2011.03.20(Sun):私生活


九日目。
両手がピリピリする。
枕で首のヘルニアが悪化しているのか?
慣れない布団や敷布で肩や背に負担がかかっているのか?
毎度の事だが、疲れて寝て起きると、
よくこうなる。
振動障害なのか、
首のヘルニアのせいか、
肩凝りで血行が悪い為かわからんちん。

それにしても、
今日はずっと夢を見ていた。
ゲームをしたり、
米倉涼子の指示で皆で探検して歩いたり。
米倉涼子がミニスカートで股を開きながら指示を出すから、
皆ちょこちょこしゃがんだりしていた。
白かったw

夢の中でも良かったのが、
渋谷にあった本屋のシステム。
ゲーム機の画面はいくら叩いても壊れないと、うたっていたので、
ハンマーで叩きながら店の中を歩いていた時に、
思いっきりゲーム機を床に投げたら、
外のカバーが壊れて基盤がむき出しになった。
そこにあった本屋。

そこの本屋はアドバイザーみたいな人がいて、
好きな本を買うと、
その本を買う人は、
他にどの本に興味があったり、
どんな家電や家具に興味があるかなど書かれた紙をくれた。
ある意味、アマゾンの、
この商品を購入した人はこんな商品を買っていますみたいな。

他に良かったのが、
資格や職業までリストにあった事。
好きな本や家電などを買う程、
心理テストみたいに、
自分に向いた資格や職業がわかるわけ。
自分が知らなかった資格や仕事を知るキッカケにもなるし、
良いシステムだなと感じた。

起きて、
ブログを書いていたらメールがきた。
その中でも気になったからコピペします。
たぶん被災地に親戚がいたりして、
助けに来たい人もいるでしょう。
しかし、ちょっと待ってって話。

実家がめちゃくちゃになっても、
1~2ヶ月は様子を見てください。

原発が爆発したら逃げないといけず、
来ても無駄足になる可能性がなくもなく、

道路のアスファルトは津波でめくれてるし、
ゴミで塞がれて通れなかったり、
一方通行だったり、
高速道路は緊急車両しか通れなかったりする。

病院が一杯だから病気や事故ったりできないし、
来ても、逆に迷惑かかるような事はないようにした方がいい。

道路が混めば、それだけ支援物資も来にくくなるし。
あと、避難者もだけど、
死亡者リストもサイトにあるかもだから、
電話やメールがダメなら、
とりあえずそっちで調べておくといい。

連絡がとれなくても、
携帯が水没していたり、
圏外の可能性もあり、
電気が復旧すればいいけど、
被災地はまだまだ電気は不足してるから、
充電できてない可能性もある。

被災地は仕事も住居も食べ物もない人が多いから、
急いでも何もできないし、
他県の人も気長に構えてていい。

もし親戚や本人と連絡がとれて、
避難所にいて、住む場所がないとか言って、
めんどうを見る気ならば迎えにきてもいいとは思うけど、
安否が確認できたら、
他はどうしようもなかったりするから、
後は復興を待つ感じでいいと思います。

それにしても、東京らへんの、
避難所に避難するとか、
買い溜めとか、何なの?

震源地からだいぶ離れているし、
海沿いの家で避難した人はわかるが、
震度4程度で避難してたら、
震度6がきたらどうする気?

阪神大震災から、宮城、新潟と来てるから、
太平洋に引っ張られる関係で、
東京あたりでも地震があってもおかしくないが、
さすがに同一周期で一気に起きないやろw
起きるなら、単独で東京らへんでくると思う。

買い貯めしても、
腐らせるだけだし、
迷惑なだけ。

避難所が停電するのも仕方がない。
停電して困る場所なら、
最初から予備電源をつけておけばいいだけの話だし。
今回の宮城でわかったと思うけど、
避難所や病院だからって安全なわけではなく、
災害があったら電気の送電は止まるので、
家電に頼りすぎている家庭は見直しが必要。
もちろん、建物関係は避難ルートの確認や、
建物がない安全地帯の確認も大事。

避難道具も大事だけど、
今回の災害のように、
家にいるとは限らないし、
避難道具を持っていれば安全ってものではない事も頭に入れておく事。
いかに代用できる物を手にいれ、
いかに飲食物が手に入るようにするかのが重要かも。
あと、災害発生時に、何を持って逃げるかも。
余裕があればだけど、
パソコンのHDDや、通帳や判子など、
重要な物はすぐに持って逃げれるようにしておいた方がいいと感じました。

しばらくして、市役所で携帯の充電を頼まれる。
いつも駐車場はガラガラなのに、
駐車スペースがない程混んでいた。

コンセントを見たらビックリしたw
全コンセントが超タコ足配線w
うちも一ヶ所見つけて充電しつつブログを書く。

職場の女の子の親戚だって人から話かけられ、
話をしたりして時間をつぶした。

市役所の奥には、
被災者を名簿から検索してくれるスペースがあって、
いいなと思ったのと、
紙オムツや粉ミルクもくれるようだった。

充電中、近くで話をしていた人がいて、
避難していなくても、
二階に住んでて食べ物がない人がいるらしい。
たしかに、
車がなかったり、
残金が少ない人は買い物もままならないだろう。

あと、古着を寄付したスペースがあったんだけど、
70歳ぐらいのお婆さんが履くような下着はないですかと、
中年男性が聞いていたがないようだった。
下着だしねw

しかしながら、うちも
ババアの下着は被災から一度も代えていないはず。
本当に衣類を売る店は全然開きません。
体1つで逃げた人はずっと着替えていない人が多いはず。
髪も、最近の給水まで一週間ぐらい洗ってないのが普通だった。

充電を終えて、
昨日給油の機械を入れ換えていたガソリンスタンドを見に行くと、
一台しか稼働しておらず、
超渋滞が出来ていて、
片道通行になっていたので、
並びたいところだけど、
近所迷惑だし、
電気が復旧して全機械が動いてからでいいやと見おくった。

それから、従兄弟夫婦が作業しに来ているか、実家を見に行ってみる。
いなかったので、帰る。
後ろの家は本家なんだけど、
夫婦が津波で死亡し、
介護が必要なおばあさんは施設で助かった。
その家に4人いた。
本家だから声をかけてもいいんだろうが、
知らない人だったし、スルーをして帰ってきた。

途中で、親友にスーパードライのロング缶をあげてくる。
自宅で、パソコンをしながらなら美味しいが、
人の家で、トイレも水が出ないなら、
全然美味しく飲めるはずないし、
花粉症にはアルコールも辛いのもNGだし、
しばらく酒は飲まなくていいや。

家に帰ってきて昼飯の後に、ババアを実家に連れて状況を見せに行くと、
従兄弟夫婦が出掛けるので、
電気屋さんが来るかもなので、お留守番。

玄関で、残っていたCDをせこせこ水洗いしてました。

従兄弟夫婦とババアが帰ってきて、
町は片付けて、自衛隊が持っていってくれているので、
今のうちに片付けておかないと、自分達で処分しないといけなくなると、
オヤジにいつ片付けに来るのかと言って、電話をかけました。

しかしながら、オヤジ夫婦は車が水没して足はないし、
ガソリンが復旧して迎えに行くにも余裕がない。
だから、今電話かけなくてもよくない?とは言ったんだが、
電話をかけて、自衛隊が、長男なんだから、片付けに来ないと、
どこに今住んでるの?
貸家が水没しててもって流れになり、
ケンカになったw

そりゃ、自分の家や車が水没していないなら、
道路の水が引いた時点で
来てるだろうし、
ガソリンがない時に迎えに行って乗せて帰ってくるのもままならない。

そのタイミングで自衛隊がいるうちにとか、
長男だからと家やババアの責任を押し付けられたらたまらんわな。

ただでさえ鬼嫁の水没した実家も見ないといけないだろうし、
いっそのこと、婿にいけば話はわかりやすかったものの、
長男でありながら、嫁の実家と同じぐらい面倒を見ているから中途半端になっている。

うちの状況を見ていると、
長男の責任とか、
葬儀の手順とか、
日本は凄くめんどくさくて嫌になる。

遺産なんて、
あったらあったでもめるし、
なければないで諦めがつく。
配るにしても、
世話になった人に分担を増やすぐらいで、
あとは平均に配ればいいし、
葬儀も基本的にアメリカ式の簡単な物で十分。
核家族化とか、近所との係わりが薄い時代なら
尚更、簡単なものでいい。
今の葬儀は金持ちや、
有名人クラスの人がやるぐらい贅沢だと感じてます。
とりあえず、格式や形式ばった日本の習慣がめんどくさい。

で、従兄弟のおばちゃんは、
長男なんだから、家の事をやるのが当たり前って言っているし、
ババアと俺が家で世話になっているのに、
落ち着くまで頼むの言葉もないと怒っていた。

その後、飯を食べて、
電波が届いている事を思いまして、
探している友達に電話をすると通じた。

給油で塩釜まで来ていて、
仕事で今は利府町にいるらしい。
奥さんは、実家の父親を連れて山の上に逃げて助かったらしく、
車も無事で、津波を録画しとけばよかったと言っていたそうな。
ちなみに、友達の方の実家は、16メートルぐらいの津波が来たらしいから
無理だろうと諦めていた。とりあえず無事で何より。
それにしても、
宮城県の避難者名簿をネット検索したらビックリするほどわかりにくかった。

被害が大きいとしても、
避難所ごと以外に、
住んでいた地域ごとに検索できるようにしてほしい。
避難所ごとだと、
どこの避難所に避難してるかわかりにくすぎ。

19時、他の部屋からピピピピピって音が鳴っていて見に行ってみる。
電気が復旧し、
ガスの元栓は閉めてあるのにガスの警報器が鳴っている。
リセットボタンはないし、
ガス屋さんに電話しても出ないし、
仕方がないのでコンセントを抜く。

電気がきたのでテレビで映像がやっと見れた。
トイレの暖房便座はこんなに暖かかったのか…。
これで携帯も充電でき…あれ?
そういや携帯の充電機がない。
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/748-3dae0f9b
 ←内容を管理者だけに閲覧させる