいしくない仕事は、いずれおいしくなくなる。

おいしくない仕事は誰もやりたがらない分だけライバルが減る。
おいしい仕事はライバルが減って競争が激化し利益が分散する。

おいしくなくても1対1で非効率なのを
1対多数で効率的に商売をすればおいしくもなる。
ネット通販が良い例だ。
人件費、土地代を浮かせる為に自宅で仕事。商品はネットで発送。

大企業は人件費がかかるから利益を得るように
値段設定をしなくてはならない。
オーダーメイドや、オリジナルアイテムはネットでしか買えない。

個人だから、特定の売れる商品だけを
大量注文して安値で売りさばく事もできる。

今の普通の労働スタイルが、未来では時代遅れの働き方になる。
そんな時代が目の前まで来ている。



【婚活】これが理系女子の婚活だ! 理系SNSで34の条件をクリアできる人を募集

自分は相手に見合うだけ優れた人間なのか?
もし、条件に合った相手がいたとして、
好きな見た目じゃなかったら?
とりあえず、そんな理想の高い机上の空論を
している時点で相手は寄ってこない。

現在、理想に近い男性がいたとして、
将来、リストラや鬱などで条件が変わった場合、
自分より優秀な相手を求めようとする奴は
他のもっと優れた相手を探そうとする。

相手だってそう。
良い人間ほど誘惑も多いから、自分に合った魅力的な
人が現れたら捨てられる可能性が高い。

他人を利用して自分より強くなろうとする奴は弱い人間。
相手が弱くなったら見捨てる人間。
本当に強い人間は相手に多くを求めず、
弱さや欠点をカバーする。

こうゆう、条件が厳しい完璧主義者と恋愛すると、
相手に多くを求めるだけサゲマンになりやすい。
一緒にいても息が詰まる。一緒にいても楽しくない。
家に帰りたくない。浮気されて離婚する。

条件を提示している現状のように、
相手がいない状況になっているのは、
結局は、相手ではなく、自分に問題がある。
本当に魅力がある人間なら、こんな事を
書いている前に結婚している。

恋愛なんて、好きになった相手が
好きになってくれるだけで十分。
これだけ人間がいる世界で、
特に、理性で生きている人間にとっては
人を好きになれるだけ奇跡。

恋愛は他人とするもの。
自分とまるっきり同じ考えの人間と恋愛するなら
人形やロボット、オナニーでいい。
自分との違いをいかに魅力としてとらえ、
理解するかで自分の成長とする。

恋愛をするって事は、子供も生まれる可能性がある。
自分の理想通りの子供に育たなかったら
子供を否定し、子供はトラウマを作る。
出来そこないの親から、出来そこないの子供が生まれる。
そもそも人間はみんな不完全。

正義だと思って逮捕しても、
相手は社会に虐められた弱者だったりする。
正義が悪で、悪が正義だったりする世界。
完璧を求めるからいろんな弊害が生まれる。

ブランド品に身を包んだって、
整形をしたって、中身がブサイクだったら
すぐに正体がバレて、周りに誰もいなくなるだろ?
チヤホヤされるのは、若いうちだけ、最初のうちだけ。

本当に好きな人と出会いたいなら、
自分が好きな事や興味のある事をやり続け、
いろんな人と仲良くする事だ。
それによって、自分が尊敬できる
相手と巡り逢うキッカケが増える。

こんな条件を提示しても、相手がまともな人間なら
寄ってくるどころか避けられてしまう。



何の為に生きてるか?
何の為に会社を経営しているのか?

会社を経営していて、何十億も爆発的に儲けたら?
急に何億円も手に入れたら人間はどうするのか?
そんなドキュメンタリー映画が見てみたい。

宝くじを買ってる会社員

金がないヤンキー

ひきこもり

パチンコ・スロットばかりしている若者

普通の女子中高生

そういった、金があるわけでもない人に
24時間(トイレや着替えや風呂を除く時間)を
カメラで1年間撮らせてもらったら1億円あげると
いう条件を提示する。金は前貸し。

カメラマンに暴力や撮影拒否をしてはならない。
もちろん、カメラマンが配慮にかけた行為をした場合は考慮する。
カメラマンとの会話や、おごったりするのは認める。
もし1年間に逃走したり、カメラマンに暴力などがあった場合、
1億円は返金する。
5年後にもどうなっているかを取材も必要。

人は何の為に生きているのか?
不自由がなくなり、自由になるだけの
有り余る金を手にした時、何に使うのか?
それをリアルな人間がどう使うのかが知りたい。



【ニコニコ動画】総統閣下に西川先生を見せてみた

ニコ動のマイリストに仕事しろ人生いろいろを追加した。

久方ぶりに西川先生でも見るか…と
思って検索したら傑作が見つかった。
俺が見つけた時はマイリストが
11件しかなかったのが信じられなかった。

Category: 私生活

Theme: 見てくれたらうれしいなぁ´∀`)

Genre: ブログ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks