政治について

 【 2007.06.24(Sun) 】

昨日、癌で喉を手術した為、
声が出せなくなった議員や、
耳や脳に障害がある議員の番組をしてました。

発表をする時はパソコンの音声ソフトを使用してとか、
規則だからなどと、発言する障害がでていた。

何の為の議員か?
国民、県民の為じゃないのか?

国民の為に発言するのに、
障害者は議員になれないのか?
そんな疑問ができた。
国民の為なのに議員に発言をさせないって事は、
国民の為に議員をやっていない事になるのでどうなのか?と。
言わせてもらえば、会社の役員とかが副業で議員をするのはどうなのか?
バイト感覚だったら、そもそも議員の必要はいらなく、
コンビニなどで頑張ってる人と比べ、給料が良すぎると思う。
議員制度どうなの?

それから政治家。
社会経験して、30ぐらいからプロとして政治家でいる人はいないのだろうか?
タレントやアイドル、芸人と、まったくの畑違いが国民の代表として法を、国作りを行って果たして良い国になるのだろうか?
日本の政治は名前の連呼ばっかの内容のない政治家。
未だにITを使わず、マニフェストなどの告知が少なすぎる政治家が果たして、本当に国民の代表と言えるだろうか?

親が離婚して、再婚、生まれた子供が無国籍とか、
年金問題も、
飲酒ひき逃げ問題も、
元はテレビで前々から取り上げられていたもので、
なぜ政治家はテレビで問題となった事をすぐに議題にして改善しないのか?
飲酒運転もたくさんの著名を集め、提出の後に
全員一致で可決成立って、
だったら著名を取る前に改善しろって話。
確かに忙しいのはわかるが、あれだけ人がいるんだから誰かしら法案改正を提出しないのかと。
太田総理の番組で強行採決をしたら国民投票で決めるってあったが、
両方の立場からの意見をテレビで言い合い、国民に意見を聞いてから投票を行えばよい。

いろんな疑問ばっかりでてくるのが法律を作る政治家って仕事。
とりあえず、年寄りが立場や金に絡むとロクなことがない

Category: 政治・社会

Theme: これでいいのか日本

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks