ゆっクリスマス 川田亜子 学校携帯禁止 原子力

 【 2008.12.18(Thu) 】

コメント投稿ボタンがIEだと表示がでかく表示されて、
入力箇所も中央になってました。
そのうち修正します。

曲自体はけっしてオススメするほど良くないですが、
ゆっクリスマスって名前は良いなと思います。


以前のネットイジメ 荒らしの微妙に続き。
学校に携帯電話所持規制がかかるみたい。
ニュースでやってました。
こんな問題になるんだから、子供の携帯電話の使用マナーのなさが
問題になっているのではないかと思います。

授業中に携帯をイジったらそりゃいかん。
携帯見たら何でも検索したりできちゃうからね。

とりあえず、俺の意見としては、
こんだけ犯罪が騒がれてる社会で、
学校へ携帯電話を持って行けないとなると、
GPSで子供の居場所もわからなくなるし、
連絡も取れなくなる。
いいのかい?って思う。

それと、ネット犯罪に巻き込まれるとか、
裏サイトでイジメに会うとか、
それは学校の教育がなってないからだよね。

学校に携帯電話を持っていかなくても、
ネットでイジメは受けるだろうし、
ネット犯罪に巻き込まれるのは、
ネットを知らないから。
ネットから逃げてたら、遅かれ早かれ同じ方法でひっかかる。

それが学校にいるうちならいいさ。
先生に相談したり、親とか、そうゆう担当の人がいたら相談できるもの。
社会に出たら誰に相談するん?
社会に出たら、会社の人意外と交流が減るから
仕事する仲間か、友達は家庭や仕事があるからめったに遊べなくなって
一人になる時間が増える→ネットする→犯罪に会う可能性が増える。

小さいうちにネットやコンピューターに慣れさせておかないと、
これからの社会はやっていけないと思う。

どちらかと言うと、禁止するのではなく、
逆にネットや携帯・パソコンの授業を取り入れるべきだと俺は思っている。

パソコンで織田信長について調べ、
織田信長についての記事が書かれた最低3サイトをプリントして、
その感想をワードかエクセルで提出しなさいとか、

携帯電話でこの学校の裏サイトを調べなさいとか。
(その裏サイトを見て、こうゆう事を書いたら
 自分はどう思うかとか、通報されたら警察に捕まるとか。)
 
わからない箇所があったら先生にメールをやれば
これをこうしてって説明を返してくれるとか、

隠さず、規制せず、子供には危険に遭わない予防策や、
その対処法を教えるべきだと思う。

今回の学校の規制は、
これからますます加速するネット社会になるとゆうのに、
時代に逆行した行為だと俺は感じる。

それと、携帯依存。これも問題ですよね。
しかし、これは大人も同じ。
子供子供言うけど、実際問題、かく言う大人はどうなのかと。

携帯なくても仕事はできますよね?
パソコン使わなくても仕事できますよね?

はい。と言えない人は沢山いると思う。
それだけ現代社会はコンピューターとネットに依存している。

子供はって言う前に、現状で、これからもっと
コンピューターの重要性が高くなると感じるなら、
子供に限度を守らせ、他は自由にやらせておくべきだと思う。

とりあえず、子供は外で遊ぶのが~とか、
健康の事を考えればわかるが、
そこは子供の向き不向きや、何が好きかによると思う。
若いスポーツ選手がテレビで騒がれてるのを見れば、
スポーツも悪くないと思うはず。

問題は、パソコンが出来ないって事。
多少なりともわかっていたり、
わかっているけど、ただやらないだけなら良いが、
教えないのはいけない。

国語、数学、歴史、科学、英語、音楽、芸術、体育といったように、
授業で教わる事だけが勉強じゃない。
人生で使う知識が全て勉強であり、それを教えるのが教育かと。

将来、使う可能性が高い知識と、
犯罪に巻き込まれたり、犯罪になる可能性があることを
教えない教育って、教育と言えるのか疑問になる。

原子力発電所。
地震の震源地の上に発電所があったり、
火災が発生したり、微量の?放射能漏れなど、
いつ原発事故が起きてもおかしくないんじゃないかと思うこの頃。

チェルノブイリが爆発した教訓があるが、
もしチェルノブイリが爆発してなかったら、
絶対、他の国で原発事故が発生していたと思う。

次は日本か北朝鮮か。はたまた。

ニコニコ動画。
よく混雑中とか、障害とかで
正常に再生や検索ができない時がありますよね?
思う事は、やっぱgoogleだけあってyou tubeはすげえなと。

昨日、川田亜子さんが自殺してたのを知ってビックリしました。
20080526_20081218190320.jpg
川田亜子 wikipedia
2008年5月26日に自動車内で練炭自殺してたらしいです。
けっこう好きだったのに残念です。

この広告はウケた。
WS000003.jpg

Category: 政治・社会

Theme: ブログ

Genre: ブログ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks