欝 BR 生きる死体 社会保障 

 【 2011.01.10(月) 】

欝です。
2日で5万5千円がなくなったのでヘッドショット。
風邪をひいて5日目突入でトドメをさされ。
昨日は久方ぶりに可愛いと思う子を見てオーバーキル。

ギャー!



まあ、5万5千円は最終的にはプラスになった金だし、良しとしても、
風邪は、この寒さで全然治りません。
鼻水から始まり、咳からのぉ~気管の炎症。
身も心もボロボロの状況の時に買い物に行ったら、
出店で笑顔が可愛い子がいて、海馬の奥にまで
その笑顔が刻まれました。

スマイル0円。その笑顔は5000円以上の価値が
あると感じるぐらい、癒される顔でした。
風邪とかで弱いっている時に、こんな癒しはイカン。

ただでさえ、何の為に生きているのかわからず、
天才でもなければ超能力もないゴミクズが、
死を待って生きている状態なのに、
恋とか、愛とか、叶わない夢を与えないでいただきたい。

俺なんかより、経済力があり、見た目的にも
才能的にも優れた人間はいくらでもいる。
愛されてはいいが、自分から人を愛する資格はない。

愛なく、夢も持たずに生きるって、どれほど辛いものか。
誰からも必要とされず、社会から利用されるのは
個人ではなく、金になる知識や労働のみ。
それで得るのは奴隷として生かされるだけの小銭。

家は1000万、子供1人2000万。
分割でも、購入できるだけの育った家庭の経済力だったり、
将来の見通しがあるなら結婚してもいいでしょう。
うちみたいに、いつホームレスになるかもわからん人間は、
相手にも、相手の親にも申し訳なさすぎて結婚なんてできない。
こんな遺伝子を受け継いだら、子供にも申し訳がない。

生きていて申し訳ないと思うなら努力をすればいい。
努力をして何とかなる家庭や、才能に生まれた人間なら、
自分で希望を見出すはずで、
それが出来る人間と、出来ない人間がいる。
愛情ある家庭で育った人間と、愛情ない環境で育った人間。
そして、現在の環境。

戦後は身分の格差がないだけ、努力をすればよかったかもしれない。
バブルの時代に生きていればいい。
誰でも景気が良かっただろう。
しかし、バブルが終わり、就職難になった時点で、
親の経済力は、直接的に子供の可能性であり、やる気と
自由度につながるようになった。

資格がなければ誰でも入れるような、給料の安く、
人がすぐ辞めるような過酷な仕事しかなく、
資格は社会に出る前に取得していなくては、
時間も金もないとゆう状況になるので、
貧困層は取得ができなくなる。

小さい頃から好きな事があるならいい。
小さい頃から情報が少なく、環境もないなら
自分に何が合っていて、何を夢を見ればいいのか?

銃が手元にあったらとっくに頭を撃って死んでいた。
銃が手元にあったら人混みで乱射していたかもしれない。
麻薬があったら使っていたかもしれない。

だからアメリカの銃乱射事件や、
秋葉原などの、無差別事件の気持ちはわからないでもない。
しかし、死ぬのはいつでもできる。
借金をしていても、人間は意外と生きれるものである。
生きるだけなら、財政が殺したと言われないように
一応は、守ってはくれる。
犯罪を犯す時と、死んだ時が本当のBADENDだと
思っているからやりはしないが、
どうせやるなら核を東京に落とすぐらい、
腹に社会の毒や苦しみを溜めてからでいい。

1人が100人殺す社会になったら、社会は成り立たなくなる。
今までの無差別殺人は数人規模だとしても、
これから1人によって100人以上の無差別殺人が行われる事が
起こるリスクを考えたら、社会保障はちゃんと考えないといけない。
たったの10人で1000人の命が、100人で10000人の
命が失われる可能性は極力避けなくてはならない。

もちろん、技術が発達した現在、
1人で1万人規模を狙った無差別殺人も不可能ではない。
だから、1人1人を大切にでき、
人として当たり前に生きれる権利がほしい。

例えばだが、消費税5%の日本では、95%が保証が無い状態で、
生活保護期間中でも子供は作れば作りっぱなしだったりする。
普通の家庭は、子供を育てる金がないと、子供を作らないとゆうのに。
子供を産んだと思ったら、放棄する親もいて、
全然、子供を産む事から、教育、
仕事、老後について、国がルールを設けていない。

金さえあればいいってのなら、国なんかいらないわけで、
金のない家庭でも、当たり前に生き、
夢を持てるようにしないといけない。
家系を維持する為には子供が必要なわけで、
子供ができない家系は、その時点で滅びる。

子供減るって事は、国の可能性が減る。
家庭が減るって事は、国の一部が滅びる。

教育は、個人に行うものであるが、
その知識を活かすのが仕事。
仕事で成功をすれば国益に、
仕事をせずに生かしておけば、国は損をしていく。
老後に、年金を納める経済力がなかった老人に、
おまえは国の為に働いていないと言うかのように
年金を出さないのも国としてどうか?

こういった、当たり前の事が当たり前にできる
社会になれば、募金をしなくてもいいんだろうけどねー。
武力に頼り、地球環境を壊している状況で、
毛の抜けた猿にはまだまだ無理なのかな?

金で人間の価値を計るなら、せめて、
全財産を賭けた勝負があってほしい。
将棋でも囲碁でも格闘技でもゲームでもカードでも、人が集まるなら。

金がない人はスポンサーをつけるとか。
参加資格は50万円以上から。全財産没収。
辞めるのは、最低でも1人を倒した時。

なぜ生きているか?誰かより優れている。
一人を倒しただけでも、
それだけで人間の半分以上の人間より価値は見出せる。

競技は何でも良いが、
基本的には命を賭けた戦いだから、
接近戦なり、遠距離戦なり。
映画のバトルロワイアルのように、無人島とかで戦えば、
他人に迷惑はかからない。

金持ちって事は、社会的に生きる保障はされるが、
金がなくても、生きている価値がある人間なのかを調べるもので、
金のない老人とかも当てはまる。

金が無くても、動物や乞食のように生きているだけで
幸せな人もいるでしょう。その人は参加しなくて良い。
うちのように、ただ生きている事に意味を感じない人は
参加をしたらいい。

介護を受けるにも、病院にかかるにも
食べるにも、電気、水道、エアコン、
住宅費、車、パソコン、こんだけ金に依存し、
国が保障しきれないなら、これぐらい出来てほしいものだ。

うちみたいな不必要な人間が命をかけるだけのものって何だべな?
命をかけるだけのものが見つかっていないから
人間のゴミなのかもしれないけど。

Category: 思想

Theme: もういやだ

Genre: 心と身体

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks