鳩山 総務相 辞任 問題 中国

 【 2009.06.14(Sun) 】

鳩山総務相が西川社長続投をめぐり辞任しました。
鳩山総務相は好きでもなければ嫌いでもありませんが、
今回の辞任はどうかと感じました。

鳩山さんは問題になっても自重しない過激な人ですが、
問題にしたら、なんだかんだ言って
最善の道を選んでいたのではないかと思います。
問題発言は、国民に興味を示させる手段だったようにも。

鳩山さんは麻生さんからヒヤヒヤさせられる
問題児っぽい立ち居地な気がして、
辞めさせた方が安心するかもしれませんが、

TVに出ない、ポストについていないお気楽な政治家、
何をやっているのか不透明な政治家より
鳩山さんの方がよっぽどマシだと俺は思います。

そもそも、西川社長って、
いつポックリいくかもしれない年齢なのに、
なんでそんな年齢の人に頼っているのかと疑問でならない。
その部下は育てれない人なの?もしポックリいったらどうするの?
才能ある人かもしれないが、部下を育てれない
上司は上司として失格だと俺は思う。
そんな人こそ辞めさせて、新しい人を
つかせた方がいいと思います。

政治家もそうですが、高齢の人が、
地位や権力で居続け、自分さえ良ければいいと、
働かない人が多すぎると思います。

気付かない、気付いていてもやらない、
時効や年金問題、ネットの法、環境問題、
雇用、企業支援、生活支援など、
日本を良くしたいと思うなら、まず今までいた
幹部を入れ替え、時代に合わせた方が良いかと。

それと、鳩山さんしかりだが、
日本は問題についてマイナスの考えを持ちすぎだと思います。
人と意見の対立をする事は自分を嫌い、否定する人。
違います。
違う物の見方ができるとヒントをくれる友人です。
逆に、気をつかって言うべき事を言わない友人は
偽りの友人だと最近思います。

そして、社会問題になった食品偽装や、耐震強度など、
問題を隠してなんとか上手くやるやり方は
後で大きな問題を引き起こす原因をなるので、
問題があった場合は早期に公表し、対処するのが
適切だと思います。

現在、中国の共産党もそういった隠ぺい体質で問題になっていて、
先日、天安門事件から20年が経過した事を
日本の番組が中国のTVで放送されたところ、
画面が黒くなったとニュースでやっていて、
天安門事件で中国は民主主義の機会を逃したとも言っていました。

隠ぺいをする事で、誰が得をするのか?
中国の人?政治家?
そんな隠ぺい体質が、人口と国土を持っているのに
世界的に発展しない原因の一因であると思います。

反論は力で抑えつけ、都合の悪いことは隠す。
そんな信用できない政治はダメだと思います。
政治がダメって事は、国民もそれだけ
影響を受けていると思います。

北朝鮮や、イラクなどの独裁体勢を持つ政治下にある
国の国民は、それが当たり前だと思い込んでしまう、
反論があると弾圧を受ける。

日本も民主と自民で大連立を組む話がでましたが、
政治は1つの党が何%以上の議席を占めてはいけないと
規制をかけていいぐらい必要なことだとも思いつつ、

問題の必要性と、話さないと良い答えはでないって事で、
仲良く対立して欲しいと思います。


それにしても、ネタがないから粗探しをして、
辞めろ辞めろと言うマスゴミに対し、
べらんめ口調の麻生さんがガクブルして
何も喋らなくなってて期待はずれですね。

人に言われて、後ろめたくなるような
自信のない事をやってるのかと。

人が苦しんでいる時代に、何をモジモジしてんだと
ジレったくなります。
何か言われてもちゃんと反論できる仕事をしろと。
何か言われたら、満足いかせるように改善しろと。

今の時代、鳩山さんみたいに自重したら負けだと
ガンガン攻める人の方がいい気がします。
もちろん、無駄に敵を作らないよう、
うまく立ち回ってほしいですが。

Category: 政治・社会

Theme: 政治・経済・社会問題なんでも

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks