無駄

 【 2007.06.09(土) 】

献血行ってまいりました。<(_ _)>
はっきり行って
毎回、もっと限界までとって下さいと思ったりするんだけど、
人にあげる程、血が余っている、
肝臓や肺が余分にある、
足がなくても不便なだけで必要なわけではない、
目も一つあれば十分。

人間はこうやって余裕があるように作られているらしいが、
はたして100%の能力を使って活きているのだろうか?

そりゃ常に100%でいたら疲れるだろうが、
100%でいたらどれだけの事ができ、何時間ぐらいその状態でいれるのか?

気を抜いたらいつ死んでもおかしくない人生、
はたして貴方は何%の力で活きてますか?
それが貴方の限界ですか?
人生悔いなく活きるべし。
たまには全力で泣いて笑って活きてみたら何か良いことあるかもよ?

離れでも切っても切っても離れられない恋人はすでに会ってるかもよ?

人が求める夢ならポケットマネーは必要ないかもよ?

幸せは心にあるかもよ?

あるかもしれない、
ないかもよ?
ないなら作りゃいい、手に入れりゃいい。
明日死ぬかもしれないなら何でも出来る。

人が作ったものなら、人ができないはずがない。

覚えるのは大変でも、
覚えてしまえば、それが普通。

無理せず頑張るのだ!
そしてゆっくり休むのだ!

Category: 思想

Theme: モノの見方、考え方。

Genre: 心と身体

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks