食品偽装

 【 2007.06.24(日) 】

ミートホープやら、
その他食肉店だけではなく、
食品会社全般で食料品の偽装やら記入漏れなどの問題がでるようになり、
以前あった中国の不衛生餃子など、
食品に対する安全意識が消費者の中で重視されだしているのだが、
ちょっと待てと。

なんでこんな物が溢れる時代に金を払ってまで危ない食べ物を食べさせられる心配をしないといけないのか?

そもそも販売する側が値段のサービス?(安くして、よく売れるように)だけを考えているから問題の元になるのであって、

もし、その賞味期限切れの食べ物を使用し、食べた人が食中毒になったら?

アメリカ産牛肉を国産と偽り、その肉がBSEの牛肉で、アメリカで問題になって、国産だと思っていた人が異常になり、実はアメリカ産牛肉だったと後で発覚したら?

牛肉使用とだけ記入してあったハンバーグを食べたら突然アレルギーがヒドくなり、豚アレルギーの人が突然死した?

医食同源とあるが、
食い合わせで病気になったり、悪化したりする可能性がある為、
食品も薬品同様に、偽装などに対する罰則を厳しいものにするべき。
食品偽装は殺人未遂の適応も視野に入れてほしいと思う

Category: 政治・社会

Theme: 食の安全

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks