ウイニングポスト7 2008 ダビつく 競馬ゲーム

 【 2011.11.21(Mon) 】

ウイニングポスト7 マキシマム2008のエキスパートモードの
難易度が高すぎて、名馬が全然有名ではない馬に普通に負けて、
現実離れしすぎていました。

ウイニングポスト7は所有馬が成長するから、ハードで調度良いのかな?
成長がないならノーマルで調度いいのかもしれないけどね?

所有馬成長機能があるから晩成馬が史実馬に勝てたりするんだけど、
正直、いらない。
成長のON・OFF機能があってもいいと思うんだ。

エキスパートをしていて感じた事は、ジョッキーの能力と、
馬の能力がMAXの状態で100%勝てるって事で、

海外レースでジョッキーに海外遠征がない、大レースがない、
馬に精神力がない、海外遠征がないなど、
能力が不足すればするほどマイナス値が増える。

ダビつくもそんな傾向があり、ウイニングポストはマイナス要因で
基本能力値が引かれて変な負け方をしやすいのに対し、
ダビつくは能力減少はあるものの、ウイニングポストほどではなく、
マイナス要因の発動率が格段に上がる印象。

だからダビつくはマイナス要因が
発動するかしないかで勝てたり負けたりする。

勝ち負けにはもちろん、展開とかの要因もからむけど、
基本的には他馬に対して、何%の力を発揮できる状態かどうか。
精神だったり、知能が高ければ、馬群にかかったり、
馬群を避けやすくもなるし、変なペースで走ったりもしにくくなる。

直線で減速するのは、パワー不足で坂でスピードとスタミナが削られるとか、
勝負根性やスタミナが、直線距離やレースの展開でなくなったり、
何かしらの要因が考えられる。

馬の能力は生まれた時点で決まってしまうので、
右回りが不得意な馬なら左回りの競馬場を選んであげるとか、
パワーがない馬は坂のないコースを選んであげるとか、
極力、マイナス要因を減らせるように指示してあげたい。

現実は上限値とか、数値的な要因がないから、
ナリブーみたいに1200m~3200mまで走れちゃう馬とか、
セクレタリアトみたいにスピードやスタミナとかの概念がないような
馬が誕生する可能性が生まれる可能性だってあるから
いかにプラス要因を増やしていくかなんだけど、
ゲームは上限があるからねw

もしかすると、勝負根性(スタミナ)なり、スピード値は
対戦用にグラフよりも200%ぐらいまで
オーバー分があるかもしれないけど、
精神や知能、健康等は100が限界値で問題ないから上限があるはず。

調子、疲労、乗換え、コース適正、馬場適正、
レース展開、指示に対して直線距離、斤量、
相手の強さ、馬とジョッキーの能力、
枠に対してどう指示を出せば直線で内外を抜けやすくなるかなど、
いろんな要因を計算して、勝率が上がればと思います。

Category: ゲーム

Theme: 競馬ゲーム

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks