6日目 3月16日 なんとかかんとか大震災

 【 2011.03.17(Thu) 】

どうもこんにちは。
被災地ブロガーの、
あまの、つきくまです。
(渡辺陽一風)

まず、海外や、他県の人達からの応援は、
非常に心の支えになるので、
ありがたく思います。
被災者の代表じゃないが、感謝します。

3月16日。
朝、親友と流れついた灯油のホームタンクから灯油が抜けるか、誘ってみた。

しかし、留守。
避難所から水をもらえるか自転車で回ってから買い物に並ぶらしい。

店の前にはすでに30人ぐらいの列ができていた。
早く並ばないと、いい商品がなくなるから、
並んでいるかもしれない。
見ても並んでいなかったので、ついでに並ぶ。
8時20分ぐらいから並び、
9時開店。
屋根がないのに雪が降ってきた。

その間、他の人と話をしていたが、
家を建てて8年で、一階が壊滅状態で、
柱がなくなっていたので、
流木を柱にしているが、
次にまた津波がきたらどうなるかわからないが、
避難所も一杯だから、
とりあえず二階で寝る場所を確保してるらしい。

年で、仕事もなくなり、
家のローンも20年残っているのに、
こうゆう状態になったから、
しばらくは仮設で暮らすようになるんではないかと言っていた。

新築は息子に頼むと。

次に津波が来たら、いっそ死んでしまいたいとも言っていたが、
被災者って、ひとくくりにされて、
正常時の時程、良い保証はされないだろうから、
今は生き延びた方がいいですよと、軽く説得しといた。

あと、みんな言っている事だが、
携帯の充電は統一してほしいと。
家族で違う機種を持っていると、充電機がないと充電ができなくて使えないと言っていた。

それと、今回の災害で、車は防水にするべきと、ガソリンタンクは
フタに鍵をつけても、
抜き取りが容易に出来るようにするべきだと感じた。
これは、災害でガソリンが無くなった時だけではなく、
ガス欠で他の人の車からわけてもらう意味でもである。

あと、電気100%の車はダメ。
どんな地震が来ても大丈夫みないなライフラインに電気がなればいいが、
現状では、災害の度に車の充電ができなくなる危険が高すぎる。
オール電化住宅はソーラーパネルは必須。

あと、他の人は、
仙台で仕事をしていて、
仙台の方まで行ったが、
あっちはガソリンの給油ができないぐらいで、
他は普通に大丈夫だったらしい。

話は聞いていたが、
仙台の港の方は被害があっても、
仙台自体は被災地なんかじゃない。
電気も食べ物も水道もあり、
ラジオで仙台仙台言う度にムカついてくる。

こっちは地震から(ガスは家にもよるが、ボンベだから良いとしても、)電気、水道、電波、ガソリン、病院は多少の事では行けず、
スーパーはやっとチョロ出しを始めたが、
他のダイソーやコンビニ、衣類、靴屋などは商品があっても全然売る気がない!
支援物資が入って来ず、一日にパン一枚を半分に割って食べている状態なのに、
冷房が利かない環境で無駄に食べ物を腐らせ、
凍え死にそうな人がいるのに、服を売らなず、
救援物資が届く、届かない以前の問題で被害を拡大させている。

だから略奪が普通に行われるようになっているが、
俺もやっていいならしたいよ。
てか、家族がいなくて、
金がないなら俺はする。
だって、今なんか、
家は住める状態にないし、
職場も復旧するのかわからん状態だし。
ある意味、無職&住所不定ですわ。
たぶん、被災者は皆同じ状態だと思う。

店員が被災して、営業するはずの店の商品が売れない状態が2日目に入る場合、
災害時は店にある商品を無料で持って帰っていいように法律なり、
条例を作ってほしい。
でないと、食べ物を無駄に腐らせるようになるわ。

まだ、商品があればいいさ。
わかると思うが、
街が壊滅している場所もあり、
着替えもなく、金もなく、
体が油まみれで逃げた人だっているはず。
そんな状況の人なんかたくさんいる。

仙台なんか被災地じゃない。
県庁の人間は机からどこに離れた事がある?
トイレと食堂か?
そんな人間が何を指示をしている?

てな事で、
今度は、道路が遮断され、
車で現場まで行けず、
未だに頻繁に余震があり、津波の危険が高く、
雪が降ったせいで泥に抜かるようになったのに、
今度は職場の倒木の本数を調査しろだとさ。

何メートルで何本あり、
全体で何本ぐらいの倒木になるかだって。
木はほとんど倒木です。
倒れてない方を数えた方が早い。

県庁の人間は指示する前に自分で現地を見て歩けや!
前にも書いたが、宮城の県の奴の防災対策がなってなかったから、
こんな災害を防げずにいたのに、
また津波がきたら、
二次災害で一般人の被災者を作るような指示をするなと!
こうゆうのは自衛隊のヘリから数えてもらえばすぐやろ?

緊急の連絡機器も持たない一般人を津波が発生した時にすぐに逃げれない場所で働かせるのは、
道路の整備が進んで、地震や津波の危険が収まってからであって、
水位も下がっていない今行わせるのは、
上官以前に、人間として、常識がない。
そんな奴が政治家だったり、
県職員だったりする。
責任者は一度現場に行けや!
自衛隊に混ざってさ!

ボランティアの人でさえ被災地に来てるし、
仙台の友達だって避難所を回って自転車でこっちまで来れてんだから、
自衛隊のヘリとかで移動すればすぐ着くやろ!

それと、こんな非常時に、被害を拡大するような、
わけのわからない不適切な指示を出した職員は解雇しろ!
これはマジで!
人命にかかわる立場に、
その人間は不適切って事だし、
終身雇用の時代でもないんだから!
もしも、下手な指示を出して、死んだ人がいたら、
業務上過失致死やで!

あと、ヘリの巡回は無駄が多いから、
被災地に物資を運びなら偵察しろと。
ヘリなら校庭や学校の屋上でも停まれるやろ?

あと、今日は雪が降った事で、
72時間のタイムリミットを越し、
救助されていない人にトドメを刺す形になった。

何人の遺体が運ばれたとあるが、
夏なら腐敗が進むから急いでいいかもしれないが、
こうやって、気温が冷え込む場所の場合は、
救助を最優先で、その後に遺体の運搬でいいと感じた。

あと、一般道は一般人も通るから、
まずは高速道路を通れるようにするのが、
物資の運搬の点で優先するべきだと感じた。
支援物資よりも、
各町のデパートなどに商品を入れてください。
金がない人に金を配って下さい。
避難所だけが被災者じゃなく、
一般家庭にいる人も被災者だからねっ!

てな事で、
今日は雪の中、一時間ぐらいサンデーに並び、
カッパなどを買い物をしてから親友の家に戻るも、
帰ってないので、
並んでいるんじゃない?と言われ、
並んでいる人を見たら、いた。

二時間並んでいたらしい。
寒いから一緒に小便をしに行く。
列に戻ると、入り口の店員に、
今日の販売は終了しましたとか言われ、
俺は「何言ってんだこいつ?」って思っていたら、
親友は店員にブチ切れてたw
周りの人も、この人も雪の中、二時間並んでたんだよってかばってたw

それで、無事にいろいろ買えて、
彼は自転車だから、荷物は車で家まで運んでおいた。
それから行ってなかった避難所へ。
給水車が来て、12時30分から給水らしいが、
雪が吹雪いていたので断念する。

名簿を見ても、地区の人や、友達の名前は発見されず。
その避難所の近くに住む、
会社の女の子が三階でメールをしていたが、
こっちに気づかなったので、あえてスルーしとく。
たぶんまた来た時にいると思うし。

それにしても、避難所は、良くて一日おにぎり一個、
悪くて、避難所なのに津波にのまれて死亡。
孤立してる場所は食べ物なし、救助なしって状態らしい。
災害から現在でさえ。
そして、良い避難所でも毛布一枚で、床に段ボールって暮らしです。

高台に避難したり、避難所に避難しても、
真冬に夜になっても救助が来ないんだもんなー。
現場は最悪ですよ。

赤ちゃんが津波の水をかぶって、
目が真っ赤に腫れてたって書いたけど、
体が拭けない人は、不衛生だったり、油などの水についたままで、
皮膚に炎症を起こしている人もいるらしい。
あと、傷口にバイ菌が入ってる人もいるだろうな。

そうゆう人が病院にいければいいけど、
病院に行けないような地域にいるから、
そうなってるとも言えるし。

避難所を回っていて感じたが、
なぜ掲示板を設けないのか?
防災無線や、ラジオでも支援物資の情報が流れず、
どこで、いつ、なにが、どれだけ手に入るのか不明すぎる。
そもそも、支援物資なんてないのだろうが。

それから避難所から家に帰り、寝た。
さすがに雪の中、一時間並ぶとこたえる。

うちはまだ、食べ物を食べれているからいいが、
避難所のこんな栄養状態で、
風邪やインフルエンザが蔓延したら…
ってな事で、
六日目は終わり。
明日は糞みたいな仕事が待ってます。

今回わかった事。
言うことが二転三転する福島は嘘つきの町。
災害時にも危機感を持たない宮城県は低脳の町である。

Category: 私生活

Theme: 3.11 東日本大震災を体験して

Genre: ブログ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks