Winny ウイルス 法律 裁判員

 【 2009.10.10(Sat) 】

Winnyの開発者が無罪になったらしい。
違法にいろんなファイルを交換できるとして、
著作権侵害で問われていたみたいだが、
有罪でいいのにって思いました。

著作権なんて言ったら、販売してるわけじゃないんだし、
他の、データを集計して割り出すソフトなど
開発できなくなるからどうでもええねん。

それよりWinnyの問題点は、
パソコンの使用者が知らないうちに感染していて、
外部からファイルを抜き取られる事。

知らないうちに感染していて情報を抜き取られるなんて
完全にウイルスとか、スパイウェアとして
認識されてもいいレベルで、
そんな、パソコンをしていて勝手に感染しているって
条件があるのに無罪にしたのはどうかと。

それが許されるなら、いろんなソフトが
他サイトを観覧する度に何かを読み込まれて
どんどんパソコンが重くなって、
パソコン内に情報なんか入れれなくなるわ。

ただでさえ、日本は通貨価値が高く、
通貨価値が低い国から狙われてるのに、
ウイルスなどに対する処罰が甘すぎて
対応もされていないからカモすぎです。
そこんところを考えて無罪にしたのかと。

こんな事、専門家じゃなくても、
パソコンをしている人ならわかるのに、
よくそれで問わなかったものだと。
法がないから処罰できないってのが
法治国家日本の最大の弱点。

法律にないことなら殺人も、
詐欺も、賄賂もなんでも許されるって意味です。
動画の良い例がこれ

警察なのに事情聴取ができなくてシドロモドロになっています。
こんな警察に何が守れるのかと。

法律なんて、犯罪ばっかしてる金持ちの政治家が
自分達の為に暇つぶし程度に作ってるもので、
時間と共にコロコロ変わるようなもん。

六法全書をあたかも宗教の聖書のように
いつまでも不動の全てが正しいものだと考える人が多すぎです。
人間の作るものなんだから、
どっかしら穴はあるし、捉えようによっては
犯罪者の味方にもなる。

だから、問題点があったら、法律法律なんて
言ってないで、罰するべきだと思う。
罰して問題となったら、そこで法律を変えればいいだけのこと。

罰せられた時はそんな法律はなかったと言いそうだが、
その事例があったから法律ができたとすれば、
その犯罪を罰したままでいいのではと思う。



ついでに書き忘れていた?裁判員制度について。
初回から体調不良で欠席する人がいましたが、
社会的立場を盾にするより、強制ってのは辞めるべきだと。
グロ耐性がない人や、犯罪に対して興味のない人もいるだろうし、
各個人の生活ってものもあるんだし、
やりたくない人はやらせない方向でいいかと。

献血や、犯罪の通報ではないが、
もっと道理的に出た方が人として
素晴らしいと認められるような仕組みでいいのではないかと。
例えば、裁判員になってちゃんと
まっとうしたら裁判員の資格何級みたいなのをもらえ、
何度も出る度に級が上がっていくとか。
それでわかるのが、それだけ道徳的に
ちゃんとした人間であると国が認める
ボーダーラインになれば、
就職などで活用できるのではないかと思います。

Category: 政治・社会

Theme: 社会ニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks