有給 年度末工事 

 【 2010.03.04(Thu) 】

有給について。
あっても基本的に使えないまま捨てられていますよね?
企業は人件費を抑えるために、休みにくい状況になり、
更に1人頭の作業量も増えて残業が増え、
サービス残業も増えてるのではないでしょうか?

家族がいない人は家族を作るために、
家族がいる人は家族といる時間を。
仕事の手がどうしても離せない人は
捨てられる有給分、給料をもらえるようにしないと
企業側は労働者を死ぬまで、病気になって辞めると
言い出すまで働かせる会社もある。

使わない有給は、有給がないようなもの。
使わせる内容にさせないとね。



年度末工事について。

年度末に仕事増えすぎですね。
ほんと四半期毎ぐらいにした方がいいと思います。
金銭的にもだけど、仕事の量がゴールデンウィークで
仕事が混雑しすぎです。

何かの為に予算を取っておく気持ちもわかるが、
不景気で多数の企業が倒産するまで金を使わなかったくせに、
年度末に休みが取れないぐらいガンガン仕事を発注してくるって
改善するべきだと思います。



有給もだけど、前回のオリンピックの話の続きでもある話。
社員がメタボにならないように企業に注意をするのはわかるが、
では、社員がどうやって痩せるか?
病気になるぐらい働かせろって事でしょうか?
基本は運動でしょ?仕事をして、家事をして、運動もできるぐらいの余裕。

メタボペナルティだけだと、やるなやるなと言う
日本らしい結果になるので、
むしろやった方が得だよって感じのもあっていいと思った
人間は、するなするなと言えばやる。
やるなやるなと言っても、ペナルティが大きくないとやる。

一番は、やった方が得をするってのが一番人が動きやすい。
なので、企業としてでもいいし、個人でもいいけど、
市民の大会をもっと報酬を良くしてみてはどうかと。

どんなスポーツでもいいが、市民大会で優勝したら
企業や個人にボーナスを与えるようにしたら
健康な国民が増えるし、企業も利益や宣伝にもなって得も
できるようなるんじゃないかなと?

じゃあプロを雇う職場が増えるんじゃないか?
と思うだろうが、プロとかアマに階級みたいなので
分けてあれば大丈夫では?

プロ級の国民が増えれば、
たぶんスポーツの大会も観戦者も増えるだろうし、
世界大会も面白いレベルになるような?

Category: 政治・社会

Theme: このままで、いいのか日本

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks