2011.03.28(Mon):私生活
ヴィクトワールピサがドバイで優勝した!
ついに日本馬がドバイWCを勝つまでになった。
ギリギリ勝てた感じだったけど、
津波で経営に支障が出ている競馬界にも良い話題になった事でしょう。
あと目指すは凱旋門か?

そんな、ウハー!ヤッター!って話題から始まった27日。

朝から、ババアを連れて、
地区の人がいる避難所へ行く。
駐車場で同じ地区に暮らす人に出会い、
案内してもらう。

高齢者専用の部屋に入ると、
同じ地区の婆さん達がいて、
津波の時にどうやって逃げたかとか、
どんな暮らしをしているか、
死亡者の話とか、
話をした。
地区の人の6分の1ぐらいは死んだような印象。

ババアが、ズボンズボンと言っていたら、
他のお婆さん達に、
私達も体1つで逃げてきたんだから、
着替えなんてないし、
家に行っても濡れてて着れるものなんかないと言われていました。

とりあえず、仲の良い人と会えただけよかったようです。

それから、自宅に行き、
ババアが着れるものがあるか調べた。

タンスに少しあったけど、
濡れているものばかりだった。
財布を探すと、濡れた9000円を見つけた。

半乾きでも、油がまざった海水に浸かってる可能性があるから、
洗ってから干せと言っておくが、
案の定、アホだから洗わずに干していた。
ちなみに、その水に浸かったまま、
体を洗わずにいた人が、
皮膚に炎症を発症していたぐらい肌に悪いし、汚い。
ババアが履くように濡れた靴を持ってきて、
洗わずに置いておいたら、
海水のせいか、白くなったぐらい影響力がある。

そうしているうちに、
オジサンから電話があり、
お昼を食べてから買い物の続きに行く。

店は人数制限があるものの、店内に入って買い物ができるようになった。

品物は限られているが、
数に制限はほどんどない状態で購入でき、
肉や魚など、ある程度は揃う。
ないのは、とうふ、油揚げぐらい。
結局、購入予定のもので、購入できなかったのは、
キムチだけだったのが意外だった。

その後、
実家に行き、
片付けを行う。

主に食器類
ババアは捨てるって事がわからないようで、
詰め込めるだけ、どこかに詰め込み、
どこに何があるかわからない状態にする。
不用な物が多すぎるから、
死ぬ前に片付けておけよと、
津波が来るだいぶ前から言っていたが、
言われて気づくなら、
自分でやっていただろうから、
俺が勝手に売りに行ってればよかった。

皿や、コップなど、
ガラスや陶器が多すぎて、
何百人とパーティーする気だよって感じです。
危ないわ、重いわで、
マジで片付ける身になれと。

ある程度やって、
仕事が全然見えないから、
3時にやめ、帰りに自衛隊がいたので、
明日手伝ってもらうように頼んで帰る。

帰ってからテレビを見ていたら、石巻で74人が死亡&行方不明ってやっていた。
地震が発生し、
学校から校庭に出てきた子供の点呼をとっていたら
津波に飲まれたって悲惨な話です。

地震が発生したら、
校庭に避難って、どこの学校でもやっているでしょうが、
この学校は大津波警報を先生の誰も聞いていなかったのでしょうか?

もし、屋上などに逃げていたら助かったのか?
それとも、子供達だから、すぐにってわけにもいかないけれど、
バスなどで近くの山に逃げれなかったのか?

地震が起きたら校庭へ。
津波がくるなら、屋上。
もし、山が近くにあるなら、山に避難とか、
前もって避難ルートや、方法を確認しておかないと、
こうゆう、子供を集団で失うような災害になるって教訓です。

ちなみに、坂を上がってから引き返してくる波は、
坂を上がった分、
引き波も強くなるそうで、
建物の周辺に山や崖などがあると、
引き波に建物を倒される可能性も考える必要があるそうです。

あと、千葉の被害者は、
第一波から二時間半後の津波でやられたらしい。
第一波が低かったとしても、
安心したらダメです。

話を聞いていると、
第1波より、第2波、第3波の津波の方が大きくなるようです。

何事も、備えあれば憂いなしです。

あっ!あと、
今住んでいる従兄弟の家は、
4方向に瓦がしいてあるようで、
大地震の時に、家にいたら倒壊の可能性が。
家から逃げても、
瓦が落ちてくる可能性があり、
逃げ場がないって話になりました。

瓦は、玄関向きにしないと、
見た目はおかしいかもしれないけれど、
瓦は前後にして、
両サイドからも逃げれる扉等があってもいいのではないかと思った。
もしくは瓦を使わない住宅を。
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/756-9c58026b
 ←内容を管理者だけに閲覧させる