爺 介護 葬儀 死亡 名義 手続き

 【 2010.03.16(Tue) 】

ジジイが寝たきりになり、
動かないから筋肉がなくなり、
食べないから?食べれないから?痩せ、
骨と皮だけって感じに。

先月の通院前の体調不良あたりから調子が悪くなってますね。

足を動かすと痛いから始まり、
飯を食わない、
足を動かせないから床擦れになりだして、
足が常に痛い痛い言うようになり、
酸素をつけてるのに口から息をしていて、
マスクをつけると喋りにくいし、
口の周りが圧迫されるからいつも付けれないが、
頻繁に寝たり起きたりするから、寝てる時だけつけるってのは無理な状態。
飛行機が飛んでて聞こえないし、
声が出にくくなり、
ババアはチャイムや電話の呼び音が聞こえないぐらい耳がいいわけじゃないので尚更つけにくい。

そんな状態で膝やカカトが炎症を起こすようになり、
その痛みが腰の辺りまでくるようになってました。

痛いので、通院する時は
寝台の介護タクシーを使い、
病院でも寝た状態のまま診察を受け、
毎回の事ながら、血を抜いてから一時間、診察を受けてから一時間、
今後、自宅で見てもらうって話で一時間って感じで、
約三時間ぐらいかかり、
医療費は一万円ぐらいと、
当日に体調を崩して介護タクシーを使うようになったので片道6千円、
介護料3千円。

生きるか死ぬかって状態なら尚更、病院に行かないといけないので、
無理にでも生かせないといけませんが、
契約してると安くなるらしいが、契約していないと
1万5千円って高いですよね。どうにかならんのかね?

寝たきりで、最初はシビンを使っていましたが、
足が痛くなってから自分で簡易トイレで「大」ができなくなって
紙オムツをつけるようになりましたが、

はくタイプの紙オムツは自分で脱いだりはいたりできなくても、
寝ながらはかせる事は可能ですが、
今回のように足が痛い状態では、
両サイドを開くタイプじゃないと無理でした。

beltudo.jpg

介護してて思ったのが、画像のように中間の所を
ボタンで上下できたらなと感じました。

痛がって動かせない状態だと、オムツを体の下に滑り込ませるのが
大変だったので、お尻の辺りが凹めばなと。

そんな状態で何度も便が出たり、
痛がるのでシップを貼ったり、
湯タンポで暖めたり、揉んだり。

寝てる時はいいんだけど、
起きてる時はいつも婆さんを呼んだりしてました。
まるで赤ちゃんがお母さんを呼ぶみたいでした。

俺もいたけど、基本的には婆さんを呼んでたので、
やっぱり夫婦だから甘えやすいんだろうなと感じました。

そして、一晩中病んで、足腰が痛がって婆さんに揉んでもらい、
一週間前ぐらいに他界した爺さんと仲良くしていた人が
迎えに来ないとボケた発言をして以来の、
あの紙にハンコを押さないといけないって発言もしている状態で、
炎症のせいか、酸素が少ないのか、痛みのせいか、
脳にもきてるなと感じ、

仕事を休まないといけないかなと思った日に、
ちょうどイトコのオバチャンが来るとゆうので、
任せて出勤したら、昼にヘルパーさんに見てもらって、
このままではダメだってことで救急車に運ばれました。

そこから、家に婆さんしかいないって事で、半休をとって家に帰り、
五時半に病院でイトコのオバチャン達と
待ち合わせ予定で5時前ぐらいに家を出て、
給油をしてたら、お婆さんも連れて来いって電話がきて、
危ないのかなと思ったので、急いで病院に向かったら死んでた。

カリウムが溜まっていて、それを点滴で抜いているうちに息をひきとったらしい。

人に気をつかうから、
妹1人だけにみとられた感じで、
婆さんも倒れる危険もあるので、
こんな亡くなり方で良かったかなと思います。

これ以上、病んで痛がるとか、
入院が続いたりすると、
財布にも痛いし、仕事を休んで見るようになる事を考えるとベストですが、

タイミングが超悪かった。
うちの職場は人手がない時だし、
イトコのオバチャンは年度末で忙しく、休みが取れない状態。
イトコのオンチャンは夜勤あけ。

季節の変わり目は危険とは言いますが、
年度末は仕事が一気に発注されたりして忙しい職種もあり、
亡くなると凄い大変ですね。
そもそも、年度末に一気に仕事を発注するのがおかしいんですけどね。

葬儀なので仕事を休む事になりましたが、
その頃から銀行などに金がまだ残っているって話になり、
通帳が複数あって、
引き落としもバラバラ。
ハンコも複数あって、
どれがどれだかわからない状態。

葬儀の時は線香を消さないように二時間おきに起きて、
2日目。
三日目は葬式で、
その晩もほとんど寝ずに朝まで。
四日目は火葬。
一段落ついてやっと寝れました。

葬式、宗教的なものではあるので、
簡単にはならないとは思いますが、
儀式ってか、マナーってか、
意味不明な事が多かったです。

日常生活で普通の事を普通に
すればいいだけならわかるけど、
宗教的な事って、基本的に、
普通の人が見えないものをあると信じ込ませる為に
いろんな意味不明な行動をするので、
初見で流れをわかってないと何をどのように
するのか謎すぎですね。

葬式も無事に終わったと思ったら、
複数の通帳の事で苦労しました。

通帳をオヤジ夫婦がまとめると
家に持っていたりして、無用心になったり、
挙句の果てに家や土地や田んぼがジジイの名義のまま
変えられてなかったりして、大変な事に。
親族から合意が必要とか、
葬式より、そっちの後の方が凄く大変です。

生きているうちに金を下ろしておくって話を
していたのに、やっていたのはホントに一部だけ。
ほとんど何もしてませんでした。

全然ちゃんと寝ない葬儀と、
親戚や客が多くきて気疲れなど、
その後の金や名義などで疲労が溜まって風邪引きました。

年配でもないのに、これだけ疲れるんだから
残された家族が家族の葬儀後に死ぬって納得しました。

年齢で死亡するのはしょうがない事ですが、
もし事故や病気でいつ死ぬかもしれない。
遺言なんて、頻繁に書くものでもないが、

通帳もだけど、土地や家とか、
もし本人が死亡した時に名義を変更する
手続きにしておかないものかと感じました。
サブ的な、連帯保証人みたいな感じで
メインとサブみたいな感じに設定しておけば、
こんなに手続きで苦労しなくていいんじゃないかと感じました。

日本はいろんな手続きがめんどくさ過ぎて、
それにたかるように処理する仕事がありますね。
もし、処理する手続きの方法がわからなかったら
どうするんだと言いたい。

子供のいない年配夫婦とか、
想定しておかないといけないんじゃ?

申告すれば金が戻ってくるとか、
今回のように誰か死んだら
名義を変更しなおさないといけないとか、
情報をこっちが調べて、いろいろ揃えて
いろいろ書いたりしないとか、

日本は、行政は、払うべき金を払おうとしない詐欺集団かと。
税金を払わないと犯罪者扱いするくせに、
自分達は努力もしないで返金するべき金を
返金しないようにしているようにしか思えません。
消えた年金もしかり。

回収する金も、返す金も、金は金。
問題視してちゃんと支払われるようにしてほしいものです。
あと、適応される制度もわかりやすくするとか、
手続きも簡単にしてほしいものです。

あと、今回感じた事がもう1つあって、
自動車免許や保険証が身分証になっていますが、
自動車免許は住所や本籍が隠されるようになって、
家族であっても証拠になりにくくなっていました。

ほんと、自動車免許や保険証意外に、
住民票とか、保険証とかが合わさった
身分証がほしいなと感じました。

低所得層や、生活保護世帯、障害者、要介護者などの割引制度や、
所得に見合った犯罪の罰金制度、給料など、
いろいろ一箇所にまとめれるカードがあった方がいいのでは?

Category: 政治・社会

Theme: 家族

Genre: 結婚・家庭生活

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks