AVA FPS クロスヘア 

 【 2011.11.16(水) 】

OTs-14 Groza強すぎワロタってな事でFPSの話。
グローザがなぜ強いかって、防具貫通性能があるのと、
集弾性と連射性能。これに勝てる性能はなかなかない。

現在のPCゲーのFPSはマップが狭く、正面で戦う場面が
当たり前にあるので、ガチで打ち合った時に打ち勝つのは重要。

そこでヘッドショットに当るか当らないかが発生してくる。
ヘッドショットは頭の一部なので、狙って当るか当らないかは
運の要素が出てくる。



例えば上の画像のように、頭に標準を合わせても、
緑のクロスヘアの中の中央に飛ぶ確率はかなり低い。



同じ標準でも、至近距離ならこれだけ頭に当てられる。
距離が近いほど命中率は上がり、
頭に合わせるテクニックと反射神経に依存する。

ショットガンは近距離、
アサルトライフルは近距離と中距離、
スナイパーライフルは近距離と中距離と遠距離の向けの武器。
あれ?スナイパーライフルって近距離もいけちゃうの?
慣れればいけるんです。
撃つ瞬間に右クリックするだけで、相手を1撃で倒せるようになるので、
下手にアサルトで何発も当てて倒すよりも楽だったり。

FPSはアサルトに始まり、アサルトに終わる。
どのFPSもスナイパーライフルのみが最強だったりするが、
スナが硬すぎるゲームはクソゲーとなる一つの基準になる。

大概のゲームは直線の長い侵入ルートが3本ぐらいある。
そこにプレイヤーが6人いたら、2人構えでスナイパーを置けてしまう。
ヘッドショットを当てても死なない、胴撃ちで倒すのに
2秒ぐらいかかってしまうとアサルトでは前に出れなくなってしまい、
スナゲーとなる。

アサルトの威力が弱いと、せっかく裏どりをしても、
一人を倒す前に複数人に気付かれ、撃たれて負ける事だってある。
だからこそアサルトでの戦闘がゲームバランス上大切になる。
まあ、男ならショットガンですがね。

そこで、グローザ、FGの存在。
昔のアサルトは威力が低く、相手を倒すのに時間がかかったが、
グローザの防具貫通、FGの威力で修正。
新しい武器は全体的に標準が小さく、ブレも小さい。
しかし、旧武器を強化せず、新武器で修正を行った為、
過去武器が弱くて使い物にならない状態に。

課金武器が強くて過去武器が弱いって、
完全に運営寄りのゲームですよね。
もっとこの武器は性能いいだろって、
現実から離れすぎた性能になっています。

リアルな性能を追求するなら、実際の性能に近づけるべきだし、
ゲームなら、どの武器も精度や反動や攻撃力等で計算したら
プラスマイナスが0に近づくように性能を一定にしなくてはならない。
強い武器だからと、皆が同じ武器ばかり使っている
状況はおかしいと思わないといけないのだ。

追記。
精密は静止時の精度。 安定は標準の広がり度。
遠距離を狙う意味で精密は60オーバー、
安定は50オーバーはほしいところ。
移動中に標準が広がるから安定は大事。
威力を重視するなら40ぐらい、
連射性能を重視するなら60ぐらいは欲しいところ。

改造時の精密、安定重視改造で良さげな銃。     
   威力 精度 安定 連射
G36 36 72 55 50
グローザ 38 76 54 65
AK47MK3 40 76 50 42
F2000 38 68 69 45
R4 35 82 63 52
k2 39 75 61 46
SG556 42 87 44 53
MK416 38 66 60 66

しかし、AVAの数値は偽装表示なので、参考程度。

Category: ゲーム

Theme: Alliance of Valiant Arms

Genre: オンラインゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks