生きる意味 存在意義 人間の価値 金 貧乏

 【 2012.08.03(金) 】

とりあえず、今までの流れから。

宮城県沖地震で被災。
家と仕事がなくなる。

弟が借りてた家に住む。

秋葉で家具を買うなどして楽しむ。

金がないから警備の仕事を始める。

当月締めの来月払いの給料システムの為、
借金をしてなんとかしのぐ。

事件が多発し、節電の為過酷な労働環境で25時間拘束される現場。
10時に出勤、10時に帰宅。その日は休みで、また翌日の10時に出勤。
それを1ヶ月続けて約18万。
ビル側は出し惜しみ、派遣会社が更にピンハネ。
25時間働くからもう1つのバイトもできない。
だから2ヶ月で辞める。

次に働いたのは秋葉原の店。
やっと仕事も覚えてきた頃、4ヶ月で倒産。
ヤバイヤバイとは聞いていて、
手取り15万ぐらいでは生活も厳しいので夜勤のバイトも
4月10日から決まったところでの突然の倒産。
借金をしていて倒産の噂が流れると、取立てがうるさくなるから
ギリギリまで言えないようになっているらしい。

とりあえず、仕事も覚えていないうちから
朝と昼、24時間体制で働くのはキツいので、
仕事を覚えるまで夜勤1本で働く。
しかし、最初の1ヶ月間は研修として他のバイトとスケジュールを
合わせて研修を行う為、ほとんど働けなかった。

給料の〆日に全然働いていない。
そしてまたもや当月締めの来月払い。
つまり、3月は秋葉の給料があり、
4月は全然働いていなくて5月の〆日に給料が回る。
だから4月は給料がなし。
5月は〆日なので給料なし。
6月は4月~5月に研修で出た分の2万円ぐらい。
4月から仕事をはじめ、やっとまともに出たのが7月。

働いている人ならほとんどの人は経験があるだろうが、
20日締めの月末払いでも、生活をすると支払いなどで
結構キツい時がある。
それが来月に持ち越されるのはキツいどころではなく、
終わっている。

この5月、6月で2ヶ月で水道、ガス、電気、
借金、家賃、携帯を支払えず、7月~8月に止る。

滞納をしていると、手紙がくるんだが、
あれは支払い期限が設けられていて、
給料が出たら期日が切れてて支払えないものになっている為、
前の月の分だけ払いたくても払えない。
そして、払ったとしても次の月の分が請求がくる。

当月分の請求を払っているだけで精一杯なのに、
先々月、先月、当月分の請求なんて払えるはずがない。

働いているから、その間に雇用保険も受けれない。

働いても、その頑張りが給料として支払われるのは来月の末。
犬が頑張ったのを、2ヶ月たってから褒めるようなものだ。
頑張っている意味がない。

喉が荒れ、ポリープができ、咳込むようになった。
インカムで連絡を取り合うのに声が出ないのでは話にならず、
いつ家を追い出され、水道も止まり、電気もない。
飯を買う金もままならない。
そんな状況でまともに働けるはずがない。
本当に全てが馬鹿らしくなった。
人と関わりたくなくなった。だから夜勤も辞めた。

被災をしても、国は家主にしか権利を与えず、
家主だったババアは通帳を、金に汚い母に持っていかれた。
ババアは家族と喧嘩をしたくもなく、
自分で金の管理もできない馬鹿だから母に泣き寝入り。
その金は墓と家の購入費に充てられ、
家具のほとんどを失った俺には1円も入ってこない。

国なんて、請求は一人前にするくせに、
そういった支払いに関しては申告制にしていて、
わかっていても見て見ぬ振りをする。

生活保護とか、生活苦で県からとか金を借りれるみたいだが、
もうこんな糞みたいな日本て国なんか当てにできない。
政治家がまだまともだったら、今の役所のシステムは
もっとわかりやすいものだっただろう。

しかし、いまだに引っ越した後に、引っ越す前の役所に戻って
住民票を持ってこないといけないなど、
ゴミみたいなシステムのままだ。
まるで改善されていない。もはや期待などできない。

生活は諦め、国にも人にも頼らない。
仕事をしても報われない。
だったら自殺か?社会に復讐するか?
山にこもって自給自足をするか?

とりあえず、生きている事に意味などない。
命に価値などない。
才能があったらとっくに成功しているだろう?
見た目が良いならモテてるだろう?
今度こそ、次こそなんてない。今しかない。
今がダメなら、負けたら終わり。
それは死を意味する。ここは経済戦場。
金こそ全て。金はその人の価値。

通話ができなくなるアイフォンを売り、
回線のないパソコンも売った。
命に価値がない人間にとって、
持ち物は何の意味も持たない。
このブログでさえ、価値があるならコメントが付き、
もっとカウンターは増えているだろう?
意味なんてない。価値などない。

とりあえず、金を稼がなければいけない。
時と共に、生きるには金はかかるもの。
仕事を辞めてからパチ屋生活を始める。

ギャンブラーにとって、金は命そのもの。
まさに命がけ。負けたら自殺。
リスクがあるから燃えるもの。
自分を追い込まないとダメだ。
生きてる価値がないんだから、死んで当然。
ギャンブルは負けるようにできているんだから負けて当然。
しかし、勝たないといけない。
稼げなくても生きれない。負けても生きれない。
ならば勝つしかない。

働いた方が確実に稼げる。
しかし、それで幸せになれるなら、とっくになっているだろう?
ダメなんだよ。それではダメなんだよ。

死ぬか生きるか、殺すか殺されるか。
金がなければ家にも住めず、飯も食えない。
つまり、金は命。

仕事を辞めてから、パチ屋生活を送り、
漫画喫茶でブログを書いたりする生活を続け、
無料で動画が見れる、ピクションでカイジを見た。

いくつも共感出来る事がある。
カイジと同じような環境だから。
そしてもし、命や体の部位を賭けて何千万も儲けれるなら
俺も間違いなく賭けるだろう。
だって才能のない、こんな命なんていらないのだから。
もしも万が一にでも才能があるのであれば、
金とともに生きて帰還できるだろう。

王者には王者たる理由がある。
それだけの才能。
確実に勝つ為の、負けない法則を作り出す能力。

パチ屋で例えるなら、台の挙動を把握するのを前提として、
データの出る夕方から打ち始めるのは良い。

しかし、朝から並ぶとするなら前日までの出方を
調べておくのは最低条件として、
理想的には狙っている機種、
もしくは全台のデータを一週間とっておき、
店の設定の入れるパターンを見出してから並ぶべきだ。

ちなみに、今行っている店は300回転ぐらい
ハマった台のデータは消して、店の収益にする。
まあ、基本的に前日のデータは消す。
そして、据え置き台を多様する。

回っていないデータ&出し尽くした台だから、
高設定でも朝から2万円ぐらいハマる。
低設定ならそのまま飲まれ、中間設定なら突っ込んだ分だけ戻り、
高設定ならそこからやっと出る。
まさにギャンブル。

そして、高設定さえ入れなければ、店側は確実に勝てる。
だから基本的に入れようとしない。
出さないと客が飛ぶから、一応気持ち程度に入れておくぐらい。
2万円ぐらい入れて、2万円以上出てたら
見てた客は出ているように錯覚するだろう。

しかし、実際は入れたら出しただけの貯金箱。
中間設定の辞め時をミスった台と、
たまに入っている低設定で店は経営できる。

誰も高設定が入っていますなんて告知していないんだから、
店側は高設定なんていれる義理はない。
だから、基本的には朝から並ぶと負ける。
並ぶとしても、前日の据え置き狙いで、
前日の終わり頃に流れが良くなってきた台をハイエナ。
夕方は高設定っぽい、中間設定のハマリ台をハイエナ。
つまりハイエナ。

まあ、PIAなんだけどね?
設定師がいないんじゃないかってぐらい据え置き台ばかり。

平日はほとんど高設定は入っていない。
平日に回収して、土日に高設定を入れる。
来客が多く、稼働が期待できる土日に設定を入れる事で、
いかにも出す店のように見せ、人気を維持させている。

新台入替の前後と月末の回収は悪質で、
300台ぐらいスロットがあって、
出てる台が3~5台ぐらいしかなかった。
これではどこで打っても勝てるはずがない。

イベントは無視。祝日以外は設定は平日と同じ。
ジャグラーイベントだろうが、海イベントだろうが、
設定は入っていない。

釘は絞めれるだけ締めたままで、
大当たり確率が100分の1だろうが、
回せば回すだけ持ち玉が減るようになっている。
保留0~2がデフォルト。

高設定で万枚はたまにあるけど、
高設定は15台ぐらいに1台しか入れなくて、
客の目につきやすい台にばかり、カド台、カド2に
入れたと思ったら、奥の台ばかり入れだしたり、
新台は回さずに高設定が1台、低設定2台、中間設定3台とか。
回ってないから朝から並んだ人は全滅。
据え置きか?と思っていたら、高設定の半分だけ設定変更したり。
そんな設定の入れ方をするから、朝から並んでも全然勝てない。

だから、この場合の王者の法則は夕方から高設定のハマリ台狙い。
昼からだと、朝から入れた分を出す可能性が高く、
夕方16時ぐらいは仕事終わりに来る客も少ないだろうし狙い目。
できれば、いつ当たり出すかわからないから
19時半以降は打ち始めないようにしたい。

夕方ハイエナなら、毎日1万円ぐらいは稼げるだろう。
しかし、そこに奇跡なんてない。全ては必然。
出したらハマる。
ハマった後に大当たりがハマッた分だけ含まれているにすぎない。
プレミア演出も、複数をARTで放出させる演出にすぎない。
8000分の1?あんなものは8000分の1ではない。

今のART機は高確の概念があり、その高確率の時に
ボーナスやARTとしてメダルを出す仕組み。
だから、高確状態にあり、出すだけ入っていれば、
プレミアが出る。
これはもちろん、出す気のない低設定では引けない演出。
仮に引けたとしても、放出量がないわけだから、
普通のARTと同様にショボ連、
もしくは、その後にボーナスがからまないなど、
しょぼい出玉数で終わる。

だから、奇跡なんてない。
高設定は客寄せパンダ。
この店は出ますよ!次は貴方も!
そうして勝ったら負けるまでやって、
負けたら挽回しようとして負ける。

出しても、出さなくても、店に利用される。
どこに設定を入れるかなんて店次第。
全台入っていない事だってある。
店のおこぼれ、他人のおこぼれを
貰って暮らす乞食達は、それでは食えない。

しかし、店が15台に1台設定を入れていたとしても、
金のない暇人は稼ぎにくる。
バイトをした方が確実に勝てるのに。
土曜日に並んだメンバーが全員いない日曜日に並ぶメンバー。
おかしいと思わないといけない。
土曜に朝から並んだ人達が、勝っていたなら日曜も並ぶ。
そんな店では打たないほうがいい。

入れた分だけ出す貯金箱では打つ意味がない。
入れたら増える貯金箱だからこそ打つ意味がある。
負け戦ほど面白いのは、最後に勝つから。
負け戦で負けたら目も当てれないし、面白くもなんともない。
当たりもせず、糞みたいな演出を見せられ、何万円も負ける。

当たらないから、当たりやすい打ち方を忘れてぶん回した結果、
捨てて休ませた台が数回転で当たって、
自分が入れた分を他人に取られるとか、
そんな事の為に外で並んでたわけではないだろう?

ハイリスク、ローリターンすぎる。
こんななら、10万円を軍資金としたなら、
競馬で5万円を荒れにくいレースに出る、
能力が頭1つ出た本命馬に賭け、2倍ぐらいに増やし、
もし負けたとしてももう1度チャンスを
残すようにしておくやりの方が勝てる。

もし奇跡的に2日連続で万枚を出し、
40万円を手にしたとしても、その金で何に使うのか?
どうせ、金を返して、服を買い、飲み食いして、
また勝とうと打ちに行くだけの金だろう?
40万なんて金は借金をしたらなんとか借りれる金、
働いていたら2ヶ月で稼げる金。
ただ、支出が多いだけで、多いようにして意外と多くない。

例えるなら、1人暮らしで手取り20万円、
生活費を引くと食費に5万円って生活。
それに対し、家賃などの支払いがない実家暮らしで20万円、
貯金が毎月15万円。
同じ20万円でも、支出がどれだけあるかで
全然変わっているだけ。
託児所に預けずに、お婆さん、お爺さんに
任せてれば金はかからない。

甘えれる時は甘え、協力し合うのが大人であり、
人間関係ってものだ。
一人で何でもできるってのなら会社なんて必要ない。
そして、不景気の現代において、
一人暮らしは親に恵まれず、人と協調性がなく、
地域性のない会社に勤めている貧乏人ぐらいだ。
金が有り余ってるなら、同じ一人暮らしでも
良い家に暮らしている。
身よりもないくせに、1人暮らしをするから
ますます金がなくなる。

恋人を作って、家賃を割り勘にすれば、
5万円が2万5千円の負担に減る。それが毎月。
1ヶ月2万5千円。2ヶ月5万円。1年で30万円。
家賃だけでこれだけ変わる。
それに2人でうかせる事ができる食費、水道、電気代。
煙草、酒をやってるやっていないかでもかなり変わる。
それと車を持っているか持っていないか。

金がなくなって知るのは、先払い制が安心だって事。
月額料は、さほど高くないように見せかけて、
使っても、使わなくても毎月金を取られる分だけ逆に高くつき、
毎月支払う料金も、
毎月同じ給料で、毎月同じ支払い額ならいいものの、
給料が多い月もあれば、少ない月もあり、
税金とか、わけのわからない支出が
1年分まとめて請求される事もあり、
そうなると滞り、生活が厳しくなる。
毎月、いくら生活費に余裕があり、月額料の契約をすると、
その生活費がいくら減るのかと考えないといけない。

それに比べ、先払いは金に余裕がある時に払えばいいだけ。
全ての携帯料金や、水道代、電気代なども
通販やウエブマネーのように、先払い制にすればいいのにと感じる。
それなら、客に延滞され、未払いになる可能性はなくなる。
客も支払いが容易になる。

不景気な時代、料金の滞納なんて普通の出来事だろうし、
いつ会社が倒産してもおかしくない。
そうなった時に、誰しもが底辺の生活に落ちるわけだ。

そう。底辺なんだよ。
パチンコで何十万円勝とうが、生活がまともに出来ていようが。
クズは一生クズのまま。

パチ屋にいてホント思う。
クズが集まる老人ホームだって。
コミュ障、人から嫌われそうな人、DQN、
暇を持て余した老人。
もちろん、まともな人もいる訳だけど、少数。
そして、異常なまでの喫煙率。
依存症&頭に血が回ってないなぁ~と思う人ばっか。

違う意味で頭に血が上っている人がいるけど、
あれも脳の機能が低下している証拠。
負けるなら、嫌なら辞めれば良い。
辞めれないぐらいまでやってしまった時点でドツボ。
傷口は小さい方うちに辞めた方がいい。
潮時を見誤るのは勝負師として1番最低の行為だ。

昔の話をするけど、4号機の時代にも
スロで生活していた時期があって、
働くより金が良いからやってたわけだけど、
金の為に金を使い、何の為に金を稼いでいるか
わからなくなったから辞めたわけだけど、
実際問題、人と関わる仕事なんかしたくない。
特に、客と1対1になる仕事。
老人ホームみたいに、金のある老人を相手にするならいい。

しかし、飲み屋で頭の悪い客の愚痴を聞いても
店として全然利益にならない。
大概、そんな頭の悪い人間は金を持っていないからだ。
アイドルじゃないが、1対多数を相手に、
多売しないと今の時代は利益が上がらない。
不景気な現代では、海外も視野に入れてやらないようでは
いつまでたっても貧乏なままだ。

しかし、俺が目指すはそうやって、海外でも有名になって、
金を儲けている人間ではない。

政治家になって先生って言われて金儲けをしたいとか、
会社の幹部になりたいとか、金持ちになりたいとか、
人それぞれの成功の形があるだろうけど、
例えて言うなら、目の前にドカッと10億円があったら
どんな生活をするのかって話。

車はスポーツカーがほしいけど、特別大切にする気はないし、
家だって立派な必要もない。
パソコンはそこそこの性能さえあれば十分。
衣類なんて、クズが着飾ったところで豚に真珠。
じゃあ、その金は何に使うんだよって話。

それが自分の最終目標になる生き方。
必要がないぐらい金があるのにパチ屋にいくのか?
ブラック企業で無理して働き続けるのか?
金があるのに外にも出ず、いつサービスが終了するかもわからない
オンラインゲームばかりしてるのか?
金目的で体を売る売春婦としか恋愛できないのか?

結局は、個々が何にコンプレックスを持ち、
快楽を覚えるかって事になってくる。
人それぞれの人生の勝ち方。

貧乏でも歌っていれれば幸せかもしれない。
金持ちじゃなくても、家族と平和に暮らせればいいのかもしれない。
ずっと仕事ばかりの人生でも幸せなのかもしれない。

俺の幸せは、俺を好きでいてくれる人と、
子供と一緒に暮らす事だった。
こうやって一人でいる時点で気楽なのはあるが、
一人でいると、どうしても存在価値が
金のみの評価になってしまいがちになる。

生きている事を唯一許してくれる存在が恋人であり、
進化と未来が子供。
何億人もいる中から、自分に合った人を見つけ出すのは
凄く大変で、自分が好きになっても
相手から好かれる可能性は低い。
それも、一生付き合うほどの相性だ。

金で人を評価する時代、仕事で評価する時代、
経済力が関係ない学生のうちから付き合っていればいいが、
社会に出てからとなると、個人だけではなく、
会社もワンセットで評価となる。
なかなか難しいものです。

まして、自分に自信を持っている人なら
好きな相手に積極的にアプローチするだろうが、
自分の評価が最低基準にある自分にとって、
自分からアプローチして、一緒にいてもらう事は
すなわち、相手を不幸にする事。
不幸を超えるだけ俺を好きで
仕方がない人でなくてはならない。

存在意義のない人間に
そんな相手などいるわけもなく、
終りを迎えるわけだが、

先に書いた通り、金に関しては
飲み食いしてパソコンをするぐらいなので、
基本的に使い道がない。
金なんかいらんのだ。

料金を滞納してみてわかったのは、
シャワーは満喫で、パソコンも満喫で、
洗濯はコインランドリーで事足りる。
携帯の充電も満喫でできるだろう。
これだけの事をすれば、満喫の料金は安いものかもしれないが、
普通に月額料を払ったほうが安いのも事実。

しかし、なんだかんだで多少の金さえあれば
人間は生きれるんだとわかった。
家だって、テントさえ買っておけば、
蚊も雨風もしのげる。

人々は貧しさを恐れ、毎朝通勤し、
学校に通学に行くだろう?
しかし、テントと小銭があれば生きれるんだ。
畑や釣りの出来る場所に住んでれば、
その小銭も更に少額で事足りる。

生きるって大変だ。
パンもアイスもジュースも130円ぐらいする時代、
100円が相場だった時に比べ、給料はそれだけ
多く支払われるようになっているのか?
そうではないだろう?
給料はバブルの時代から徐々に下がってるはずだ。

地位が固まった人間は何不自由ない生活ができるだろう。
しかし、20歳から40歳までの人間は大変な時代だ。
それこそ会社に人生を左右される。

歌や漫画などは個人の能力に依存し、
経費をかけずに発表できるが、
物を販売する場合、開発して、商標やら特許やらを取得し、
製造して、販売しなくてはならない。
1人で何とかできるレベルではない。
だから会社って団体に所属する事になるわけだが、
それだけ分け前も減る。

経済戦争で戦う、部隊が会社。
契約と言う奴隷制度。
働いても働いても金がない。
そこで必要になってくるのが、
何の為に生き、何の為に今の会社で働き、
何の為に金を稼ぐのか?
遅かれ早かれ皆死ぬ。
その時まで自分なりの幸せと意味を掴む為に。

経済戦争に、他人に負けて、
これ以上苦しみを増やさない為に
自殺をするのもよし。

他人を蹴落とし、金と地位を得てもよし。

エコライフをしてもよし。

人から奪って自分の物にしてもよし。

犯罪者や障害者の生活は保証する。
しかし、心に問題を抱えた健康な人の生活は保証しない。
そんな日本の制度だから、何をしても自由なはずだ。
体が健康なら生活の保証がなされないんだから、
人を殺して金を奪おうが、誰も責めれない。
自殺をしても誰も責めれない。
責めれたとしたら、その人に生きる希望が持てるだけの
支援をした人だけだから。

これだけいる人間の中で、
1人がいなくなったって誰も困らない。
最初は悲しむかもしれないが、次第に忘れる。
いなくても大丈夫だったんだと気づく。
人間なんてそんなもの。
命に価値などない。

神がいるとしたら、自分と同じ姿をしているはずだ。
この世界は自分の世界。
他人の物ではない。
自分が死んだらそれでゲームオーバー。
好きにしていいんだよ。
貧乏だろうが、犯罪者だろうが、
いじめられようが、この世は自由だ。

Category: 政治・社会

Theme: 生きること

Genre: 心と身体

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks