2011.02.26(Sat):政治・社会
2011年マニフェスト

○災害時に当たり前に電話がつながるようにします。

●携帯電話各社が連携をとり、非常時にも電話がつながるように
 体制を組ませます。
 人命にかかわる、一番大事な時に携帯が使えないなら
 携帯の意味が全然ありません。
 遭難しても、災害時でもつながる状態であるべきです。


○税金を上げる代わりに、
全国民に生活保護費を支給します。

●生活に必要なだけ支給する事で、
仕事ができなくても生活ができ、
仕事で利益がでなくても、生活を保証します。
(ビート武さんの出ている番組で、税金を上げるかわりに、
国民一人に10万円を与える事で、
少子化対策も、年金問題も解決するとあったが、10万円って基準は、
円相場などによって曖昧な基準になるので、生活が出来る基準である、
生活保護費と定めます)


○賞与(ボーナス)を禁止します。

●利益が多くでたら、直接給料に反映させるようにさせ、
公務員のように、何ヵ月分も支払い能力があるなら、
それだけ人員を多く雇用し、
仕事の負担を減らすと共に、
引き継ぎをしやすくしたり、
不正防止の為に、一人に管理させるのを減らします。


○エアコン費、自動車の維持費を必要な世帯に支給します。

●移動の為に自動車が必要な家庭、
子供や老人、基地周辺等の、
窓を開けれない家庭へエアコンが使用できるように支給します。

○未成年も大人と同様に逮捕します。

●犯罪に年齢は関係ありません。
被害に比例するだけの罰を与えます。

○柔道と剣道を国技にします。

●日本のみで行われ、外国人が上位を締め、伝統と言う名の規則に縛られ、
閉鎖的な相撲だけが国技である必要はないです。

○一般家電製品のメーカー保証期間を3年に伸ばし、
使用期間が限られているものは5年を最低保証期間とします。

●購入後、当たり前に使用して1年後に故障するような機械は不良品です。
最低でも3年ぐらいは故障しない製品を作る責任を与えます。
それと、ヒーターや扇風機や加湿器などの使用する期間が限られるものは、
年の半分ぐらいしか使わないケースが多いので、
年間を通して使用する機械よりも、保証期間を伸ばします。

TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/735-9d07d30c
 ←内容を管理者だけに閲覧させる