最近の 事件 のりぴー 覚醒剤 警察

 【 2009.11.09(Mon) 】

のりぴー、判決は懲役1年6か月、執行猶予3年だってお。
押尾学さんは懲役1年6カ月、執行猶予5年。
のりぴーは逃走してたのに何で3年?
押尾学さんは死亡した女性の件とは別なのに何で5年なったの?

説明が不自然で信用しがたいと5年になったみたいだけど、
これは事件を明らかにしなかった警察や法廷の問題であって
押尾さんの問題ではない気が。

押尾さんが違法薬物との関係を断つ環境整備も十分に出来ているとも認め難く、長期にわたり見守る必要があると言われて5年になったのに対し、
のりぴーが夫と離婚したからと3年になったとしても、
逃走を助けた社長の存在や、
暴力団と暴かれた父と弟の存在の環境で、
薬物との関係を絶つ環境整備って怪しいものだと俺は思います。

押尾さんをかばう気はないけど、
逃走したのりぴーの方が罪は重いと俺は思う。
それと、薬物を摂取したら、摂取した人が異常なるのは当然では?
押尾さんも薬物を摂取している状態で、正しい行動が取れなかった可能性も。

それと、女性も嫌々薬物を嫌がり、無理やり摂取させてたなら問題だが、
大人だし、自ら好き好んで摂取したと思うのが当然かと。
女性の母は押尾さんが全て悪いように答えていたが、
自分の娘が一番悪いんちゃうん?と思っていました。

どっちもどっちですが、その2年の差って何なの?と
ますます法律という物がわからなくなります。
こんなわかりにくいもので裁判員って難しいと思います。

時効まで逃げてれば無罪になるのも謎。
逃げている間に犯罪者は反省していると言い訳し、
実際は捕まらない犯罪の情報を保管しているのが
大変ってことらしいが、

ひき逃げもそうだが、逃げたら逃げた期間が長くなるほど
逆に罪を重くするべきでは?
リンゼイさん殺害事件でもだけど、
女子大生殺害事件が続き、なんだかな~と。

結婚詐欺で起訴されてる女性の周りで6人の死者の事件でも、
6人も死亡してるのに、未だに起訴されてる状態で、
顔も名前も公開されていない状態。

1人が不可解な死を遂げた時点で疑いをかけていたら
5人も被害者を出さずに済んだ?
もしくは被害を最小限に抑えれたんじゃ?

事件が多いからは言い訳にならないのが警察。
不景気だから殺人事件や強盗などが増えて当然。
昔から日本は犯罪の罪が軽いと言われているのはわかりきったことで、
もっとガンガン捕まえてほしいものです。

免罪事件で慎重になるのはわかるが、
ちゃんと特定できる証拠を作る技術が必要ですね。

あと、整形って保険を適応されないから
身分証明をしなくていいってのも問題が浮き彫りになりましたね。
犯罪者が捕まらなくする為に整形をするのは
普通に考えれそうなのに、その穴をそのままにしてたとわw
そりゃ何年も捕まらない犯罪者もいるわなw

Category: 政治・社会

Theme: 時事ニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks