2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

結婚資金 資格 公共施設 大阪 放置自転車

 【10//2010】

ダメ人間だし、他人に迷惑をかけるわけにもいかない。
大事な人なら尚更迷惑をかけるわけにはいかないので
結婚する気がない、どうも僕です。

そんなことで今回の疑問。
デジタル社会で、すぐにワイセツなどで訴えられ、
社会に出たら尚更良い相手は結婚しているので、
社会に出ると出会いがない上に、
経済的な問題もあります。

子育て支援があっても、いつリストラにあうかもわからない、
企業もいつ倒産するかもしれない、非正規雇用が普通の時代。

下手に子供が生まれても、習い事をさせないと、
良くても非正規雇用になり、悪かったらニートや犯罪者そして借金。

育てないと、保護責任者遺棄罪で、
老年者、幼年者、身体障害者又は病者を
保護する責任のある者がこれらの者を遺棄し、
又はその生存に必要な保護をしなかったときは、
三年以上五年以下の懲役に処する(218条)。
だから下手に子供は産んではいけない。

給料が高くても、低くても、
収入と支出のバランスも重要ですが、
だいたいでお答えください。






大阪の北新地の放置自転車問題がニュースでやっていました。
10台ぐらいの放置自転車は邪魔なぐらいですが、
約3000台ぐらいあるらしく、
その状態で強制撤去を行ったらしいです。

有料の駐輪場を1000台分追加するらしいですが、
やっぱり大阪政府のやり方は野蛮ですね。

普通に考えたら、十分に駐輪できるぐらい駐輪場を増やしてから
撤去するのが当たり前だと思うんですが、
駐輪場がないのがわかっておきながら撤去するとか、
大阪市民の財産を何だと思っているんだ。

大阪は前も、ホームレスの受け入れもしないまま、
テントを撤去した経緯もあり、大阪政府のやり方は
問題があると思っていました。

そうなった原因を改善しないのに、罰則で押さえつけても、
同じような環境になった人は次々と犯罪者になる。

病気になる前に、予防をしなければ病気になる。
病気になったら刑務所で隔離する。
病気になる前に予防をさせるのが政府の仕事であって、
病気になるなよって言うだけで、
病気になったら刑務所に入れるのが仕事ではないと思います。



学校→資格→各企業のやり方と、
仕事になるだけのスキルの順位があるかと思います。

学校で基本的な情報を覚えてから、
資格でその職種の基本情報を覚える。
そして、その資格を活かして、
各職場のやり方を覚えて仕事とする。

学校は誰でも行くとして、資格を覚えずに
各企業に就職できても、誰でも出来るような
給料の安い、人が嫌がる仕事しかありません。

もし、資格があっても、企業のやり方に
ついていけない場合もありますが、
最低限の手順としては、上に書いた順序に
仕事につかないと、とりあえずは結婚したり
普通に生活するのも難しいでしょう。

資格制度が出来、それでお役所も業者を選ぶようになったので、
プロとしての肩書きが紙の上で見えないといけないみたいです。

スポーツ選手もですが、習い事をする資金力のある家庭に
生まれた貴族が、有利な立場になる差別社会です。



県の施設は危ない。
無駄遣いして金が無くなった県が特に危ない。

必要な物を必要な分だけ増やしてきた県は、
極端に酷い財政難にはなっていないはず。

財政難になるような県は、どこかしらオカシイシステムになっているはずで、
無駄遣いが多く、現場も見に行かない、
監視すべき人のスキルがないのに、
議員の権限が強いなど、
予算を使う為に金を使うなど、問題点があるはずで、
そんな管理下で、財政難になったから、

予算を減らすと、金をかけないように、
危険な手抜き工事や、後先を考えていない設計、
材料が安い危険な施設などが作られやすくなり、
事故が起きてから問題の大きさに気付く事になります。

造る前なら修正がききますが、
予算を使って建設されてから作り替えるとなると、
ただでさえ金がないのに、更に予算が無駄になる可能性があり、
ケチった上に、普通の設備を更に買うようになり、
更に、それに似た設備も一斉に直さないといけなくなり、
被害を受けた家族への損害賠償も支払う事になります。
もしかすると、設置業者などは業務上過失とかの
罪で罰せられるかもしれない。

そのリスクを考えて、公務員は設備を作っているのか
疑問になる事が最近多く感じます。

いくら予算が必要か、予算を削減されないように
無理にでも施設を作ろうとしますが、
それだと無駄遣いもあるので、
無駄を無くすなら、そのうち、必要施設一覧を作成した後に、
県民なり町民などの投票が必須になると思われます。

住民コードもあり、ケータイや、PC、
そして、役場に投票箱を設置して置くなど、方法はいくらでもある。

こうやって実際に住んでいる人が決めてから。
設計を発表。住民から問題点を指摘されなければ
それを実行した方が、後でモメたりする可能性は低くなる。

今は、どこが県で、どこからが街に意見を出していいのか
住民からはわかりにくいので、そういった面でもそうした方がいいと思います。
まだ設置しなくてもいいだろうってなりにくいかもしれないが、
投票率が何割以下なら設置を見送るとなれば、
無駄に予算を組まなくても良くなる気がします。

Category: 政治・社会

Theme: これでいいのか日本

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (1) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事へのトラックバック

SSo?f
D??Zt~ID??q?ZbNX??[?onő?D??qTIdb????IA??o?IA?Ċ...

2010.04.10 (Sat) | o?n