ビリー 兄貴 来日 言論の自由 麻生 年次改革要望書

 【 2009.02.05(Thu) 】


ワンホビ9 ニコニコ生放送で生中継!!ビリーヘリントンも出演!

朝まで生ワンホビテレビ5


よくうごく、歪みねえ。figmaビリー・ヘリントン




上にするとエンピツの先が危険。
下にするとエンピツの先が丸くなってしまいます。
あなたはどっち派?



郵政民営化見直しを言い出した麻生総理
郵政民営化に賛成ではなかったと麻生総理が発言したことで、
ニュースで問題となっています。

しかし、俺はそれほど問題でもないかと。
それより、問題発言と騒いでる人が問題です。

見直しが必要だと思ったら見直すべきであるし、
何より、総理大臣も横綱にも言論の自由はあるはずで、
TOPになったら言論の自由はなくなるってどうなん?
それこそ、官僚の書いた文章以外喋るなって事かと感じる。

郵政民営化の時、友達と俺は
賛成と反対で討論した事があった。

郵政民営化をすると、
田舎で家々が離れ、利益があがらない場所は
手紙がまとまるまで届けられないとか、
いろんな弊害がでると反対の友人。

俺はメールの時代だし、昔ほど郵政の重要性は高くなくなったから、
そろそろ国が管理する必要がないのではないかと賛成した。

友人と話合ったのは充実した話合いであったし、
総理大臣だから反対であると言ってはいけない事もない。

郵政以外になぜ民間の宅急便があるのか?
宅急便がコンビニで受け付けたりすると同様に、
郵便も同様にサービスを拡張すべきであったと思っている。

公務員だと(給料が保証されていると)、
利益追求を疎かにすると同様に、サービスも悪くなる。
それと同時に、上の意見に反論できない&
上からの意見は絶対だと部下が働かなくなる。動けなくなる。

そして、麻生総理は4社と言っていたが、
俺も3~4社が妥当だと思う。
理由は、1~2社だと向上心が疎かになる。
今のソフトバンク、ドコモ、エーユーのように三つ巴から、
現在の4分社化でもいいでしょう。
それ以上になると、運営がバラバラになりすぎて、
沖縄から北海道までの郵便の効率が悪くなりそう。

悪いニュースはインタビューをニュースに
都合のいい部分だけ取り上げ、
国民全員の意見であるかのように
番組を組み、洗脳させようとする。
まるで北朝鮮や、戦時中の日本の報道だと感じる。

朝青龍のガッツポーズもだが、
街頭での反対・賛成意見では半数以上の人が
ガッツポーズをしてもかまわないと思っていたように、
ニュース=犯罪者扱いとなるのはどうしたものか。

ニュースとして取り上げるものがないなら、
さほど問題でもない事をとりあげてもしかたないが、
全否定する報道はやめろと思います。

常識のない大人がとか、モンスターペアレントとか問題になっているが、
品格も、常識もない、程度の低いテレビを
見て育った国民なら仕方ないのかとも思うこの頃です。

ついでに、アメリカから日本に送られてくる
年次改革要望書について。

派遣労働の拡張を盛り込んだ内容が
これに含まれていた事でも有名になったが、
良い意見は書いてあるならYESでいいが、
悪い意見はNOならNOと言うべきだ。

アメリカが風邪をひけば、日本も風邪をひく。
日本が風邪をひけば、アメリカも風邪をひく。

日本に不利益な事はアメリカも不利益になる。
短期間にアメリカの利益になっても、
長い目で見たら、お互いの為にならない。

そして、派遣労働の拡張は、アメリカのように格差を生む。

終身雇用なら企業が社員を育てる努力をするだろうが、
今は人間が利益を生む為の使い捨ての道具になっていて、
最初から技術と能力がある人間を企業が必要としている。

特殊スキルのない人は派遣やフリーター、
ウダツの上がらない社員となり、貧困が貧困を生み、
貧困から抜けれなくなる。

日本の場合、チップとゆうものがなく、
汚職や賄賂と言われるので余計、
企業が利益を追求し、支払いを渋ったら社員は貧乏になる。

年次改革要望書は出してもいいから、
NOはNOと言い、左右にブレない意見を
言える日本である必要がある。

そして、アメリカからの教訓は、教育格差は経済格差になる。
貧困層に生まれても、障害なく勉強と職業につける社会が必要。

大企業への依存は危険。
大企業は中小企業のほど時代に追いつけなかったり、
新しい物を作ろうとしない。
大企業が倒産したら大量の社員は路頭に迷い、
中小企業が育ちやすければ、いろんなジャンルの
仕事が増えやすくなるし、雇用の受け皿大きくなる。

ただし、起業時しやすい=労働条件が悪質であったり、
犯罪を行う会社も増えるだろうから、
取締りを強化する必要性も出てきます。


スーパーカブの動画。
本田宗一郎がまだ生きていたらエコカーを先々に開発を進させ、
原油高等でも不景気でも、
新車を買った方がガソリン代が浮く、車検が簡単で安くすみ、
何よりも、環境に優しい車を作っていたのではないかと思っている。

Category: 政治・社会

Theme: 政治・経済・時事問題

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks