欲 被災 欝 絶食

 【 2011.04.26(火) 】

いろいろ嫌になり、飲まず食わず放送をしました。
無事にサイレントヒルクリアー。

最初は腹が減ったと思っていたけど、慣れてきました。
そのまま寝る。
夢を見たけど、食べ物を食べる夢ばかりでした。

頭もボーっとして、無駄な事を考えなくてもすむし、
生命維持の法則なのか、恋愛や、不安よりも優先されています。

恋愛、不安、などなどを悩んでいるぐらいなら、
腹が減るぐらい、全然余裕。
ずっと何日も食わなくて良い気がしました。


死にたいと思っても、意外と死なないものです。
欲ってものがあって、今まで先祖が食べ物を食べて、
飲んで、セックスをして、祖先を残してきた為、
食欲と性欲はどんな人間にも欲と言う形で100%適応されるはず。

なので、食べ物を食べないとか、恋愛をしていないってのは、
不自然な行為に決まっています。
最近の日本社会では、食べ物を食べて、
太っていると気持ち悪いとか、
恋愛をしていないとか、結婚していない、
もしくは、性犯罪に敏感になっているとか、
はたまた、結婚したら養わないといけないから
生活が苦しくなるとかで、
当たり前にあるはずの欲を否定するような傾向にあります。

そして、この欲がなければ、
苦労しないのにってのもあるわけで、
何々が好きとか、何々が嫌いとか、
大概は、過去にそれによって
良い思いをしたとか、悪い思いをしたとか。
例えば、食中毒にあってから、それが嫌いになったとか。

恋愛も一緒じゃないかな?
エッチをしたら基本的に気持ち良くできているけど、
酷い恋愛をした後などは恋愛をする気持ちになれないはず。

その、恋愛や、人を愛する事を、
マイナスに持ってくれば、一生独身が良いって考えになりそうな?
いかにしてそうもってくるかって事なんだろうけど、
酷い恋愛をするか、人を好きになる度に何かしらの罰を
与えていれば、体が反応するんじゃないかって疑問です。

その、欲が満たされない事で、人は不幸になり、
欲を満たす事で、幸せを感じるんだけど、
不可能な欲は、故意に塞ぐ努力をしてみたらどうなるって疑問。

今回の事で、恋愛を塞いでみる予定です。
ついでに、本当に生きている意味はあるのか?って疑問も調査中。

前回、被災して生きてて良かったなと思えたのが、
焼肉と酒と飯を食った時でした。

その時はまだ、引っ越してきたばかりで、
1人暮らしなだけ、被災地よりはマシの生活で、
募金もやってるし、保険もあることだし、
被災したから金もいくらかでも落ちるでしょう。

とりあえず、一時避難って感じで、落ち着いたら
地元に戻っても良いのかとも思っていたけど、

雇用保険で、仕事をするのが前提で支払うと言われ、
家具や、家電、衣類など、生活用品を買い揃えるのにガリガリ貯金は減り、
それに対して、国、募金、保険とゆうような、金は一切きていない。

資格を取ろうかと思っていたけど、
90日しか雇用保険の期間がないなら無理そうで、
仕事を探すにしても、1週間の待機期間があるとか。

今回の被災で、国は一切、被災者に対して
緊急の支援みたいな事をしていない。
したのは、自衛隊が給水とか、ゴミの撤去、炊き出しとか。
あとは店が品物を出すくらいで、
それもタダで売っていたわけではない。
商売なら、売れるときに売るのは当然。

救援物資だって、あれは国じゃなくて、
企業や団体などが送ってきた物で、
だから賞味期限が迫っていたものがあったわけでしょう?

人が苦しんでいる中、予算が予算がと
内輪揉めしている政治家に期待する気は完全になくなりました。
今いる政治家は全員やめてほしい。
選挙の時に、自分の為にガソリンを使って騒音を出し、
駅前で立っているだけの能無しを当選させないでほしい。

こんな政治家を雇うぐらいなら、最初からトライアル制で
立候補者全員を雇って、期間中の市議会の映像や、
実績で判断してもらうべきだと思う。

うちは、金だけではなく、国の対応全てが
緊急時の対応として不合格だからムカついている。
福島原発周辺の住民もそう。
普通に考えて、家に帰りたいっておかしいでしょ?

1人にとりあえず200万円なり渡して、
違う土地でとりあえず暮らしてくれと契約しとけと。
その後で、3ヶ月でもしたら家にあった被害額でも渡せばいいだろうし。
渡してないから、被爆の可能性があるのに、
野球の道具とか、訳のわからない事で帰ろうとしてるんだろうし。

そして、雇用保険の話に戻るけど、
こっちで仕事をしてもいいさ。
地元に帰る気が無いなら。
約5年働いて、津波被害にあっても、90日しか期間はないし、
宮城の方からはいつ帰ってくるのかと電話が来るし、

住居も、仕事も、家具も失い、補償もない。
こんなクズが、生きている意味があるのかって疑問になるわけです。
本当に、被災した時に死んだ方がマシだったってのがよくわかる。

こんな悩んでいる状態で、生きているのが本当に辛い。
死ぬなら、飛び降りとか、首吊りとかあるけど、
どれも死ねないと辛いし、綺麗に死ねない。
だから、人に迷惑をかけずに綺麗に死ぬなら、
練炭か、睡眠薬、風邪薬をアルコールで飲むとかかなと思っています。

まあ、今まで生きてきて、まだ死んでいないから
大丈夫だとは思うけど、そうゆう事も考えて当然。

こうして考えている時に、人は、死に値するだけの
負荷をかけなければ死なないんだなとも感じました。
死にそうなぐらいの負荷がかかっても、それに対するだけの治療。

何かで苦しんでいても、恋愛や物欲などで
マイナスをプラスに持っていけたり、
マイナスでも大丈夫だと思わせる何かに出会うとか。

被災しても、それ以上に生きていたいと
思える何かがあるかないか?

俺は、、生きていたいと思えるのか?
絶食してから、再びホルモンを食べてみようかと思っています。

1日1食が続いていたので、1日目は普通に我慢ができました。
2日目は、前半は大丈夫。
後半になってきて、生放送後に重力が
いつもの2倍近く重く感じました。
寝て起きて、フラフラしながら、力が入りにくいし、気持ちも悪い。
でも、脂肪はあるし、普通に4日ぐらいはいけると思う。
しかし、飲まず食わずだから、飲んでいないのがたぶん大きい。

なんか、空腹を我慢するのは、マラソンで後何分走ろうって
我慢している感覚に似ています。
食べ物で幸せを感じるレベルまで我慢をするなら、
常に2日に1食を目指そうかと思っています。

3日目。
放送をしてたら、すごい気分が悪くなったので、
ちょっと残っていた午後ティーを飲み、
フルーツゼリーとヨーグルトとホッピーを口にしました。

フルーツゼリーとヨーグルトは良かったんだけど、
たぶんマズいだろうと飲んでいなかった
ホッピーがビックリしるほどマズくて、
余計に気持ち悪くなりました。

3日ぶりに食べ物を食べたら、やはり胃がめっさ小さくなっていて、
ヨーグルトやゼリーでお腹が一杯になるぐらいでした。

うちは本当に、飲める酒と、飲めない酒の種類が決まっているなと
改めて感じました。

秋葉原に行ったら、帰ってきたらでも何か食べてみようかと思っています。

Category: 私生活

Theme: 被災者の悩み

Genre: 心と身体

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks