2010.08.10(Tue):政治・社会
Jリーグが出来た頃ぐらいからジュビロファンなので、
ベガルタ仙台ができても応援はしませんが、
先日気になった事があったので書いておきます。

それは、ワールドカップで北朝鮮代表として活躍したベガルタの選手が
凱旋したと地元のニュースで放送されていたのです。

ベガルタ仙台と言えば、地元の選手がいなく、
J1に上がる為に、今まで頑張っていた選手を解雇して、
外国人ばかり入れるダメチームなのはわかっていましたが、

拉致問題やテポドン、核問題などで問題とされている北朝鮮の選手を入れて、
日本の金を北朝鮮に貢ぐ手伝いをしているなんて、
このご時世に何を考え、
それをよく許可したなと思っていました。

これは、北朝鮮の選手への差別ではなく、
拉致被害者や、遺族を殺害された韓国人への配慮だと思います。
もし今後、北朝鮮と戦争などあったら、
その選手はどうするのか?

日本やアメリカや韓国が警戒している国の
選手をスターの立場に置くのはどうなのや?と思います。

それと、別に外国人とか、韓国人とかを差別する気はありませんが、
仙台のチームなんだから、宮城の選手をなるべく入れるべきだし、
外国人選手にもなるべく頼らない方がいい。

サッカーや、相撲もですが、
あんまり外国人ばかりだと、
日本で開催する意味がなくね?って気がしてきます。

ベガルタファンから何か言われそうな内容ですが、
ファンなら、何でもかんでも応援しないで、
J1で勝ちたいからと言って、
そうゆう運営方法は辞め~やと注意するのもファンの役割だと俺は思います。



トイレのロック中の時間を表示できる装置が欲しいなと思いました。

トイレのドア部にドアノブと同じように取り付けるもので、
40分以上ロックがかかったままになっていたら、
ドアノブ部に、ロック状態で何分放置されているか表示される。

その際、設定されたメールアドレスにメールが飛ぶ。
それで、トイレの中で倒れた人や、
たまたまロックがかかった状態、(そうならないように作るべきだが。)
ホームレスなどの占拠を防ぐ。

それと、必要なら、
何時から何時まで何回の使用回数があって、
何回、何分のタイムオーバーがあったかのデータを
設定したメールに送る機能もあればと思います。

この機能は、駅や公園などの公共施設で必要なのではないかと。



これよりベンチは言いやすいようにベンツと呼ぶ事とする!



タイのデモがニュースになっていましたね。
一応、終了はしたみたいですが、
もっとやれです。

事の発端は、
都市に投資を集中したら、
地方との格差が広がり、

その差を緩和しようと、
逆に農村や、新しく金を手に入れた人達に金を回したら、
今度は権力や裕福な人達が反対したってだけで、

じゃあ、0にも100にもせず、
両者が譲れないラインで50なり70にしたら?って誰でも思うかと思いますが、
大統領が1人で、
そのマニフェストが極端だと、
このように、国民同士で意見がぶつかる結果になりやすいかと。

国を管理する代表はあくまで代表で、
マニフェストはマニフェストとして、
別物で投票をすれば、
国民の何割が地方に力を入れるべきだと考えていて、
何割が都市を発展させるべきだと思っているのかが
わかりやすいと思うんですがね?

とりあえず、今回のようにデモをするのは、
良い事だと思います。

話し合いで済むのが理想ではありますが、
話し合いをする気も、対応の仕方もわからない政府に対してはデモでもして
辞めてもらいしかないでしょう。

デモをするだけ政治に感心がある事は良い事です。
どっかの日本みたいに、
不景気になったら政治に頼って、
マスコミが騒いでからやっと政治が変わる国よりは。

しかしながら、
デモに対して、軍隊で鎮静化をはかる国はダメです。
それこそ、北朝鮮や中国みたいに、
国民に意見を言わせない独裁政治になりかねません。
正義が武力に負けたら、先はありません。
死んでも家族や国民の為に戦わないといけない。

これに似たような事件がてんあんもん事件。
国民の為にあるのが政治なのに、
政治が国民を殺すようではいかんです。



現状として、アメリカ軍にも守られている日本。
北朝鮮のテポドンが太平洋に落ちるまで
撃墜できない自衛隊。

そんな状況で、自衛隊がやっているのは
主にテスト訓練と、災害時の復興支援。

むしろ、復興支援隊にした方が、
外国からも受け入れやすいだろうし、
プロとして育成しやすくなるんじゃ?

とりあえず、自衛隊は軍人じゃないとはいえ、
戦場で戦死する覚悟がないならなるべきではないし、
家族も、その覚悟がないなら結婚すべきではない。

たまたま戦争がないだけで、
警察よりも安全だと思ってもらっちゃ困るし、
海外との関係もある時代だから、
アメリカ軍みたいに、
囚人に暴力を振るったり、
子犬を崖から落としたり、
少女に暴力を振るったりしては、
国として、自衛隊として信頼を失うようになるから、
殺しあいで勝てればいいって人間を働かせていてもマズイ。

戦争がないからこそ、
戦争をなるべくしないようになっている時代だからこそ、
逆に必要になっていく軍隊の制度があるかと感じます。

普天間の基地問題ですが、
他の県で受け入れを拒否される基地って何やと。

普通に、工場融資みたいに、
収益が街や県に金が入るなら、
歓迎するくせに、
拒否されるって、
アメリカ軍は日常生活において、よっぽど酷い制度なんだと考えていいかと思います。

いつまでも、日本はアメリカに負けた国だと、
アメリカ軍の人は思っているのか、
広い土地のアメリカ基準で、
狭い土地の日本を同じように考えるべきではないと思います。

今回、普天間の基地問題で問題となった、
滑走路の問題もですが、
戦闘機の騒音問題も、
アメリカらしいとゆうか、
相手国に対する配慮のなさが感じられます。

これは、戦争のない自衛隊も同じで、
いつ墜落するかもわからないし、
振動が発生するから、
民家の上はなるべく飛ばないってのは当たり前で、

騒音もなるべく出さないようにするべき。

全然防音にならない防音工事なんかするよりも、
外で歩いたりしている人の事も考えて、
飛行音の静かな飛行機作りもやってほしい。

アメリカは土地が広いから音なんか気にしないだろうが、
日本は国土が狭いし、
敵に、ここに飛行機が飛んでますよ~と知らせるように、
うるさくしている必要はない。

戦争がない分、
地域の人達の日常生活をいかに基地があっても普通に送れるかってのを
重視すべきじゃないの?と。

あと、飛行機は飛行機で打ち落とせばいいとして、
テロや、ミサイルの対策や、
よく、SFの世界にある、宇宙から衛星を使っての攻撃など、
どうやって自衛するか考えてあるのかと聞きたい。

警察との連携もだけど、
自衛隊がどれだけ自衛できるのか疑問です。

天下りじゃないが、
税金を使って、想定外の事が起きた時に、
何の意味もない昔ながらのマニュアル通り訓練ばかりして、
公務員+危険手当てで高い税金を
給料としてもらっている気がしてしかたない。

戦争がないからこそ、
気をつける事があり、
戦争がないからこそ、
戦争以外の事態も考えておかないといけない。

とりあえず、
アメリカは騒音なんか気にするような国じゃないから、
日本の企業が戦闘機、
もしくはエンジン周辺の製作を願います。

日本は軍隊を持たない。
だからこそ、日常生活に支障をきたさない消音性と、
敵国の戦闘機から国を守るだけの性能の戦闘機が必要だと思います。

これは、民間だけで兵器を作るってのは、
難しいところもあるので、
自衛隊の中でも、
軍用兵器製造部門を設けるべきかと。
いつまでも海外から兵器を買ってちゃ、
守れないに決まってます。

だって、金を払えば買えるような、
いらなくなった兵器なんか、
日本以外でも持っていて当然だし、
それより良い兵器を開発している可能性だってあるはずだし。

相手国から一線を退いた兵器を買うリスクや、
購入費を考えたら、
1機は買うとしても、
それを参考に自国で改良、
製造、同盟国に販売した方が、
いいんじゃないの?とも思っています。
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/695-4943471e
 ←内容を管理者だけに閲覧させる