2011.05.20(Fri):私生活
朝までブログを書いてから7時に迎えにいく。
凄い出勤ラッシュでした。
なんで皆同じ時間に出勤するん?って思った。
会社毎に30分~1時間とかズラせばいいのに。

親友を家まで案内し、ちょっとパソコンをしてから仮眠をとる。
12時になり、パソコンをつけてイジってから13時半に出発。
予定の時間ギリギリに着きました。

2人で最長のコースで指名でやってもらいました。
久方ぶりにフットリフレ。
この店に来た当初にやってもらっていた人にやっと当りました。

フィットネスクラブで体を動かすようになってから
フットリフレを強くしてくれるメイドさんに当らず、
来店3連続の痛みは一体なんだったのかと思っていました。

久方ぶりにやってもらうと、
やはり握力が強く、ゴリゴリと凝っている場所を刺激してくれました。
しかし、来た当初の痛みはなく、
逆に、やってもらっている感じがあるぐらい調度良かった。

以前から良い人だったのはわかっていて、
ブログとかもちゃんとやっている人なので、好感が持てる人です。
すごく話しが盛り上がりました。

隣は、気持ち良いとか言ってみたり、
くすぐったいと言ってみたり、痛いと言ってみたり、
めんどくさい奴だなとw
こっちが盛り上がっているのに対し、
隣は初めてで緊張しているのか、シーンとしてました。

それから、親友は引き続き同じ人で、
うちはいつもの子に変わってもらい、耳かきとマッサージ。

まず、俺が読んで良いと思った、ゾーンに入る技術って本をあげる。
来る途中の電車で親友に読ませたけど、凄く気にいっていました。

前回の会話の時に、人の前に出るみたいな、
忙しい&緊張する事があるような事を言っていたので、
少しでも勉強になる事でもあればと。

本を渡し、気付いたんだけど、凄く痩せていた。
すぐに心配しました。

話をすると、忙しかったらしく、
元々小食だったのが、食べたくないとか、
食べれない事があったそうな。

1週間で3キロ減っていたらしく、マジで心配した。
真面目な子で、悩みなどを内に閉まってしまうし、
忙しいのと、環境の変化などで、急激に痩せたんだと思う。

まあ、他人でも心配はするけど、自分が大切だと
思える人なら、それだけ心配にもなる。

そして、自分にとって大切な人だからと本気で心配したら、
相手も、これだけプレゼントをくれたり、
想ってくれる人は今までいなかったから、
どうしたらいいかわからないけどと言っていたが、

今まで彼女がこの店に来るまでにどんな生き方をしてきたか、
そして、今や、これからの状況などを少し話してもらえた。
少し彼女を知れた感じがした。

良い子だなと思っていたけど、昔、巫女をしていたらしい。
コスプレって意味ではなく、神道って意味で興味があるらしい。
学校では、芸術方面で、
物質・学歴世代の親とも不仲ってのも聞いていて、
環境は違くとも、俺と似ている所を感じた。

俺も、無宗教ではあるけど、
生きている上で、何の為に生まれ、何の為に生きているのかを
考える上で、神って存在はいつも隣にいる。
そして死神も。
こんなに苦しんで生きているのに、なぜ殺さずに
生かされているのか?

うちは、ババアも、その娘の従兄弟のおばちゃんも
昔から宗教を信仰していて、
何か悩み事があったら、自分で改善しようと努力もせず、
ドラエモンに頼むかのように拝んでいて、
状況が改善されるわけもなく、悪化させているのを見ていたから
反面教師のように、神に信仰をしなくなった反面、
拝んだりしなくても、神を感じれるようにはなった。

拝んで呪文を唱える行為が重要なのではなく、
今の自分は何を悩み、何を願い、
どうすればいいのかを考え、心を整理をする時間を設ける事と、

先祖が生き抜いてきた打開の仕方を血や魂で感じたり、
選択肢やヒントを与え、それに自分と言う存在がどう答えを出すか。

まあ、難しく考える事はない。
何で生きて、何で他人がいるか、
地球も、宇宙も、人間も、動物も全て神が創ったものだから、
その謎解きをするだけの事。
数学、科学、心、神道、人道、
そして、言語を通じ、俺から経験や考えを伝える、このブログも
同じ悩みを持つ人への何かのヒントかもしれない。

そんな、神に興味がある彼女と、俺の関係は、
通じる所があるから、成長する為のヒントとゆうか、
キッカケを出し合えるのかもしれない。

そして、ずっと18~20歳ぐらいの
大学生辺りだと思っていた彼女は、
全然もっと上の年齢でビックリした。

当日の朝も、好きでいつも見に行く生主さんも、
18歳ぐらいだと思っていたら、実は36歳だと言っていたのに
凄くビックリしていたところだった。
人は本当に見た目ではわからんわ(´・ω・`)

時間はあっとゆう間に過ぎましたが、
いつもよりも内容の濃い時間が過ごせました。

耳かき&マッサージの内容としては、
痩せたから彼女の膝枕が固くなった事と、
フ~って息を3回づつやってもらえた事。
(通常は1~2回。)丁寧にやってもらえた。

マッサージは、俺の体が硬くなっていたぐらい。
パソコンをやりすぎたせいか?

この後、親友と俺は思い出にペアずつチェキを撮りました。

その後、チェキにポスカでカキカキをして、
今までで一番綺麗に描けた気がします。
彼女にとっての初めてのチェキ描きは俺だったらしく、
俺だけでもこれで4枚目。
さすがに慣れてきたような気がします。

描きながら最後に言われて心にきた言葉。

就職したら、自分がちゃんと納得できる仕事について、
中途半端な事をしてたら怒るよ?

それと、無理しすぎても怒るからね?

こんな事、大切な友達とか、妹ぐらいにしか
言わないんだからねと。

怒られるのか・・・(´・ω・`)やだお・・・

そこで、自分が気をつける事を念を押された気がしました。

悪い事ではないし、自分でも注意しようと思っていた事でもあったので、
一生気をつけようと心に刻みました。

そして、電車で帰りながら考えていた。

怒るって事は、彼女は半分怒って、半分悲しむんだろうな・・・と。

ずっと彼女もなく、彼女がいたとしても、
ここまで心が通じる相手と付き合った事はなかった。
プレゼントをして、初めてこんなに喜んでもらえた事もなかった。

母親は小さい頃に家を出て行くし、
父親は仕事ばっかで家にいた記憶は少ないし、
育てられた父方のババアとジジイの家では、
ジジイが酒乱だし、ババアは頭が悪いから
ババアが毎晩、ジジイが怒るような事を言い、喧嘩をしていたし、

親が面倒を見るべきなのに、ジジイとババアが
なんで面倒を見なくてはならないんだと、
俺に当られる事もあった。
出て行け!お前みたいな奴いらないから!
ってのは普通にあったが、慣れた。

成長してからは、あまりクドイと
暴行事件にならない程度にやっつけてたけど。
多少の怪我をしても、酒を飲んでて次の日には記憶ないし。

父親が再婚した相手は金に汚くて、性格もキツい。
母は、ジジイとババアと喧嘩して、父母は出て行ったし。
そんな再婚相手と一緒にいたくないから
ジジババの家でずっと暮らしていたけど、

そんな、家族愛?愛って何や?って
環境で育ち、父親みたいに仕事ばかりやって
家庭を疎かにして、離婚するような事はしたくないと思っていたら、
恋愛は良い相手に巡り合えず、この年齢になった。

俺は見る目があるんだか、無いんだか、
男癖が悪い女ばかりだった。
だらしないって言うか、警戒心がないと言うか。

動物的に種の保存を考えたら、男癖が悪い女は
良い女って事になるんだろうけど、
相手が誰でもいいなら結婚なんて意味ないんだよね?

この状況になったら痴漢をされ、どう抵抗するべきかとか、
彼がこの状況を知ったら、どんな気持ちになるかとか、
想像力がなさすぎて疲れた。

そんな、苦しい恋愛の辺りでリストカットもしてたし、
(切っても意味が無いし、職場の目も気になったので、
その頃から献血を始めた経緯がある。)
年齢が年齢になって、もう少し我慢をしていたら
独身のまま死ぬんだろうなと思っていたこの頃。

津波の被害に遭って、千葉に来て、
好きな電気とアニメ、メイドの街、秋葉原に行き、

絵→ゲーム→パチ・スロ→パソコンで万年肩こりの
不健康な俺が行った場所に、
たまたま出勤じゃない日に呼び出されて出勤していたのが彼女。

津波で仕事も家も失い、国からの支援もない状態で、
今後どうしようか悩み、死んだ方が良かったと思っていた中、
生きる意味とか、幸せ、面白い事、愛など、
いろいろ考えるキッカケをもらい、元気になってきた。

5度の震度6を経験し、津波被害を経験し、
仕事と家を失い、人にとって生きる為に必要な事を
シンプルに考えれるキッカケをもらっている気もするし、

結婚するなら、絶対に相手に迷惑をかけたくないので、
生活に余裕がないと無理だと思っていた所、
0からスタートって状況になって、そんな事を言ってたら
結婚なんか一生できない状況になり、
一緒に家庭を築ける相手と結婚しろと言われている気がした。

以前いた職場で仲良くしてた人が、千葉さんって人で、秋葉系の人だった。
そして、千葉県に来て、秋葉にハマった。

弟が彼女の家に同居していて、
住所が必要だから借りていた部屋が空いていた事もたまたまだし、
何か、フラグを感じる事が最近多い。

そんな、ゲームを進めて行くと発生する強制イベントみたいな感じで、
彼女と出会い、恋愛じゃないけど、大切な人から心配される。

恋人じゃないってのが今の自分にとっては重要で、
自分が他人を愛する事は、彼女にしかり、赤ずきんちゃんにしかり、
今度来た親友にしかり、弟と、その彼女にしかり、
全然血の関係なんか関係ない。そして、性別も。
結局、自分がどれだけその人を愛せるか?

その、自分って存在が愛する人を大切にする事は、
自分の個性も大切にする事にもなる。

相手が喜ぶような事を考えて行動する。
そこが大事かもしれない。
そうでないと、好きだからってチョッカイを出して、
相手を泣かせることになりかねない。

これがちょっと、愛であったり、幸せであるような気がする。
人を大事にしない人間は、人からも大事にされない。

親友と電車で戻ってから、焼肉を食いながら、
今日感じた事、これからの事、
これまでの悩みなど、話したりしていて、

どんな仕事でも、金って物が発生している以上、
誰かに何かが求められているわけで、必要とされている証拠だから
どんな仕事についてもいいんだろうけど、

いかに自分の能力を人の為に活かせるかが重要ではないかと、
津波被害とか、災害とかの経験を無駄にしない事も、
うちらに課せられた義務のような気もしました。

そして、金がなくても生きていける。貧乏でも今まで死んだことはないし。
経験上、使いきれないぐらいの金があっても幸せではなかった。
金があっても便利にはなるが、それが幸せかと聞かれたら、
偽りの幸せでしかなく、金がなくなれば幻となる。

幸せに貧富は関係ない。
良い職場、良い教育、良い医療、良い食べ物など、
金がない事で弊害は発生するが、
それはただ、日本の税金と、国民を大切にするシステムが、
自己利益の為に働かない先生方のせいで改善されないだけで、
貧しくても幸せに生きる権利はある。

電車や街でよく見かける疲れきった人。
誰からも愛されず、ただ働き、帰って寝て、また働くだけの人生。
何の為に奴隷のように働いているのか?
わからないが、とりあえず、
同性でもいいから、愛せる人を愛してみてはどうだろう?
大切な人ができると、大切にしてもらえるかもしれない。

働く事に何の意味があるのかわからないが、
頑張る事には意味がある。
何かの為に努力している人は、例外なく素敵です。

金はどれだけの人に求められたかの基準となるが、
どんな仕事でも仕事として機能している以上、
誰でも必要な存在なのである。

もし、給料が安いからと、店員が途中で帰ったりしたらどうなるか?
金だけがその人の価値を決めるんじゃない。
皆大事な存在なんやで。

頑張っていない人は、それだけ何かで苦しんでいる。
楽をしている人はいるけど、自分だって宝くじが当って、
金に困らなくなったら楽をするだろうし、
人を責める事よりも、理解して、応援してあげる事の方が大切。

優しくも、愛するが故に厳しくできる人間になりたいものです。

そして、最近ずっと頭にある言葉。
「神は言っている、全てを救えと」

エルシャダイのネタではあるけれど、
俺に何ができ、どうやって、どれだけの人を幸せにできるのか?

ちょっと思った事は、このブログが、
誰かのヒントになる事があれば、
救いの1つなんじゃないかな?と。

大事なのは、物じゃない。心だ。
人の幸せも、愛も、心が決める。
だから、俺と係わった人の心に問いかけ、少しでも幸せにできれば、
俺も生きていた意味があったのではないかと。

俺が思った事は、他の人も思う事があるかもしれない。
だから、経験した事や、思ったことを書いて、人に見てもらえる
ブログは、改めて大事な物だなと感じました。
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/787-6516b12c
 ←内容を管理者だけに閲覧させる