雪かき ネット

 【 2010.01.15(Fri) 】

雪の季節です。
今年は思った事があります。
重労働の雪かきをなんとか簡単なものにできないかと。
で、いろいろ考えてみた。
道路が暖まれば雪は積もらないが、
道路以外の民間などは積もってしまう。
機械を使えば楽なのだろうが、
相手は所詮は水なので、
溶かしてやれないものかと。

最初に考えたのが、
ブルーシートみたいなのの四隅と中央に電池をつけ、
発電させるもの。
しかし、電池の交換がめんどくさく、
重量も出て、体力がない方には厳しいかと。

次に考えたのが、
温めたウインドウウォッシャー液みたいなのを散布するか、
温めた除雪剤を撒くか。
しかし、これは意外とすぐに雪に熱を奪われて、
作業エリアも限られ、
何よりも重量が大きくなるのではないかと。

で、結果的には、
軽くする為にある程度隙間を開かせたネットをバッテリーで充電し、
発熱させてはどうかと。

たぶん、これが一番、
楽で、重くなく、現実的な気がします。



とりあえず、こんな感じなのが一般家庭向けなのではないでしょうか?


向こう側の人と手助けできるように持ち手は両サイド、
あと、向こうに投げるようにフック&ヒモがあるといいのかも。
出力は切ると、中と、強を考えてましたが、
基本的に雪が積もるって状況なので、強のみでも良いかと。

そして、上と下にスイッチがあるとスライドさせた時に
間違ってスイッチを押す可能性があるので、手前の横面がいいかと。
あと、バッテリーだけど、どちらか1方をつければ
ネットが熱くできればいいんだけど、出力が弱いなら2個必要なのかも。
そして、どちらか1方だけでもOKなら、どっち側でも操作できるように
2つあってもいいのかなとも。
重いなら1つでいいと思うけど、今の技術力ならどうなるのかわからないので、
一応両サイドに2つつけてあります。

Category: 政治・社会

Theme: ひとりごと

Genre: ライフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks