2009.05.21(Thu):政治・社会
新型インフルエンザが日本でも流行してますが、
予想以上にマスクや、うがい薬、消毒液が品薄になっているようです。

以前、このブログで、
受け入れ出来ない病院が多く、
今回のような人が沢山入院するような災害が発生したらどうするんだと
書いた事がありましたが、実際に起きました。

今回のインフルエンザは、従来のインフルエンザと対処法が
同じのようだから最初に発症した生徒などは退院できたのだと思いますが、
神戸は病院のベッド数に対し、
患者が増えすぎたせいで、途中から自宅療養に切り替わりました。
自宅療養って事は、自宅に帰る最中や、
自宅にいる家族に感染が広がるって意味があり、
もし、今回以上の強い病気だったらどうするんだと感じてなりません。

先進国の医療技術が発展している国、日本ですらこの状況だと、
他の国で新型ウイルスや、細菌兵器が広まったら2000年を越えた
現代社会でも、多くの人が医療体制の不足で
死ぬ事があるのではないかと思います。

それから、飲食店も経営が酷くなるだろうけど、
ニュースで寿司屋の店長がマスクをして来てくれれば
店内は安全なんでと言っていたが、
正直、マスクをしたまま寿司は食べれず、
店内でインフルエンザの人が咳き込みながら寿司を食べていたら、
店内の全員が感染すると思ったので、
利益の為に、不用意な発言はするべきではないと感じたし、
店に客が来ないなら、インフルエンザが流行している間だけでも、
宅配中心とかにしてはどうかと思いました。

それにしても、医療の受け入れ状態や、不景気、少子化、雇用問題など、
いろいろと問題が次々増えてくるのに、
辞めない辞めないと言っていた麻生さんよりも早く小沢さんが辞め、
代わりに鳩山さんが代表になったが、
正直、片方は普段からテレビにも出ないのに、こうゆう時だけ名乗りを上げ、
片方は小沢さんで足場を固める為と言っても、結局は小沢軍団の二番手。
両方共、代表に向いているかと言ったら疑問がありました。

そして、決断ってアニメでもあったように、

今の政治は、不景気や生活保障などの敵が攻めてきていて、
味方(国民)が年間3万人規模で殺されている状況で、
上官同士が味方同士で銃を撃ち合い、
潰しあっているようにしか感じなくなってきた。

けん制程度に敵に弾を撃っているようだが、敵は大群できている。
一時的に今をしのげても、次々に問題は起きます。
堀を作るなり、塀を建てるなりして抜本的な改革が必要な
次期にあると思いますが、改革とカリスマ性が乏しい
今の政治家には無理だと思います。
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/600-0d13aec6
 ←内容を管理者だけに閲覧させる