ジャグラー 大当たり確率 攻略 打ち方 パチスロ 

 【 2012.07.23(Mon) 】



↑ジャグラーのデータ。

打ってて思うのは、本当に設定判別が難しい。
朝一に連チャンをしていて高設定か?と思いきや、
ハマリだしたら結婚した後の女かっ!?ってぐらい豹変する。

そこで思ったのが、前日のハマリに対して
どれだけ放出したかで判断する方法。
ジャグラーは前日の最後の流れのままで
次の日の朝もいる可能性が高かったりするので、
連チャン中は低設定でも連チャンするし、
状態が悪い状態で捨てられてたら
高設定でも朝からハマったりする。

前日800回転ハマって1BIGと1REGとかで終わってたりすると、
朝一にBIG分(200×4)で、あと3連ぐらい出てもおかしくない。
しかし、それ以下だったり、連チャンが勢いよくしないようだと
中間設定以下を疑っていい。
高設定なら前日の分関係なしにペカペカ光るはず。

で、BIGは160回転ぐらい、REGは70回転ぐらいで
なくなってしまうので、
その間にどれだけ早引きするかで
メダルが増えるかって事になる。

早く引いたREGは増加枚数だが、
増えないREGは機械割の頭打ちか、
ハマリ防止役か、
回転数をメダルを減らさずに回す為の役。
そこを見極めないとヤメ時を誤る。

設定5・6なら1日打ってもいいけど、
3・4とわかったら入れた分だけ出したら
無理せず辞めた方がいい。

100回転までに当たるかもしれない。
130回転までに当たるかもしれない。
160回転ぐらいで当たるかもしれないと言っていたら
1BIG分(6000円)も飲まれてしまう。

機械割を考えたら、100回転
(約2000円~4000円)を投資する意味はあるのか?
入れた分以上出す確信がないなら無理せず辞めていい。
中間設定だとわかっていたならば。

その後に増えたとしても、ハマった分の反動だったり、
大当たり後に回したらなくなる程度だったり、
引きが強いだけだったり、いろんな要因が考えられる。

そして、確率論であるのが、良い時の流れと、
悪い時の流れのバイオリズム。
悪い時はハマった後にまたハマったりする。
良い時は入れた分以上出す。
しかし確率は300分の1だったら300分の1。
何万回転も回せば300分の1になる。

そこであるのが入れた分だけ出した後に、
良い流れのまま後回収で連チャンするパターン。
確率論の基本は400回転回せば、
200分の1のボーナスが2回くるわけだけど、
それが4回きたりする。
じゃあその2回は?ってなった時に
この後に400回転以上ハマって回収するわけ。

だから、連チャンした後に600ハマったから
次は3連するか?と言われたら、
400回転分を先に出してるから単発で終わるわけ。
なので、連チャンした後のハマリは、その分出すわけではなく、
先にその分が放出されたのを疑った方がいい場合もある。

で、同じ200分の1の大当たり確率でも、
機械割が100%と、110%では違う事も覚えておいた方がいい。
機械割100%の200分の1はいつまでたっても200分の1だが、
110%だと、回せば回す程、大当たり確率は短くなる。
100回転で10%増加、1000回転で100%増加。

その逆もしかり。
低設定だと600分の1とか800分の1みたいになる。
同じ200分の1だとしても、
200分の199を引き続ける事なんて
いくらでもあるわけで、
その199に偏らない打ち方をしなくてはならない。

よくあるのが、台を休ませたらすぐ当たったパターン。
あれは、大当たり確率的にすでに当たっていて
おかしくないのにもかかわらず、
ずっと回していた事で199に偏っていた為に、
200分の1が当たらなかった状態。
台を休ませて、偏りを断ち切ってあげた事で
確率通りに当たっただけにすぎない。

じゃあ毎回台を休ませるのか?って話になるので、
ボナが重いなと思ったら、
MAXBETまで10秒ぐらい間をあけて
あげると意外と当たる。
これは中間設定の大当たり周期に近いせいかもしれないし、
確率を断ち切ってあげたせいかはよくわからないが、
回せば当たるだろうって考えでは危険だよって話。

Category: ゲーム

Theme: パチンコ・パチスロ日記

Genre: ギャンブル

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks