2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

骨髄バンク

 【19//2008】

献血はたまに行ってます。(仕事がない時など)

ティッシュやジュースをもらったりするので、
タダで貰えると思うと得するように思うだろうが、
献血後に急な運動をしないなどあるように、
血が少なくなるから体力や免疫力も下がると思う。

健康的なリスクもあるわりに税金の免除や、
医療費の免除、
自動車のゴールドカードみたいな特定はない。

その延長で、骨髄バンクもあるのだが、
ドナー登録を呼びかけても、
誰に提供するかもわからず、誰に提供されたかもわからず、
金銭のやり取りも禁止されているので、
骨髄バンクなんかで仕事に支障が出たりしたら会社がクビになる可能性がある。

警察の事情聴取もだが、当たり前と思っているかもしれないが、
人によっては、そんな余計なことに時間を割いている余裕がない人もいるのだ。

だからドナー登録の完全義務化にするとか、
ドナー登録してないと自分が白血病などになった時に助けてもらえないとか、
ドナー手術をすると、それなりの利益がでるようにしないと
ただでさえ臓器移植ができずに見殺しにしている人がいる状況なんだから
裁判員制度なんて税金の無駄なんかするより、
国としてもっと国民の命の保障の為に助け合う制度を設けるべきと思う。

万能細胞の技術が進み、実用化が可能になるまで、
とりあえず骨髄バンクや献血のリスクに合ったリターンがあるべきだと考える。

Category: 政治・社会

Theme: 医療・病気・治療

Genre: 心と身体

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks