28日 東日本大震災

 【 2011.03.29(Tue) 】

27日追加。
ハチミツ、マーマレードを購入しました。
大瓶しか売ってなくて、
謎出費。
支援物資にパンを送って、
ジャムメーカーの売り上げをあげる作戦ですね?わかります。

28日。
東京電力、テレビに出てる人とか、
被爆するつもりで早く終結させてください。
計画停電、作物被害、水道水被害、今度は海、
今後の人に対する被害も考えると、
いつまでもこの状況を続けるなと言いたい。

ちゃんとした津波対策をせず、
40年前の設備を使い続け、
夏場に電力不足を言われ続けているのに対策をとっていなかった。

今回の被害まで拡大した地震対策。
もたもたしているうちに、更に拡大させるつもりか?
仕事なんだから、
責任者が責任を持って終結させろと。
こんな、アホアホとしている東京電力職員が、
日本の中心である東京の電力をまかなっているとは信じなられない。

それと、宮城県の津波対策。
全体的に甘かったんじゃないの?
20メートル級は当たり前で、
それに耐えるだけの防波堤の設置と、
今回の被害の大きさ。

人命もだけど、建物被害、ゴミ、再建費用、
それと、企業の被害による日本、外国への支障。

そのリスクと、防波堤費用を考えたら、
どっちがどれだけの損害を生むか、
馬鹿でもわかるぐらい大きな差でしょう?

金がない、金がないと、
対策をせずにいるのは、
国を管理する人間の言い訳にはならない。
金がないのに、
更に金がなくなった現状。
県の金を使わず、国が被害額を弁償するような事を言っているが、
両方、国民の税金ですよ?
この、防災の甘さは、
県もだけど、
自民の時から、
国民に期待されたのに、
何もできない、やらせてもらえない、民主党にも責任がある。
まあ、党って概念に縛られ、
自分達が選んだ首相なのに言うことを聞かない政治家にも責任がある。

とりあえず、
福島原発はこれ以上津波被害を受けると、
手の施し用がなくなるから、
防波堤を立てよう。

あと、めんどくさいから、最後の手段として、プルトニウム容器を大型飛行機で釣って、太平洋の真ん中にでも落とすとか?

徐々に作業を進めるにしても、
今後の予定を示してほしいよね?
この状況がいつまで続くんだか。
それと、地震や津波、これ以上の放射能漏れなど、
不慮の事故が発生した場合の対応も。
世界中の専門家がいるならそれぐらいしてもいいはず。

いつまでこの状況を続けている気だよって、
イライラしてくる28日。
朝から実家で清掃を行おうと、
したら、震度5ぐらいの地震が発生して
津波注意報発令で、
自宅待機。

津波注意報だから大丈夫だろうと思うかもしれないが、
自衛隊に避難を呼び掛けられるから行くだけ無駄。

それと、地盤が60センチぐらい下がっていたり、
田んぼがすでに水で覆われているなど、
小さくても、津波がきたら被害が発生する確率は高くなっている。
気を付けなくてはならない。

それにしても、
CMの時に津波情報が消えるのはなんなの?
CMに切り替わった時に消えたから、
注意報が解除になったのかと思った。

注意報が解除になり、家に向かう。
今日は自衛隊が来るので、
ババアが何度もズボンズボンと言ったり、あそこに何があったとか言い続けるので、先にいるものを出させる。
が、ほとんどが水没していて使えず、
結局捨てる手伝いをしていた。

片付けをしていたら、
ゴミ袋が全然足りないので、
オジサンに買いに行ってもらったら、
自衛隊がきて、
大きな物を運ぶ手伝いをしてもらった。

そうしているうちにオジサンが帰ってきた。

自衛隊に大きい物をだいたい出してもらい、
後は自分達で片付けるわけだが、
お昼だし、ババアがいても作業ははかどるはずはないので、
オジサンはババアを連れて家で飯を、
うちは泥だらけのウインドブレーカーを脱ぐのがめんどくさいので、オジサンが買ってきたオニギリを道路で食べた。

量が多いので、親友に電話をすると、
昨日から墓石を直す手伝いをしていると返事がきたから、
期待せずに片付けていたら、
来てくれて、オジサンと3人で片付けを行った。

自衛官に大きい物を運んでもらったのも大きいが、
親友も働いてくれたおかげで何とか片付ける事ができた。

それにしても、
布団と畳は水を含んで何倍にも重くなっていてビビった。

帰る途中で給水所を見つけ、給水する。
給水してから気づいたが、
水道水が復旧してた!
これで風呂に入れる!
片付けをした後なので、
汚れていただけタイミングが良かった!

そして、給水所で給水中にマスクをしていたので自衛官に、
花粉症ですか?と聞いたら、
花粉症ではなく、
片付けを行っていた自衛官が、
二次被害で一人亡くなってからマスクと眼鏡は
命令でつけるようになったそうな。
たぶん、海水&泥&バイ菌&化学物質を含んだ泥が、
乾燥して舞い、それを吸い込んで肺炎でも起こしたんでしょう。
あと、片付けをしていると、
泥がはねて目に入ったり、
泥がついた手で目をこすって、
それが原因でバイ菌が入って失明する危険性もあるから眼鏡も必要。

それにしても、
ニュースを見ていたら、
埼玉や千葉で液状化現象で被害が発生していたのを見ていて、
新築を買うのは怖いなと改めて感じた。

新築で買って、すぐに傾くとか、
津波にあうとか、
ローンを組んでまで、
そんな高い買い物をして大丈夫か?

なら、貸家のままでいいと思った。
大規模災害時の国の保証は300万円らしいから、
それ以下なら建ててもいいかもだけど、
金持ちじゃないなら、
一代、二代しか住めないような住宅に何千万も使うのは怖いと感じた。

宮城県なんて、岩手内陸地震や、宮城県沖、東日本大震災と、
何度も地震が来ているので、
一度大きな地震があればしばらくないって神話はなくなり、
次はいつ大きな地震がくるかわからない状態。

宮城が動いているんだから、
都心にも来るだろう。
どこにも安全な場所なんかない。

海、川沿いは津波や大雨による洪水、
山は土砂崩れや噴火。
平地でも液状化があったり、
福島住民みたいに、
放射能地域に一時帰宅するような、
自殺する程の立派な家に住むだけ馬鹿を見る気がした。

Category: 私生活

Theme: 3.11 東日本大震災後の日本

Genre: ブログ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks