死人 夢 生きる 幸せ エコ

 【 2012.09.08(土) 】

ペントハウス

ズーランダーのベン・スティラーが主役って事で、
死ぬ前にどうしても見ておきたかった作品。
いろいろ考え込まれてて良作でした。


クレヨンの王様

普通の恋愛ものの漫画かと思ったら良作でした。
養子になった3人の男と、女。
それに相続の権利がある父親の子(女)が
父が死んだ事で海外から帰ってくる話。
3人が守ってきた幼稚園はどうなるのか?



風邪をひいてから寝れるようになった。
体調は辛いけど、これは良い事だ。
腹も減りにくい。良い事だ。

しかし、毛がようのびる。
1日の大半を寝て過ごしているせいか、
日が経つのが早い。

すぐ具合が悪くなるから
半身浴で温めの風呂に入っているんだけど、
垢も出る。ビックリする。

そして、カビが生えた風呂場を見ていて思った。

心に抱いた事は、何かしら形になるものだなと。

生活に余裕がない。心に余裕がない。
そんな状態になってからゴミを捨てるのも
掃除するのも億劫になった。

ましてや、脳内で俺は自殺をして死んでいるし、
この家も火をつけてなくなっている。

こんな家なんかカビだらけになろうが、
ゴミで汚れようがどうだっていい。
大切にするような家具だってない。
そう。愛がないんだ。どうだっていいんだよ。
死のうが、失おうが、壊れようが、汚れようが。
その心が自分の世界の景色を変える。

思っている事は形になる。
夢を抱いているから、それが形になる。

金正日なんか死ねばいい。
ビンラディンなんか死ねばいい。
フセインなんか死んでしまえ。
ブッシュは馬鹿だ。
歩行者天国に車で突っ込め!
地下鉄に毒ガスをばら蒔け!
高速で電車を走らせて脱線すればいい!
ビルに旅客機で突っ込んで皆殺しだ!
原発は安全です!原発は安全です!
何年後かに宮城県沖地震が発生します!

想定できる事は発生する。
想定できない事だって発生する。

地球には何億人もいて、
そのうちの何割かは金持ちに生まれ、
何割かが一般家庭、何割かが貧困層として
生まれ育つ。

そして、何億分の1の人間が、何かで死んでは、
新たな人間が誕生している。

その死亡原因は病気かもしれないし、
貧困かもしれない。
事件、事故かもしれない。

道を歩いていたら看板が落ちてくるかもしれない。
信号待ちをしていたら車が突っ込んでくるかもしれない。

かもしれないで誰かが犠牲になるようになっている。
運命、宿命。

事故が多発する交差点。
元々問題があった場所なんだから
誰かが犠牲になって当然。
何も改善しなかったら事故は減るはずがない。

人生なんてそんなもの。
誰かが想像できるような事は、
何かしらでそれが形になる。

人の心、頭脳、思考。
それに動かされる肉体。
まあ、肉体しかないような人間も何割かいて、
そうゆう奴が大概は最初の犠牲者になる。

頭で考えて生きてない為、危険を回避するどころか、
それに興味を示して飛び込もうとするから。
虫は死にやすい分だけ、繁殖能力が高い。



宗教家に会ったら聞いてみたい事がある。

なぜ人々は平和を願うのに、
国々が人間として生活の保障をせず、
金に縛られるシステムのままでいるのか?

なぜ地球とゆう宇宙船の人口がこれだけあるのに
2人っ子政策のように、
何かしらの手を打たなくていいのか?

この世界は地獄に向かっているのか?
天国へ向かっているのか?

何の為に宗教をしている人は祈るんですか?
自分が、自分たちだけが幸せになる為ですか?
人々の為に祈ったぐらいで世界が幸せになってますか?

目に見えせず、存在を証明できない霊、神。
それで人を騙し、生活しているって、詐欺ではないのか?
それこそ神に罰っせられるんじゃないのか?



風邪が良くなってきたので図書館に本を返してきた。
そこでボーっと歩いていたら新築の家の屋根に
ソーラーパネルが設置してあった。
ダサい。
屋根の上にパネルが5枚ぐらい乗っかっている。
発電量的にさほど期待できないだろう。

そして何より、屋根の上に置いておけば
管理はしやすいだろうが、
将来の事を考えていないデザインだと感じた。

これから原発0に向け、自家発電が重要視される時代、
各々の家庭で自家発電をするのは必須課題になる。
そうなった場合、必然的に屋根は全面ソーラーパネルに
なるのが当然で、屋根で作業をする事を考えても
北側以外はソーラーパネルになる。

もちろん、今みたいに光沢があっては
ビルなどに反射して迷惑になるから
光沢はそのうちなくなり、
瓦のかわりにソーラーパネルとゆう時代が
遅かれ早かれくるだろう。

それが今、新築だと買った家には
もれなく、チョコンッとソーラーパネルが
乗っかった状態でついてくる。

「あら?お宅のソーラーパネル屋根に
乗っかっていて可愛いですわね?
あんなオモチャでどれぐらい発電できますの?
オホホホホ」と笑われるのが目に浮かぶようです。

それとは別の話になるけど、
家畜の糞尿で暖房とメタンガスの他に、
雑草もバイオ燃料にならないのかなあ?と考えていた。

雑草を集めて、発酵させてガスやら熱を
発生させてエネルギーにはできそう。
その後に熱を与えて肥料にするとか。

しかし、加工に手間がかかったり、
それだけのエネルギーを生むのに
量が必要になったりしそう。

せめて、大豆やトウモロコシみたいに、
雑草の葉っぱから燃料を作れたら
だいぶ環境問題は無理がないものに
なっていくのではないかと思うんだよね?

アルミ缶やペットボトルのリサイクル。
それと同じように、ゴミ同然のものを
有効活用する事によって無駄をなくす。

これから仕事で機械化が進んで、
ますます人は必要なくなるでしょう。
そうなったときに、夏場に雑草を刈らせて
それを燃料とすれば、街の美化にもなるし
雇用にもつながる。

こうゆう、鯛で海老を釣るような感じの
アイデアが当たり前に行われるようになれば
いいんだろうけどね?それがまだ理想段階だったり。

恵まれない国でも、水と土さえあれば土器が作れ、
石を加工して武器が作れるとか、
昔の人間だったら自給自足が出来たであろう
技術でもいい。

そんな、どこにでもあるようなものを
有効に使うことで金が稼げる技術が
増えればいいなあと思うわけですよ。



努力すれば努力しただけ虚しくなる。
何の為に頑張っているの?
自分の為?ただ生かされるだけの小銭の為?
人の為?どうでもいい他人の為?

学生達が将来何に使うかもわからない勉強を
覚えては社会の奴隷度を競っている。

世界は金で動いている。
だから金を持っている人間は正義のように扱われる。
果たしてそれが正しいのか?幸せの形なのか?

漫画を読んでいても疑問を感じる時がある。
恋愛で一喜一憂し、ハッピーエンド。
くだらない。
一生懸命に仕事をして偉くなる。
くだらない。
殺人犯と戦い、人々を守る。
くだらない。

たしかに、恋愛だけよりは仕事もある漫画、
それにバトルなんてあればスリリングだけど、
ぶっちゃけ異世界感。

ヒーローヒロインものって、何か違うんだよね。
現実味がなさすぎるっつーか、
親近感が持てないっつーか。

好きとか嫌いとか、動物みたいな恋愛は
世界観が狭く感じちゃうし、

仕事系の漫画は成功した先で何がしたいの?
もし失敗してリストラしたら漫画としてどうすんのさ?
みんなそう。
職場環境にしても現実味がない仲間たち。

なんか、こうさ。
テーマ性がさ。大事だよね?
それと、ストーリーはどこをラストに
もっていくかとか。

ドラゴンボールみたいに、
どんどん強くなっていくんだけど
結局、強い敵が現れて鍛えて勝つの
繰り返しみたいな感じになっちゃうと
見てる方もだらけちゃうからね?
オンラインゲームもそうだけど。

なんかさ、感じるのは、
結局、その先に何があるわけ?
って事なのかもしれない。

仕事をしました。偉くなりました。
で?
恋愛しました。結婚しました。
で?

めでたし めでたし。
で?

漫画を見る事で、その仕事って
どんな感じでやれば成功したり、
こうゆう事をして金を稼ぐなどの
情報を知る事ができるけど、

問題はゲームをクリアーした後どうすんの?
って話かもしれない。

永遠と同じような事を繰り返し、地位を築いて、
意志を継ぐ者が生まれるんだかどうか。

医療漫画で例えたら、名医を何百人も集めるより、
病人が生まれない生活環境の方が大切になってくるし、

コナンみたいな事件ものだって、
罰する立場の人間が増えるよりか、
犯罪者が生まれない社会作りのが大切になる。

凶悪犯だって、日本だけとか、
特定の個人だけとかじゃなく、
どうせやるなら全人類とかやるべきだ。
その、なぜ人類を消滅させるかって
大義に付き合う理由が
一般人も共感できる内容だと好ましい。

例えば、我が宗教の神のみが絶対の神であるとゆう
考えから宗教対立が生まれるのであれば、
どれか1つの宗教だけが本物って事で、
他の宗教はカルトって事になる。
神がついているなら負けるはずがない。
だったら他の宗教を全て敵とみなして全面戦争だとか。

ただ、DQNのように、
目の前にメスがいるから発情して、
オスがいたらケンカして、
金の為に仕事して老いて死ぬだけって、
人生でも、漫画にしても、
どうなんだろ?って思うんだよね。

そこに意義じゃないけど、目的ってか、
いいなと思える何かが、見た人に何か
ヒントになれば見た意味もあるのかもしれないな?



スーパーで買い物をしている時、
何も食べたいものがない。

あぁ…自分は死んでいるんだなぁ~と思う瞬間。

もう、他人にどう見られようと関係ない。
髭が生えていようが、
不細工だろうが、馬鹿だろうが。
だって死んでいるんだもの。

Category: 政治・社会

Theme: ひとりごと

Genre: 心と身体

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks