選挙 ネット 投票

 【 2008.11.08(Sat) 】

昨日の太田総理で
投票はコンビニかネットで行うってのがあったが、
うちもだいぶ前からそれは考えていて、
システムエンジニアの学校に通ったり、教わったりできてたら作っていたものです。

現実は金も時間もなくて勉強する暇がないからだけど、
内容としては
老人にもわかるように、デカ文字に設定できるのは当然で、
漢字がわからない人の為にもふりがな。
目が見えなくても投票ができるように、音声案内も必要。

そして、候補者は学歴や職歴を見れ、
マニフェストや、
動画による呼び掛けといったものを見れるようにし、
今のように、どんな人が、何をしようとしているかわからないけど投票する状態を防ぎます。

そして、セキリティーの問題は、
手入力だと忘れたり、
スパイウイルスによる情報漏れの怖れの率が高いので、
最低でも指紋認証システム。
パソコンのUSBに差し、指紋を認識させるものが500円ぐらいで作れそうなものだし、
各家庭に普及させてもいいはず。
両手のうちの4本ぐらいの指を先に登録しておき、
ログイン時にランダムで2本の指を認証。

それならパスワード入力より安全で確実かと。

他に、USBに携帯電話を差すだけで個人識別したり、
これは数年かかるかもしれないが、
顔認識や、目や、手の動脈をしらべたり、
10年単位などで認識方法を変えていけば、より安全に個人認証ができるかと思います。
もちろん、携帯から投票できてもいいかと。
ただし、パケット通信料がかかるし、
パソコンを持っていると携帯がいらなくなり、携帯がない人もいますので、

昨日あった意見として、
郵便局でも受け付けたらどうか?とあり、
だったら市役所や、銀行にもそういった(選挙以外でも使える)端末を置くなり、
ローソンのロッピーみたいなのを個人認証できるようにしたり、可能性はいくらでもあるかと。

それと、強迫などで票を入れさせられたりって心配があったが、
期限までに何度も変更できるようにすれば問題ないかと。
もちろん、脅迫や団体だからと迫られた票は、
締め切り~確定前なら取り消しか変更できてもいいのかと

Category: 政治・社会

Theme: これからの日本

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks