密着エステ 売春 ブログ 意味

 【 2009.11.22(日) 】

密着エステってのがバンキシャでやってました。
16歳や17歳の女が客の股間の周囲をマッサージしたり
する内容が児童福祉法違反にあたるとやっていました。

昔から思っている事だけど、
子供が金を稼ぎたい時に普通に仕事をするのには
親の承諾がいるが、
こうゆう店は賃金が良くて、隠れて仕事がしやすいってので、
家出した女がこうゆう店で働いたり、
ブランドが欲しいとこうゆう店で働くのが
昔からニュースでやってますね。

親に恵まれない子供もいるわけで、
仕事がこれしかないって状況にしているんだから仕方ない事ではある。
むしろ、ヤリたい奴はドンドンやれって俺は思う。

そうゆう奴は性病になって妊娠したり、
ヤーさん絡みの道から抜けれなくなって当然だと思う。
それを本人が望んで入るんだから他人がとやかく言う筋合いはない。

ただし、法律的に守らないと本人が望んでもないのに
こうゆう道に行く場合があるので、
何かしら規制はあって当然ではある。

で、俺が思うこと。
とりあえず、児童を性犯罪から守りたいなら、
児童への性行為自体の罪をもっと重くし、
犯人、それに協力した親、それと、それを望んだ子供を
罪の対象とすべきだと思います。

児童ポルノ法って作ろうとしてるが、
子供本人がいいなら俺はいいのではないかと思っている。
大人と子供で本人の同意なしでエロを撮られる
罪を変える必要はないのでは?

むしろ考えるべきは、未成年者が性行為をすることで
社会的にも、肉体的にも問題がおきやすい事で、
だったらいっその事、未成年者との性行為を
行った者は本人も含め、罰しないといけないのではないかと
常日頃から思っている。

親が金を持っている同士だから子供同士で
性行為をしていいって話でもないし、
親が金がないから子供が性行為をして悪いってわけでもなく、
そこに愛があっても、控えるべきである。

今回の件でも、他のニュースでも、
援助交際で罰せられるのは女ではなく、
男の方だけで、
自ら望んで援助交際をした女は被害者みたいに
扱われるのが納得できない。

店だけではなく、今回の店へ通っていた女も、
売春行為として逮捕しなければ、
客と直接援助交際をするようになると思う。
まあ、年をとったらAVに出たり、風俗に行くようになるんだろうけど、
店だけが摘発され、働いていた女はすぐ開放されるんじゃ、
また店長を変えて、女が気軽に風俗店で働くようになる。

このご時世、仕事がない、金がないってのが
当たり前で、子供なら尚更かもしれないが、
もっと子供の労働口の拡大と、
貧困層に生まれた子供に金の苦労させない
保障が必要だと思います。

罪の重さを強化する分、そうならない為の
保障の強化も同時に必要ですね。



ブログの意味。

ブログを書いてます。
頻繁に書く暇はいつもあるわけではないので、
チョコチョコと更新しています。

本来なら毎日更新するのがブログなんだろうけど、
どっかのアイドルみたいに1日に何十件もアップしても誰にも見てもらえない記事が出てきてしまいます。
それが意外と見てもらいたい記事だったり。

で、後から記事を管理する時も、
記事数が多いと、どこに何があるかわかりにくくもなるので、

毎日更新しなくても、
何かあった事や感じた事などを溜まったら更新する形にして、
1つの記事に1つの内容は専門的にはいいんだけど、

専門的に詳しく書くわけじゃないなら、
抱き合わせで複数の記事を1つにして、
他の内容も見てもらえ、
他の内容からも検索して見てもらいやすくしています。

何時間もかけて書いた記事なら尚更、
流れて消えないようにしたいので。

で、ブログの記事を書いていると、
確実にその道の専門家がいたりして内容を修正する必要が出てくる時があります。

その時は、文章全体が間違っていたら削除をし、
書き直す。
もしくは、横棒で文章の修正箇所を消して、
正しい内容を近くに表示する。
誤解を招く可能性があり、
修正せずにわかりやすく説明したいなら、
記事に目立つように新たに書いた記事のリンクを書き出す感じにすればいいと思います。

よく、炎上したとか聞くけど、
人間誰でも間違いはあるし、
全て正しい事(当たり前の事)ばかりを書いてても意外とヒット数やコメントは伸びないもので、
多少の突っ込んだ内容になってしょうがない気もします。

ただし、頻繁にわけのわからない事ばかりを書いていると、
信用もなくなるので注意。
とりあえず、せっかく見たり、
コメントしてくれる人がいるなら、
逃げずに受け止めるべき。
注意はヒントです。

注意される方が無視されて間違っていたり、
正しい事が、うやむやになって消えるよりマシだと思っていいかと。

それと、アフィリエイトなどでブログで金を稼ぐつもりなら仕方ないが、
(仕方なくもないが、)
広告でクオリティを落としてまで
ブログを書きたいわけではないなら、
某結婚詐欺女性や、
某放火魔のように、
無理してヒット数を増やそうとしなくていい。

ネットの基本として、
全て出会い系であり、
不特定多数の人が見ている可能性あるわけなので、

金持ちの立派な人もいれば、
貧乏で危ない人もいるわけで、
立派な人は鼻で笑って戻るボタンを押すが、
危険な人は面白がって他のサイトでも宣伝をして
仲間を呼ぼうとするので、
体を晒したりなどして、
無理をしてまで頑張らない方がいい。
最悪の状況になる、その覚悟があればいいが。

そして、ブログを書く意味はと言うと、
人それぞれだが、
日記は思った事や感じた事などを自分の中に留めておいて、
誰にも伝わらず、
改善もされないが、
ブログは人に見られる事で、改善の可能性がある。

日々生きていたら、
その時代、その状況になった人でしか書けない記事があり、
同じ状況になって検索を人の役に立つ可能性がある。

もし、明日死ぬかも知れない、
パソコンが壊れてネット環境がなくなるかもしれない。

ただ、意味なく死んで消えるんじゃ、
何の意味もなければ、
生きている意味もない。
とりあえず、生きて感じた事を何かを残さないとね。
そこで、他の人に何か伝わる事があれば、
少しは生きた意味はあったのかなと。

どうせいつかは死ぬので、
病気になっても、好きな事をしてから死にたいですしね。

Category: 政治・社会

Theme: 日々出来事

Genre: ライフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks