24ちに東日本大震災

 【 2011.03.26(Sat) 】




昨日の続き。

曙のイオンの一部がやっていて、
トラックで物資が届いたように、
品数は少ないものの、制限なく購入可能だった。

となりにはヨークベニマルもあり、あまり並ばずに買えた。

しかし!私はイヤフォンがほしいのだよっ!
家電関係は売ってなく、
仕方がないので長靴だけを買う。
ガラスを踏んで、前回の長靴は穴が空いていたのです。
それよりも、ATMがあり、
金を下ろせた!

しかし、給料すくなっ!
有給扱いのせいか、
いつもよりも少なかった。
実家があり、生活が安定しているなら、
この給料でもいいが、
被災して家がない状況では、多く入金してもらわないと困る。

被災して休業や、離職した場合、雇用保険はどうなるのか?
家が被災した金はいずれ落ちるとしても、
仮設なり、公営に住むまでの生活があるから、
それまでの生活を保証するだけ、
普通の入金額より多く入金してほしい。

話は変わって24日。
手動充電式、
ライト&携帯充電&ラジオは買っておいた方がいい。
防水のやつね。

てか、東京の水道水で放射性物質が検出されて、
赤ちゃんに飲ませないようにって何なの?

まあ、赤ちゃんに飲ませないのはいいさ。
東京がそれを言ったら、
福島周辺の県はどうなんの?

食べ物、飲み水、空気と、
全てが被爆の可能性ありですよ。
それでも復興しようと頑張っている。

買い占めの時もだけど、
赤ちゃんの為としても、
東京は全てに過敏すぎ。
リアクション芸人かっ!
マスゴミに取り上げられて、誇らしげにしている奴を見ていると、
滑稽極まりない。

とりあえず、
何で東京周辺は濃度を放送してるのに、
宮城県は測定すらやっていない。
どうゆうこと!?

今回は風向きで東京の濃度が高かったんだろうけど、
基本的には台風とか、
沖縄の方からくるから、
東京方面より、宮城方面の方が水道水やばいやろ?

放射性物質を計る施設がないって事?
だとしても、
福島がこんな状態なら、
今日の風向きと、
水道水のベクトル数は放送しておいた方がいいわな?
今日は飲んで良いとか、
飲み水にしない方がいいとか言ってもらわないといけんと思う。

朝から、今後の予定を地区の人達で話し合うとゆうことで、
近くの分館に行く。

そろそろ電気や、一部水道が普及し、
店にも商品が揃ってきたとゆうことで、
避難所として、分館を閉鎖して大丈夫か?って内容でした。

水を配ったり、炊きだしをしたり、
支給品を別けて配る作業など、
避難者の生活だけではなく、
手伝ってくれている人の生活もあるし、
スタッフの疲労もピークになってきたそうです。
水が出ないうちは給水を行うし、
何かあれば相談にのるが、
これからは各自が自立に向かうようにって話でした。
配って歩くにしても、ガソリンはないし、
善意でいただいた支給品が、
いただいた日が賞味期限だったりして、
それでも何とか無駄にしないように努力されていたそうです。
皆、生活は辛い中、
何とか復興に向けて頑張っているので、
わがまま言ってられないって事で、
満場一致で避難所閉鎖となりました。

10時開始の、話が終わったのが11時。
急いで頼まれていた給水に行く。
どこでやっているのか、
走っているうちに石巻の方まで来てしまう。

避難所に自衛隊が炊きだしの準備をしていたので、
水がもらえるか聞いてみたらもらえた。

それにしても、
清掃も、炊きだしや、風呂、給水など、
自衛官が活躍してくれています。
仕事とはいえ、ありがたいです。
電気屋さんや、トラックなど、
全国から駆け付け、復興に向けて、
がんばってもらっているので、
その方達にも感謝。

そして、戻っている最中に給水場を発見し、
給水完了。
(同じ場所で何リットルも入れると、タンクが空になって他の人が入れられなくなるので、10~20リットルまで制限有り)

それから、コインランドリーで服を洗おうとするが、
めちゃめちゃ混んでいて、
見た時点で萎えた。

なので、美里のマックスバリューを見に行く。

水が来ていないようで、
乾燥はできても洗濯はできなかった。
ラーメン屋は品物は決まっているが営業していて、
マックスバリューも品数は少ないものの、
普通に営業していて、
ホーマックも普通に営業していた。

流通量と避難者数にもよるのかもしれないけど、
ほんと海から離れると以外と普通に復旧してたりする。

それからコインランドリー&パチ屋を探して、
大崎や古川をグルッと回ってみた。

ようこそ何々市へ。
ありがとうございました。等の看板が市の出入り口にあると好感を受けた。

やっぱりドコもパチ屋は営業しておらず、
結局、コインランドリーも見つけられなかった。
コインランドリーは、
車道側になくて、住宅街とかにあるから見つけにくい。

それにしても古川にはビビった。
ワンダーグーやツタヤが営業していた。
イヤフォンを買おうかと思ったが、
寝る前にipodを聞くぐらいだし、
PS2も荷物になるから千葉に行ってから買う予定。次は薄型を買おうw

そんなこんなで、
仙台まで行きそうな雰囲気になったので、
来る時とは違うルートを通って帰る。

途中、ネカフェがあって、
ニコニコのコミニティの編集と、
ブログの編集をしようかと、
やっているのか寄ってみたら、
店内にいた女性とジェスチャーをしたらやっているようで、
閉まっていた入り口を開けてくれた。

しかし、営業はしていなかった。
俺を修理の人だと思ったようだ。
電気は来ているし、
もしかしてネットがつながってないのか?
それとも天井とかに落ちた場所とかがあるから入れれないのか?

それから帰るわけなんだけど、
ipodに不用な曲が多すぎた。
ちょくちょく曲を飛ばしながら聞いた。
パソコン買ったら編集しよう。

それにしても、
山沿いと海沿いの被害の差がすごい。

海沿いの被害は、
もはや復興までにどれだけかかるか見込みがつかないのに対し、
山沿いは、何で営業していないのか疑問になる。
震度6程度の地震なんか、以前にも体験しているはずで、
営業に支障がでる程の被害は、あったら逆におかしい。
再び宮城県沖地震が来ると言われているのに、
改善がなされていなかったわけだし。

それと、海沿いはいかに海から物を運び、
発展しているかを感じた。
海沿いはだから発展し、
山の方は発展せずに民家ばかりなんだろうけど、
今回のように、津波のリスクを考えたら、
多少のコストがあっても、内陸まで運んだ方が安心できると感じた。

石巻に戻り、信号がついていないと、
帰ってきた感じがした。

津波にやられ、
原発で放射性物質が漏れ、
東北はまるで核爆弾を落とされたような印象を受けた。

Category: 私生活

Theme: 東日本大震災

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks