東日本大震災 10日目 夢

 【 2011.03.21(Mon) 】


10日目。

夢を見た。
ipodで、クイーンのアルバムに小文字と大文字で同一名のがあり、
内容を見てみると、違うライブの映像だった。
ボーナス特典があるかないかの違い。

その両方の映像で、
同じ時間に、同じ場所で、映っている人がいて、
席を3×3で確保し、
護衛が周りを囲っていた。
組織で席をとったのだろう。

それに文句を言っている人がいて、
その人は広い部屋で暮らしている人で、
家具は部屋の角に寄せてあり、
中央を広くして、いろいろ動き回っていた。

途中で飽きたのか、テレビをつけ、
通販に出ていた骨ばった顔の外国人が映った時に、
お父さんって、映像の顔と自分の顔を似せてみせた。

それから、44・5キロのダイエットができるウィッグの紹介に出てきた上品そうな女性が母親らしく、
この通販で知り合ったと紹介したかったらしい。

それにしても、ダイエットできるウィッグだが、
和田アキ子みたいな髪型のものを頭にのせるだけ!
つけている時と後では、
44・5キロのダイエットに成功!

ようは、44・5キロの重さのウィッグであるw
その後も、
高枝切りばさみがついてくる!
とやっていたが、
他社のハサミも切り口がギザギザだったし、
そのハサミも全然切れてなくて笑って起きた。

朝からガソリンスタンドを見に行く。
ビックリするほど並んでいた。
何キロぐらいだろ?
二~三キロ?
200台ぐらい並んでいた印象。

他のガソリンスタンドにも並んでいたので、
並んでみるが、開店する気配がないので、
墓の墓石がどこに行ったか見に行く。
墓の裏手に全部ありました。
それにしても、車が上がっていたり、船が上がっていたり、
墓石がなくなり、穴が空いている場所もあった。
墓もどうすんだか。

それから、ついでだから実家に行き、
自分の部屋の家電ぐらいは外に出しておく。

全壊、半壊、処分費、保険など、
全然どうゆう処理が行われるかわからん。
災害にあった人がたくさんいるが、
どこにゴミを捨てたり、
泥や水没で住めなくなった家の処分方法など、
わからない人が多いのではないでしょうか?

何万人も避難したりしていると、
どこに引っ越せば良い住居が見つかるかもわからんし、
仮設住居を建てても、
何年かしたら撤去するだろうし、
作るにも、撤去するにも金がかかる。

だったら仮設ではなく、
県営住居みたいなのを直接作ってほしい。
仮設を建てても、
いつか出ないといけないって考えていると休まらないし、
何万人もいる被災者の中で何割が新築で家を建てれるのか?

仮設だと、
ネットをつなげるのも、
エアコンを取り付けるのもどうなるのか?
東北の冬や夏に合う、断熱仕様になっているのか?

そこらへんはどうなるの?
他県に行けば、住居は見つかるかもしれないが、
宮城に寄付されたり、
復興支援に集まった金は、
他県に引っ越した県民に対してどうゆう扱いがなされるのか?
いろいろわからない事があります。

Category: 私生活

Theme: 東日本大震災

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks