2010.10.22(Fri):政治・社会
今日の金曜バラエティはヒドかった。
氷川きよしと、Wコロン。

普通なら、歌手と歌手がゲストだったりするが、
今回はなぜか歌手と、お笑い。
ねずっちと、氷川きよしは有名な学会員。
完全に創価学会番組でした。

広告料をもらわず、組織運営の独立性を保障された公共放送が、
視聴率や市場原理にとらわれることなく、
質の高い多様な放送を総合的に行うことが、
これまで以上に重要になっていると考えています。
って、モロに創価学会の市場原理に食われているではないか!

NHKのスタッフは、創価に貸しを作ったり、金銭を貰って
利益を得ていると考えていい。
NHKだけではなく、他のテレビやラジオ、新聞等の
マスメディアが創価に何かしら影響を受けているはずです。

金の貸し借りに問題ができるようなら、
入手困難なプレミアコンサートのチケットだって、
一声かかれば座談会などを通して100人規模で応募して
何十枚もチケットを手に入れ、それを賄賂に使う事もできる。

もちろん、コンサート等のスタッフにも学会員を入れて、
優遇させる方法も不可能ではない。

そして、その晩には久本雅美が出ているぴったんこカン・カンには、
泉ピン子と、両親が創価で、聖教新聞屋さんの松山ケンイチ。

で、俺が創価学会を嫌いな理由につながるわけですが、
こうやって、創価は創価同士でつるみ、
その分、一般の人がはぶかれる結果になる。


このウェイブって、洗脳のDVDですが、
仲間意識が強く、その集団に依存しすぎる点で
宗教や、創価とよく似ています。

この創価同士でつるむのは勝利の為なのか?
創価学会は勝利にこだわるようですが、
こだわっている時点で、負け組の思考です。
上に書いたように、勝利するとゆう事は、
努力した人を排除して自分が利益を手に入れるとゆう事。

失敗は成功の元。成功しか知らない人間は薄っぺらい人間で、
成功していた分、それ以上に不幸になるのが人生です。

それで下のネタ動画だけど、


創価学会に入会して成功しましたって、
創価学会は、宣伝塔として芸能人を立てて、
学会はまともな団体だと思わせる魂胆。
芸能人が、政治家が、皆が学会員だから正しいし、
安全だと思わせる魂胆。

宣伝塔となる人材を育成する事で
信用と入信者が増えるなら、
その学会員の給料+αの金をばら撒いても
学会的には安いものです。

しかし、現状のように、テレビをつけると
1人は学会員が出ている状況は、
当然の事ながら問題視しなくてはなりません。

面白くない芸人や、歌が上手いわけでもない歌手が
学会員だったりする。
芸能人になりたいなら、大物プロデューサーやタレントのコネを作るより、
学会員になって芸能人になる方が有名になりやすい時代です。

ゆくゆくは芸能人の半分は学会員になるか、
芸能人=学会員になる可能性もあります。

パソコンを使っている人なら、
創価学会の情報がちょっと調べれば出るが、
一般人はテレビやラジオからの情報が洗脳的に埋め込まれる。

偏った情報により、人は悪は正義、正義を悪と思うようになる。
良い例が中国であったり、北朝鮮等の独占国家。

創価学会に入会して成功した。
事実は、学会が駒を利用しているだけ。
個人の力ではありません。

一般人が成功するのも、創価は創価同士でつるむので、
組織に入っていない人で、仕事の才能がない人よりは成功しやすい。

資金力や組織力で、政治や、警察、芸能界などに
影響を与えている組織がまともなはずがない。

その組織力がない一般人は不幸になる。

そもそも、宗教団体が政治に関与するのも問題です。

宗教は自由。
しかし、新興宗教が政治で党を作っているのは危険でしかない。

例えば、オウム真理教が当選して、犯罪をしないまでも
党を作っていたなら?
もしくは今からでもオウムの人が当選してもいい。
それで皆は何とも思わないのか?

建設業や警察や医者などの職種や、
国籍や肌の色で判断したりするのは、
履歴に表示されるからわかりやすいが、

宗教って、どの職種にも、どの国籍でも
入信していたりするからパッと見わからない。
友達の友達がアルカイダってのは当然ありえる事。
だからこそ危険なんです。
特に神と仰ぐ人間がいると。

そもそも、神ぐらいの能力があるなら
ビルゲイツや、本田宗一郎のように、
個人で事業を大きくして、そこから政治などで
手腕を振るうと思うのだが、

先生は組織に入って、金正日や温家宝のように
組織内から持ち上げられた人間だろう?
人から尊敬されるだけの人間のやり方ではない。

そもそもだ、
俺の知っている神は、嫌な事ばかり起こして
人の器を試しやがる嫌な奴です。

人間は苦しみを与えないと、人の痛みを知らないからだって。
その試練から逃げる人間は、それだけの人間でしかなく、
堕落し、今後もそれ以上の試練を耐えれない不完全な存在とされる。

不完全な人間が神から愛される方法はただ一つ。
他人の為にどれだけ努力できるか?
幸せにしてくれと拝んでばかりで
何も人の為に努力していない奴は、
他人を幸せにしていないだけ、幸せになれるはずがない。

尊ぶ気持ちや、信じる気持ちは、先の見えない人生の中で
必要だったりしますが、神は拝んだり、貢がれても喜びません。

先祖が子供に別宗教で拝まれても嬉しい訳はないし、
日本語や、英語など、言葉が違う宗教ってのも
結局、言葉通じてないやんって事です。

貢いで喜ぶのは教団幹部。神の名を利用して金稼ぎです。
その金で勢力を強め、洗脳の為の宣伝に使い、
日本で稼いだ金を中国や韓国などの諸外国に流す。

弱肉強食、それが神が生き物に課した進化の課題。
弱き者は組織に守られていないと生きていけない。
しかし、頼っているつもりが、実は組織に利用される。

知能の発達と共に、人間は逆に弱くなっていった。
組織に入らないと生きていけないのはわかるが、
体の他に、心まで弱ってしまうようでは
自分まで血をつなげてくれた先祖に申し訳がなさすぎる。
今まで世話になった人達にも申し訳がない。

どうせ死ぬのに、そんなに金を奪い合って、
あの世にいくら持っていくつもりか?

人を批判するぐらい、自分は素晴らしいのか?
自分の方が他人より優れていると思わないと
存在意義を感じない人間はたくさんいる。
やる事は人間に必要とされるが、人間自体を愛される事など、
これほど増えた人間の中では家族間意外でほとんどない。

人を批判するなら改善点や問題点を。
悪い所を見るなら、良い所を見るべき。

強さだけを求めて滅びた恐竜と違う、
人間の進化は、共存共栄。

創価みたいに、自分達だけを仲間だと思うのは間違いで、
本来は宗教なしで皆が仲間であるはず。
宗教とゆう組織に頼っていると、その組織から出れなくなる。

家族に創価学会員がいる事で、
家族が他人との係りに影響ができる事も問題として考えてほしい。

そして、このブログのようにアンチも発生し、
創価はカルト宗教だから係らない方が良いと思われるようになる。
すると、ますます自分達の殻から出れなくなる。

創価じゃなければ普通に結婚できるであろう人間も
創価って宗教をしているせいで、相手の家族からも
反対されるに決まっています。
だから創価は創価としか結婚もできにくくなる。

子供も創価に入ると決まっているわけでもなく、
イジメの原因にもなる。

こんな問題だらけの宗教でも、
見ればわかるが、遺憾に思うしか言わず、
鼻糞をほじくって座っているだけで高額な給料をもらっている
日本の政治家は、人が死亡するか、犯罪にならないと動かず、
未然に新興宗教が政治(日本)を洗脳して、動かすようになっても、
何も対策をせずにいるのが現状。

ましてや、政治家内にその組織が出来たものだから
顔色を見て発言が出来る奴などいるはずがない。
いたとしても、法案は組織力と資金力を恐れる奴が出てきて
票数が割れて否決されるはず。

今後、創価学会は海外にも、日本政府のお墨付きがある
新興宗教だと堂々と顔を出すでしょう。
ここまで社会に影響が出るように勢力を伸ばす宗教は
カルト教団意外の何ものでもないに決まっている。

以上の事から、うちが創価が嫌いな理由であり、
他の人も創価を危険視してほしい理由である。
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/716-f48cd490
 ←内容を管理者だけに閲覧させる