バイト 雇用 人員不足 正社員 責任 ホーミー

 【 2010.10.06(Wed) 】

労働者数が少ない職場について考えてみた。

そんなうちの職場でも、
ただでさえ人手がない職場なのに、
夏の忙しい時期にスタッフが辞めてしまい、

他の職員の働く日数が増え、
一人が風邪で休んだら他のスタッフが休めなくなったり、
誰もいない所で作業中に熱中症で倒れたら
死亡事故になる可能性が高まっていた。

だから、基本的には回せる人数+1ぐらいにしておかないと、
何かあった時に人の手が足りなくなるって職場は、
不景気と言われている現在では、
ほとんどそんな状態でやっているのだと思います。

余裕がないから事故なども発生しやすくなる。

それと同時に、
アルバイトや非正規雇用についても考えていました。
みなさんはアルバイトが何かミスをしたらアルバイトには責任はなく、
上司のせいだと思っていないだろうか?

教育がきちんとされていないって点ではそうなのだが、
しかし、アルバイトの責任は、
結局はその個人の問題なのです。

例えば、カラオケに行ったら部屋が前回使った客のままで散らかっていた、
もしくは、アルバイトの警備員が誘導したら事故になって死亡したとか、
可能性ならいくらでもある。

客からしたら、バイトだろうが、店長だろうが、
相手をプロとして見るって話で、
そこで問題が起きたら、
結局は会社の信用問題につながるって話です。

だから、バイトだからって責任がないとゆうのは間違いだと思っているのです。
しかしながら、人手が足りないが、
人員を増やすと経費がプラスにならなくなるってスランプが発生しています。

そこで考えて出た結論は、
現在のバイトと正社員の雇用体制は逆なのではないかと思いました。

現在はバイトが正社員になりますよね?
そしてバイトは給料が安く、正社員は長時間働かされる事で、
生活水準に満たない国民や、
働きすぎによる過労死や、
家庭をおろそかにする親が出やすくなり、

国としては最低賃金を上げざるをえなくなって、
会社としては更に人員を増やせなくなっているのが現状だと思います。

そこで、この体制を逆にし、
正社員になってからバイトになるとすると、

正社員で時給が高くなり、
無理せずに働けるようになるって状態にする事で、

バイトだが、会社のやり方は完璧に覚えていて、
人手が足りなくなったどこの場所で臨時で働いても問題はなく、
給料も正社員とバイトでもあまり代わりがないって状態に
できるのではないかと思いました。

正社員とは別に、給料が高いバイトなら、
忙しい時は手伝ってもらっても、
忙しくない時なら休んでもらうなり、
現場ではなく、会社に上がってきてもらって
ミーティングをするなどしてもいいはず。

客の信頼を失いたくない会社や、
技術が必要な仕事で、
仕事がないからとスタッフを手放すのが嫌な職場では
こっちの労働形態の方がいいのでは?





上の動画を見ていて思ったのが、
お経って音程的にモンゴルのホーミーに似ている気がしました。
それなら動物が反応してもおかしくない。

Category: 政治・社会

Theme: お仕事

Genre: 就職・お仕事

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます。
ありがとうございます。

Posted at 12:42:18 2010/12/13 by 職務経歴書の書き方

Comments

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

Posted at 23:05:53 2010/10/20 by 職務経歴書の書き方

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks