忙しい 入院 高齢者 自動車運転 危険

 【 2009.08.12(水) 】

ずっと忙しくてブログの更新できずにいました。

爺さんが肺炎で入院したんです。
5月から影は出てたらしいが、それから悪化して7月に緊急入院。
仕事では、職場の人の母親が亡くなって、
俺が代わりに出る事に。

仕事がある日は仕事後に体を洗ってから着替えて出かけないといけず、
面会時間がギリギリになるので、
ほとんど仕事のある日はいけませんでした。
別に住んでる父母・従兄弟に任せる感じで。

以前、タバコを吸っていたせいで肺を痛めていて、
肺を膨らませて治したことがあって、
肺の網目に穴がある場所があり、
それに片肺が肺炎になって収縮し、水も4分の1ぐらい溜まっていた。

肺の酸素を吸収する先端部も痛んでいて、
元々の酸素吸収力も低くなっていて、

2ヶ月かけて肺炎が進行し、高齢って事もあって、
呼吸ができなくなって死亡、もしくは入院中にエコノミークラス症候群で
固まった血液が脳や心臓に行って急死するかもしれない。

そして、退院しても、酸素ボンベを持ち歩くようになるとか、
入院期間中に足がなまって車椅子の生活になるとか言われました。

入院前は酸素吸収量70%ぐらいで、
入院して初めは最大の15入れても酸素の吸収量が90%までしかいかず、
口を覆うマスクをつけ、呼吸を助ける機械をつけて100%近くになるぐらいでした。

そんな状態で3~4日いたのかな?
その後、マスクを変えて風呂に入ったり、飯を食ったり、歩くリハビリしたり。
それで1週間ぐらいで退院したんだけど、

普通に歩けて普通に呼吸もしてます。
もちろん、激しい運動みたいなのはできないけど。

しかし、そんな状態で問題が。
退院して、高齢である状態で車の運転をしようとするんです。

田舎だから車がないと不便だし、タクシーは高いんだが、
死にそうな状態だったくせに、車の運転をして
事故なったり、体調が急変したり、
普通にダメだろって状態だと思うんだけど、
医者はそうゆう拘束力ないんですよね。

そこで思ったことが、そうとう病状が悪くないと、
今は入院させないので、症状が重かったようなら、
退院時に運転を一時停止にする処置を
取らせるぐらいは医師に持たせた方がいいと思います。

病状を見て、運転しても大丈夫そうになったら
教習所である程度の教習を受け、合格したら
また運転させるようにしてほしい。

家族からしたら、運転させて安全なのか安全じゃないのか
わからないんですよね。
病気が治ってても、運転が満足にできるのか謎ですし、
事故ったら本人だけじゃなくて、他人にも迷惑がかかる。

事故って自分だけ死ぬんならいいんです。
他人を殺してしまったり、民家に突っ込んでいったり、
追突したりするのが心配なんです。
車は走る凶器ですからね。



そして、前にニュースに特集されてて気になったニュースが、
1.jpg
上のように信号待ちしていた人に車が突っ込む報道。
信号待ちしている人って結構多くいるし、
カーブで追突して人の群れに突っ込んだり、
ハンドルをきれずに突っ込む危険性が高いと思うので、
横断歩道のサイドは、最低限ガードレールを設置してほしいと思いました。

Category: 政治・社会

Theme: 交通事故

Genre: 車・バイク

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks