高橋尚子のマラソンしようよ! ニコニコ生放送

 【 2010.01.08(金) 】

元旦からずっとニコ生ばかりしていました。
正月休みに入ってすぐに綾波育成計画をし、
散々なイベント内容でしたが、綾波とラストは結婚するぐらいまでなりました。

たぶん綾波はストーリー内容が同じになるだろうから、
次はアスカをやる予定です。
人に愛される恋愛ゲームって癒されますね。

そして次に手を出したのが、
105円で買った高橋尚子のマラソンしようよ!



ブラザーインアームズの空いた時間に最初の
クラブ設置場所の地図が、
人口や特産物などが詳しく書いてあって、
それだけでも楽しめたので、どれだけ神ゲーかとプレイ。

初期選手、初期コーチの能力がショボく、
選手、コーチ獲得ですぐに間ちゃんとコーチを入れて、
他をすぐ解雇してスタート。

最初は間ちゃん(間 李衣)は3時間ぐらいレースでかかり、
7位から12位ぐらいを行ったり来たりしてましたが、
徐々にコツをつかみ、
成長もしてきたので何とかクラブを大きくできてきました。

しばらくは間ちゃんと、友ちゃん(古井友子)の2人で頑張って、
やっとBランクの大会にも勝てるようになってきたら、
Aランクの試合は2時間30を切るタイムじゃないと勝てないぐらいで、
早い選手だと20分前後のタイムを出すので、
Aランクの大会では勝てないので、
Bランク大会でしばらく資金稼ぎをしていました。

直接指導で能力の底上げをしながら、
強い選手が出ないのを確認しながらAランクに出て勝ったり負けたり。

たまにファンとのふれあいイベントの表示が出るので、
やってみたけど人気がないためか、
毎回赤字で失敗ばかりなのでやらなくなりました。
選手のストレスが溜まるし。
やるなら、選手の人気がレースでSぐらいになってからかも。
もしくは人気を上げる為に先行投資をするか。

とりあえず大切なのは月々の給料になるので、
評価を見比べて、的確な額やターゲットに売り込むのが重要ですね。

それと、選手の育成にはまず食事の選択。
月初めに何の能力を伸ばす食べ物を食べさせるか選択すり必要があります。

基本的に能力の上がりやすいものを食べさせ、
休養時には疲労を回復するものに変更するといいです。
疲労回復しやすい食べ物はトレーニング時にも効果があるので、
ずっとそのままでもいいですが、
能力が上がる食べ物は、
休養をすると普通に能力が下がるので、
休養時には疲労回復に変更するのがいいです。
ただし、疲労回復効果の薄い食べ物なら、
めんどくさい場合は変更しなくてもOK。

トレーニングはだいたい書いてある効果なので省きます。

大会は能力が上がっているかわかりにくいぐらいの効果です。
もしかしたら、そこそこの能力アップがあるかもしれないけど、
レース前と後には休養をとる形になるので、
その能力ダウンのせいで目に見えないのかもしれません。

だからレースでは基本的には金、人気、
それと使用したスキルが上がると思ってOKかと。

あと、大会前には疲労のない状態にする為に休養が必要なのですが、
前日から休養休養では能力が二段階下がるので、
できれば、休養トレーニング休養みたいに疲労を減らしましょう。

あと、このゲームは能力7割スキル3割ぐらい大事なので、
スキルの設定は早めにしましょう。
途中でスキルの設定に気づいて間ちゃんと友ちゃんは
スキルを上げ切れませんでした。
1レース中に1レベル2回ぐらいスキルを使うので、
レースのタイムにかなり影響します。

そして、スキル設定は、元から選手が覚えているスキルは
上書きすると消えるのに対し、監督のスキルは消したら
レベルがリセットされても消える事はありません。
そして、複数の選手に教える事ができるので、
スキルの充実した監督を雇うのをオススメします。
覚えさせたら解雇でもOKかもw

ちなみに、選手は引退するとコーチにする事ができるので、
良いスキルを覚えさせておくと、次の選手の
スキル調整がしやすくなります。

あと、能力ですが、
基本的に施設で効率を上げるわけですが、
施設による成長ってわかりにくく、
とりあえず最初は商品開発と休憩効果が上がる施設、
良いご飯が出る施設辺りを優先させていいかと。

製品開発は試合中のシューズとドリンクが開発できます。
シューズは三角で性能が上げれ、
2億で最高の性能の靴が作れちゃいます。
ドリンクは成分は味付けの数が2個で1個ペースで
追加されるのか、ランダムなのか?
とりあえず合成成分数は10個まで合成できるなら
1成分のでいいので10個ぐらい作ると11個作れるようになります。
あと、味付けが市民レースの景品でもらえるので、
市民レース専用選手を育成、めんどくさいなら
最初から能力の高い選手を購入して増やしていってください。


市民レースの景品一覧です。
ペイントなどで獲得した商品を消すと便利かと。

そんなこんなしているうちに
五大陸プレミア(オリンピック)に勝てるまでになりました。
で、感動のエンディングかと思いきや
・・・・
何もなし!
リスナーから五大陸プレミアの他に
タイトーグランプリと言う、
8年に1度の大会が他にあると教えてもらいました。
じゃあ16年に1度の大会はもっとすごいのかと。
32年の大会はもっと強いのかと。
64年、128年の大会はとなるぐらい
選手生命に間が空きすぎの大会にムカつきました。

世界選抜でさえ2年に1度って間が空いており、
ランキング20位以内の選手だけが出れる、
年度代表選手を決めるレースがないのが
おかしいと思うのに、理不尽すぎだと思いました。

そして、その大会に高橋尚子が出て、
1時間57分で走るとググったら出てきたので、
普通に能力を上げただけでは勝ちにくいタイムなので
スキルを途中で改善させた感じです。

しかもタイトーグランプリの出場条件が
前年の世界選抜優勝と、全大会優勝、8年に1度って条件らしく、
ますますない状態。

そして全大会優勝を目指して、Bランクのびわ湖フェスティバルを
勝った時にその時が訪れた。
まさかのBランクの試合後にエンディングである。
感動ってか、唖然とした。

そして、ちょうど間ちゃんを現役で出せる年度だったので
タイトーグランプリを目指すと、
生放送をどれ始めるかと思った次の瞬間、引退表明。
え!?と思ってロードをしたら大丈夫でした。
引退のタイミングは成長が止まってから疲労が
溜まった時にランダムで言われるようです。

とりあえずタイトーグランプリを出すまで引退させないように
疲労をためずにロードを使ってタイトーグランプリまでいかせました。

いよいよって時に、中間地点ぐらいで高橋尚子選手のスピードが低下して、
1時間58分ぐらいのタイムで優勝しました。
え?と思ってやり直しを何度かしましたが、
一番ヒドかったのが、高橋尚子選手が4位で
間ちゃんが2位でエンディングが流れた事。
エンディングのタイミングがメチャメチャです。

このゲームは競馬ゲームの女の子を育成するバージョンみたいな
感じで、アイマスなど、女の子を育成するゲームが
流行ってきた現代に、美少女を育成するゲームとして
売り出したら爆発的に売れると思いますが、

エンディングのタイミングや、イベントのムービー、
思い入れのあった選手の情報観覧、
獲得時の選手のプレビューなどの情報画面など、
残念な点が目立つと思いました。
もっと普通に売れば良かったのにと。
そして、高橋尚子のってタイトルだから
高橋尚子選手を育てるゲームだと
誰もが思ってしまうのと、
時代的に仕方ないけど選手のグラフィックですね。
特に最初のQちゃんと小出監督の画面
あたりでリセットしてしまう人が多いかも。

とりあえず、安くて50円高くても350円ぐらいで
売ってるって事は、在庫がある=売れたって
事だろうから、第二弾に期待。
うまく作ればファイナルファンタジー、
アイマス以上に売れると予想できる作品だと思います。

そして、選手はできれば名前、体系、顔、髪、
肌の色、能力など、ランダムに設定できるように
してほしいと思います。
やっぱり、一生懸命育てたら、対戦してみたら
人と同じ選手を育ててたって状態になると
せっかくの思い入れも台無しですからねw

とりあえず、この値段でだいぶ
遊べるゲームです。
馬みたいに死ににくい?し、
長期間育てれるので、選手に愛着が出ます。
105円のクソゲーかと思いきや、
久方ぶりにハマった育成ゲーでした。



とりあえず、ブログ書いてる時の状況。
島沖さんは間ちゃん、友ちゃんが
引退したら次の世代を背負う為に
育成した選手。お姉さま系です。

シェルシェンはムネと顔で選んだ選手で、
育てるほど可愛く感じてきました。
21歳で成長がきましたが、能力が
全然低く、始めの頃は市民マラソンで
肉離れを起こすぐらいの体力です。
カワイイので、一応育てますが、
人気を上げてアイドル路線にしてみようと思います。

永田みうさんは次世代を背負う選手にしようかと。
タイトーの広報らしく、初期値もまあまあ。
身内補正がかかっているかと期待です。
この後の放送予定はそんな感じです。

過去の放送は、コミュの右の最近行われた生放送の
下にある、生放送履歴一覧からタイムシフトで見れます。
ただし、1週間前の放送までで、プレミア会員のみなので注意!

Category: ゲーム

Theme: 美少女ゲーム

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks