犯罪について

 【 2007.08.25(土) 】

朝のニュースでアルカイダが、
アメリカに協力するようになった村を襲撃し、
幹部などを殺害し、
行方不明者もでたとあったのを見てマビで話した内容を書きます。

まず、思ったのが中南米の宗教は武力での対立があまりにも多く、
信長が寺を襲った気持ちがわかるとゆう事。

武力で解決しようとする時点で思想よりも肉体的感情に流されてるわけだし、
武力で制しようとすれば
武力で破滅を迎えるとゆう基本的な事も教えない間違った宗教と証明するようなもので、

それがもし一部の強硬派だとしても、
宗教内で管理をしきれていないダメ宗教を証明する事になり、
宗教の内容がそれだけ曖昧で、真理から離れたものなら
なくなってしまった方がいいと思った。

それと、金がなくなったらホームレスになるのと、
刑務所に入るのどっちがいい?って問題です。

ホームレスになり、賞味期間の切れた食べ物を食べたり、
雨風や暑さや寒さ、蚊にさされたり、
人に迷惑をかけてないのに危険人物のような扱いをされ、
病気になっても病院にかかれないくらないなら、
刑務所で衣食住などを保証された方がいいのではないか?とゆう質問。

犯罪を犯して刑務所に入るなら、犯罪を犯さなくても刑務所に入れないの?
そんな疑問。

そんな話をしたあと、刑務所の番組をしていた。
出所しても万引きなどをし、また逆戻りする受刑者がいると。
理由は、出所しても金はないし、
仕事もなく、
空腹に絶えられなくなり、刑務所に戻ろうとするらしい。

刑務所は罪を償う場所であり、
同時に更正させる場所でなくてはならないのに、更正(社会に適応)させる事をおこたり、
監禁して働かせてるだけだから社会に戻っても適応できずに戻ってくる。
それと、容れるだけいれて、出す時は生活保護施設や仕事を決めてから出所させているのだろうか?と疑問に思うと同時に、
マイケルムーア監督の新作、シッコだかシロッコだかみたいに何の罪も犯していない人を
金がないからと犯罪者以下の扱いをしてはならないと思う。

医療、
借金の取り立て、
食べ物に困ったり、
格差による教育の差と、それによる仕事の差。

しかしながら仕事もしてない奴に税金を食いつぶす権利はないと意見があると思うので補足。
現在の派遣会社などで仕事をしたりしている格差社会の申し子、
会社が社員の生活の保証と、未来の保証を放棄したような、頑張っても報われない人達の無気力感をどうにかしないといけないと思う。

そうゆう、資格をとる暇もなく、
ただ働いてるだけって状況にいる人は年をとったら仕事がなくなり、貯金もなくと言う状況になる。

で、借金をし、生活に困り、刑務所に入るか?となる。

そんな、罪を犯していない国民が刑務所にいるより苦しんで生きるようではいけないと思う。

国に金がないからと言うなら、
なぜ犯罪を犯したら資産に見合った罰金をとったりせず、
死刑確定者を税金を使って生かしているのだろうか?
死刑を実行し、犯罪者の資産を税金に当てたりしないのか?

まず、贅沢品を買っている、金が有り余ってる奴に課税、
犯罪者に罰金。
それでも国益があがらないと言うなら税率を上げるなどすればいいと思う

Category: 政治・社会

Theme: 貧困問題

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks